おやじ趣味ですがナニか? ~It is a hobby like old guy, but what?~

料理を通じて
日本の明るい未来と皆様の健康を願い
食育と地産地消に貢献します(大ウソです…)

二十三歳の息子へ…

2017年05月16日 22時59分01秒 | ■自作スイーツ 洋菓子


本日
ウチの長男が
23歳の誕生日を迎えた。

ヨソの子の成長は早く感じるというけど
ウチの子の成長も案外早かった。

ん?
ということはウチの子
本当は

ヨソの子なのか!?





早いもので
4年連続になる
この書き出し(20歳21歳22歳)。


息子が家を出るか
作ることを拒否されるまでは
毎年このパターンだと思うので
悪しからず ( ̄▽ ̄”)ゞ



さて
今年はなにを作ろうかと
家内に相談してみたら

久しぶりにあの
あまーいカップケーキが
食べたいわ


との希望が寄せられた。


ああ
やっぱりコイツはひとりっ子だから
どうしても自分中心に考えてしまうんだな
誰もおまえの希望なんて
訊いてないんだけど…



と思いながらも
それを強くいえなかったのは

自分がプー太郎だから

かもしれません(笑)←ヘラヘラするな!


ということで今年は

激甘カップケーキ

に決定です。



最初に
基本の生地を作る。


材料は…

薄力粉……250g
砂糖……200g
塩……小さじ1/3
重曹……小さじ3/4
卵……100g(Mサイズ2個)
牛乳……100ml
サラダ油……120ml
バニラエッセンス……数滴

※以上、底面3.7cm高さ3cmのカップ18個分(写真の分量は24個分)
※NHKグレーテルのかまど
のHP「ニューヨーカーのカップケーキ」参考



ふるっておいた薄力粉に
砂糖・塩・重曹を加えて
泡立て器で均一に混ぜる。



そこへ
溶いた卵…



牛乳…



サラダ油…



バニラエッセンスを加え
しっかりと混ぜる。


次に
その基本の生地を三等分に分けて
3種類の風味付け。



使う材料は…


【レモン風味】
基本の生地……250g
レモンの表皮(すりおろし)……1/2個分
レモン汁……大さじ2


【ベリー風味】
基本の生地……250g
イチゴジャム……大さじ2
ラズベリー……12粒


【コーヒー風味】
基本の生地……250g
インスタントコーヒー(同量の湯で溶く)……大さじ2



まずは
レモン風味の生地から。


基本の生地へ
レモン汁を加え…



レモンの表皮も入れる。


一応レモンは
国産の物を
使っています。



生地をムラなく混ぜたら
カップへ流し入れ
マフィン型にセット。


左にある大きめのカップは
ひとつが長男
もうひとつは家内用。

なにげに

母の日のプレゼントも
兼ねちゃうという


便乗的カップケーキだったりして ( ̄▽ ̄”)ゞ



180℃に予熱したオーブンで
25〜30分程度焼けば
できあがり。

若干
焼き色にバラつきがあるのは
ご愛嬌ってことで… (´・_・`)



次は
ベリー風味の生地。


ラズベリーに
イチゴジャムを
絡めておく。

ちなみにこのラズベリーは
富澤商店で買った
冷凍物です。



基本の生地を
カップへ流したら…



ジャムと絡めた
ラズベリーを落とし…



さらに
生地を流し入れ
型にセットしてオーブンへ…



同様に
180℃で25〜30分ほどで
焼き上がり。



最後は
コーヒー風味の生地。


お湯で溶かした
インスタントコーヒーを加えて
ゴムベラで混ぜる。


ちなみに私は
ネスカフェ派です。

ブレンディじゃなくて
ごめんなさい。
知世ちゃん
ごめんなさい。



カップに流して
マフィン型へ。


ここら辺になると
そこはかとない
疲労感が…。



焼き上がり。


気持ちが緩むと生地も緩むのか
見た目に難はありますが
ナンにも気にしません。



3種類の生地の完成。


やれやれ…



思わずため息をつく。

それと同時に
やりきった感が
全身を包み込む。


さあ
ここで缶ビールを開けて
ちょっと休憩タイム。

お菓子を食べたり
テレビを観たり
缶チューハイも開けたり。

そして
気付くと

寝落ちしていた (´・ω・`;)



眠い目をこすりながら
ふたたび台所へ。


休憩をしたら
ヤル気が見事に
三割減…。

自らを奮いたたせ
バタークリーム作りを始める。



室温に戻したバターを練って
砂糖を加えて
さらに混ぜる。


レシピでは“粉砂糖”となっていたが
食べたときのジャリジャリ感を出したくて
あえてグラニュー糖を使用した。



牛乳を少しずつ加えて混ぜたら
基本のバタークリームの完成。



そのバタークリームを
キッチリと
三等分にする。



【レモン風味のクリーム】

バタークリームに
レモンの表皮を加え…



黄色の食用色素を
少量ずつ入れて混ぜる。

本当はここで
レモン汁も入れるんだけど
すっかり忘れている…。



【ベリー風味のクリーム】

バタークリームに
ラズベリーピューレを加え…



赤の食用色素を
様子を見ながら少量ずつ入れて
混ぜ合わせる。



【コーヒー風味】

バタークリームに
お湯で溶いたインスタントコーヒーを加えて
混ぜる。



各風味の
バタークリームの完成。


レモンとベリーは
わざと毒々しい色にしてみた。

自然界には
絶対にない色合いが
ケミカルでアメリカン。



それを
カップケーキの表面に
たっぷりと塗る。

塗りすぎて
頭が重くなり
バランスが非常に悪い…。



さらに

レモン風味にはアラザンと砂糖菓子
コーヒー風味にはクルミとチョコスプレー
ベリー風味にはアラザンと乾燥フランボワーズ

をトッピングして
ようやく完成。



果たして
これを見て息子は
喜ぶのか。

きっと
苦笑いをしながらも
黙って食べるに違いない。

そういう
気遣いができる子供で
本当によかった。


そうでなきゃ

こんなカップケーキ
作らないってね ( ̄▽ ̄”)ゞ 


評価:★★★★☆
総評:バタークリームが目論見どおりに激甘でジョリジョリしている。
甘い物が苦手な人だと頭が痛くなるレベルかも。
でも、慣れてくると意外と平気になってくる。

レモンは爽やかで
ベリーは甘酸っぱく
コーヒーはほろ苦い。

年に一度くらいしか作らないんだからみんな我慢して食べようぜ (・∀・)/ 

『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーガニック成分無調整豆乳... | トップ | オーガニック成分無調整豆乳... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アメリカ人好み (ケーブ)
2017-05-17 17:22:43
このデーハーな色は

アメリカン

たぶん(*^-^*)

ヤミー!とか言うね
◇ケーブさん◇ (タカギー)
2017-05-17 17:32:57
ワオッ
ワタシノクニデモ コンナニ デーハーナ カップケーキハ
ウッテナイアルネー ←どこの国の人だよ!?
Unknown (yukkie)
2017-05-17 20:54:09
じょりじょりクリーム美味しそう!
我が家では時々食パンにマーガリン&グラニュ糖を
てんこ盛りにしてじょりじょりを楽しみます。

あ、次回はコーヒー味じゃなくてブルーベリー味にして
禍々しいまでの青色食紅で更に目をチカチカにしてください(笑)。
アメリカのお菓子って、何で青を使うかな?!って
いつも思います(笑)。
食欲・・・無くしません?(ならリクエストするな?w)
ステキです。 (あざらし)
2017-05-17 21:15:09
小学生女子の誕生会なんかで出したら皆わ~い!じゃないかしら。

ちなみにわたくしの父(故人)の味というとレモンパイです。メレンゲたっぷりとろ~り甘い・・・。自分で一回だけ作ったことがあります。

そうそうそう (麦)
2017-05-18 06:24:41
バタークリームってこうして見ると
バターなんですね。
ケーキ生地にバターは使わないんですね。
なんかもう、工程がホットケーキミックスみたいですよね。
重曹だけでケーキになるのなら
私の今までの、渾身の、美味しくなれ!と祈りながらの泡立ての苦労は何だったのか!
と言う気持ちがします。
バターを、パンにあんなに塗ることないと思うと
アルティメットなハイカロリーがオシャレに摂れちゃう感じは
とってもアメリカン
日本が負けるわけですよね
あの戦争は、
やる前から勝敗は決まってました
勇敢なる英霊に感謝と哀悼の気持ちを禁じ得ないのは
子供が徴兵されてもおかしくない年になってから強くなってきました。

タカギーさんちのご兄弟とうちの子供ら同い年なので
この記事で
あ、息子は今年23になるんだなー
と確認するのが恒例になりました
秋までに忘れちゃうのですけども

初回が20歳でした
月日の経つのは早いものですね
精悍なる若人に幸多かれ〜
おめでとうございます( ̄ー ̄)ノシ❤
おめでとうございます (hirorin)
2017-05-18 11:15:39
23歳になられるんですね。息子さん。
おめでとうございます。どうぞ良い一年を過ごされますように。

画面見て、思わず「うわあ~何これ?」って。
強烈なカラーですね。
アメリカっぽい。
すごいわあ~

今もあるかどうか分からないけど、グランスタ東京の五十嵐ひろみのカップケーキ専門店のは、やはり日本人好みか?淡い色合いでした。
やっぱり、あちらは強烈なカラーですよね。

LLビーンで、洋服の色選ぶ時も日本にはないカラーがありますもんね。

でも、バタークリームのジョリジョリ感は私大好きです。
◇ yukkieさん◇ (タカギー)
2017-05-19 07:47:35
マーガリン&グラニュー糖を盛った食パン、ボクがまだ20代後半の頃、それを現場で毎朝食べている人がいました。
よく勧められたのですが当時はまだ若く、浅はかだったためそのおいしさを知らず遠慮していました。
今にして思えば、マーガリンの風味とたっぷり振りかけたグラニュー糖のジョリジョリした食感を朝から楽しめるってなんと贅沢なことか。
その人もコーヒーを飲みながらおいしそうに食べていましたっけ。
ちなみに、家内は食パンの耳をバターで焼いて砂糖を振って食べるのが好きです

カップケーキのブルーベリー味、面白そうですねー(←決しておいしそうとはいわない)
やるなら中途半端な青ではなく、真っ青にしたいです。
そうそう以前、青いカレーライスが話題になったことがありましたっけ(http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51874861.html)。
見ただけで食欲を減退させるキラーブルー。
でも、カップケーキならちょっとはイケそうな気がします

アメリカ人の青好きは謎ですね、ボクが許せるのはせいぜいブルーハワイくらい。
と、ここまで書いていてフト思い出しました。
自分が過去にブルーベリー味のクッキーを焼いたことを。
それって青ではなくて薄い紫色でした(http://blog.goo.ne.jp/oyaji-syumi/e/23ce1130c6a1ca65fb1299cd1cc8d753)。
あれも相当にインパクトがありました…
◇あざらしさん◇ (タカギー)
2017-05-19 07:51:49
お褒め頂いて、ありがとうございます

確かに小学生の女子にはウケそうですね!
わが家は家内以外男なので(まあ、家内も男みたいなものですが←コラ!)、どうりで「わ〜い」とならなかったわけですね。
あざらしさんのコメントでようやく納得しました

お父さん、レモンパイを焼いてくれたのですか。
ハイカラで素敵なお父さんだったのですね。
私の亡くなった父なんて“ソース味のヘンな焼きめし”とか“得体のしれない具入りの真っ黒おでん”くらいなものです、作ってくれたの(どんな料理だよ…)。
子供心に「俺が作った方がうまいや…」と思っていました

さて数十年後、私が作ってきたスイーツや料理は、息子たちの心の中にどんな思い出を残すのか、非常に気になるところでございます
◇麦さん◇ (タカギー)
2017-05-19 07:56:46
バタークリームに占めるバター率はハンパないです(←当たり前ですが)
常軌を逸した大量のバターとテンコ盛りの砂糖、作った本人が一番そのヤバさを承知しております。
裏を知っちゃうと口にするのをためらいます。
ハーゲンダッツやクリスピークリームドーナッツも似たようなものかもしれません

ケーキ生地はおっしゃる通りホットケーキミックス的な手軽さでした。
ただし、レシピに従って作りましたが、食感はやや硬めでしたね。
バターを入れたり、泡だてたり等の手間をかけた方が断然おいしいと思います。
なんせこのカップケーキの主役は激甘のバタークリームなので

先の戦争に関しては、日本人がサツマイモや干し柿あたりで甘味を得ていたのに対し、米国人はやれドーナッツだ、アップルパイだ、パンケーキだ、ジェリービーンズだ、バームクーヘンだ、ベルギーワッフルだ、月餅だ、鳩サブレだと日常的に食べているのですもの、かなうはずはありません。
私の父がよく言ってました「肉ばっかり食っているアメリカ人に日本人が勝てるわけない!」と。
あと「アメリカ人がみんなあんなにデカイのはコーラーを飲んでいるからだ!」とも。
どおりで数枚しかない父とのツーショット写真には、常にコカコーラの瓶を持っている私の姿が写っているわけです

息子へのお言葉、ありがとうございます。
長男が20歳になったとき、なんとも感慨深いものがありました。
2歳くらいの時に近所の公園に遊びに行って、芝生の上でヨチヨチ歩きながら一生懸命に私の元に来る健気なシーンがいつも頭をよぎります。
あんな幼かった息子がとうとう成人になり、就職して家にお金を入れるまでになったのかと思うとうれしい反面、なんとなく切ないものを感じました。
そんないろいろな思いを伝えたくて、不慣れながらも作ったのが「バナナチョコチーズタルト」でした。
今、改めて記事を読むと一生懸命さは伝わりますがかなりドタバタしてますね(←今もだろう!)
◇hirorinさん◇ (タカギー)
2017-05-19 08:03:41
お祝いの言葉、ありがとうございます

息子は23歳になりましたが、33歳になっても家にいたらイヤだなと、フト思ったりします。
早く素敵な相手を見つけて独立して欲しいのですが、どうなることやら

五十嵐ひろみさんを知らなかったので、グーグルで「五十嵐ひろみ カップケーキ」で画像検索をしてみたら、おいしそうな画像を見つけ、クリックしたら自分が作ったカップケーキの写真でした(←アホ)。
個人的にカップケーキだけは派手でカラフルでポップな方がいいかなと思っています。
それにほら、「インスタ映え」もするし(←やってるのか、インスタ!?)

LLビーン、素敵ですよね。
ボクも以前はカタログを取り寄せよく眺めていました。
シンプルなデザインで機能的だけどオシャレっぽくて大好きです。
まあ、ボクが持っているのはトートバッグくらいですけど

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL