週末は何をしようかな?

海遊び山遊びなどなど雑記帳

ヨット整備

2016年10月11日 | 海遊び

いろいろやってもなかなか整備が終わらない

しかしやらない事にはいつまでたっても終わらないので船橋へ

搭載されているエンジンは定番の1GM10、購入したときエンジン問題

無いとの事だったが実際エンジンかからずシリンダーヘッドASY交換

にて息を吹き返したが水温アラームが頻繁に鳴り響きどうらや冷却系統

に塩が詰まり冷却水(海水)が十分に循環できていないみたいだ

ネットで調べたらヤンマー純正のスケール除去剤なる物が有ったので早速

試してみた




本液は強酸性の液体で循環路内の塩の塊や貝類を強力に除去できらしい

本液体をポリタンクに入れ水で3倍ほどに希釈してエンジン内を循環させる

給水管と排水管を液を入れたポリタンに入れて数時間エンジンを回す

ミキシングエルボにつながっているホースは排気を船外に出す煙突がわり





しかし冷却で熱くなった液体をまた冷却に使うので頻繁に水温アラームがなり

都度エンジンを止めて液体が少し冷えるのを待ちまたエンジン始動の繰り返し



コクピットでは宴会が開始されている




本日もう一つの整備、グランドパッキンの全部交換

上架されているときに3本新しいものに交換したのだけど一番奥のパッキン

は残しておいた、それが間違いで本来多少の水が入って潤滑しなくては

ならいないが全く水が入らない!スタンチューブが熱を持ち熱くなってくる

海上でコレを全部交換するにはとても勇気がいるのだ




パッキンを全部抜いた時点で海水の流入を止める物が無くなるので水が一気に

船内へと入ってくる。しかし諸先輩から「全然大丈夫だよ!溢れてきたらビルジポンプ

で排水してやるからさ」のお言葉で実行に移す事にした

ドキドキしながら最後のパッキンを外したら水がゴボゴボの音と共に流れ入ってきた

といっても想像していたより遥かに少ない量で、たとえれば家庭の水道の蛇口は半分ほど

開けた水の量位なものだ、この量なら全然あせらず作業が出来る、なんでもやってみるもんだな



グランドパッキン交換後のスタンチューブ




シャフトから数十秒に1滴ほど落ちる!これなら大丈夫。

よかったよかった


エンジンの塩抜きもうまくいったようで冷却系を元に戻して一時間ほど

エンジンをかけていたけど一度もアラーム鳴らないので成功したみたい




コクピット上では宴会が盛り上がっていた




皆さんいろいろなアドバイスありがとう!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラブレース | トップ | 力作 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。