チョ~頑固オヤヂの館

どんな駄作であろうとも、「ガンダム」を冠している以上は見るしかないじゃないか!・゜・(ノД`)・゜・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【ガンダム種運命#45 その1 】

2005年08月27日 22時59分29秒 | ガンダム

今回も4部構成となっております。

【OP前】

プラントの市民が慌てております
まさに芋の子を洗うが如し

ず「分かっている、だがそれを収めるのが仕事だろう、泣き言を言うな」

地球連合軍 ダイダロス基地 司令部
レクイエムの再チャージを急いでおります

ジブリール「守りきれよ、今度こそはアプリリウスを葬るんだからな!」
イライラしております

再びメサイア

ず「それも分かっているが、そうしている間に二射目を撃たれたらどうする?」
通話相手「何か和解に、停戦の手段などは・・・」
ず「停戦!?相手は国家ではないんだぞ、テロリストとどんな交渉が出来るというんだね、
  力に屈服しろというのか」

月の地球軍アルザッヘル基地第八艦隊、ダイダロス基地の第三艦隊発進、結構な数です

イザーク「ゴンドアナと合流する、急げ!」

ゴンドアナって確かあのでかい空母ですね

部下「はっ!」
い「もう絶対にプラントは撃たせん!」

今日も元気に吼えるイザーク、一緒に写るディアッカの台詞はなし

【OP】

ああっと、カガリたん暁を降ろされるようです。
乗り代わりです、鞍上フラガマン!

(CM)

スパロボ・・・45話まで進んだのはいいですが、各番組のラスボス戦が多くなると進行がゆるゆると。。。
ディアッカ@バスターは我慢しながら使うことを覚悟していたのですが、これが結構強かったりします。
本編ではキラやアスランとの実力差は天地ほどはあろうかという感じでしたが、下手すると両名より
使えるかも。。。

【前半】

夜のAAドック
暁収容作業をしているようです
アスランとメイリンたんが端末に向かって作業をしております

キラ「アスラン、手伝うよ。こっち終わったから」
アスラン「いや」
き「また無理すると疲れるよ」
といいつつキラに端末交代
あ「すまない」

アスランお座り

き「どこから?電波しんけいさんの設定は?」
あ「プロシジャー2が進行中だ」

ようわかりましぇんが、なにげにキラのタイピングを覗き込むメイリンたんが感心しております

あ「どうなってるんだろうな、プラントのほうは」
き「うん、ザフトだってもう絶対、これ以上のプラントへの攻撃は防ぐと思うけど」
あ「ああ」
き「もどかしいね、今は何もできないって分かっててもさ」

宇宙のミネルバブリッジ
アーサー「司令部の連絡、まだか!」
アーサー、珍しくイラついております
アビー「待ってください、今・・・入りました。でも、これは・・・特命コードです」
タリア「え?」

なにげに宇宙要塞メサイアには広くて天井の高い議長室なる部屋があるようです。
くつろぐズランダル。チェス一式もセットされてあります

アーサー「既にゴンドワナを中心とする月軌道艦隊は、砲の第一中継点にて交戦中。
  ミネルバは合流予定を変更し、直ちに敵砲本体に向かわれたし・・・って、エー!」

おおっと、アーサーエー

ブリッジにパイロット共を呼び出して作戦説明がなされております

シン「砲の本体を、俺たちだけでですか!?」
タリア「だけかどうかは分からないけど・・・ともかく、それが本艦への命令よ」

だけ なんですねぇこれが。ホワイトベースに始まる主人公艦の宿命です。毎度毎度ご愁傷様。

ゲイ「確かにここからでは、ダイダロス基地の方が近い、そういう判断でしょう」
た「ええ、あれのパワーチャージサイクルが分からない以上、
  問題は時間ということになるわ。駆けつけたところで間に合わなければ何の意味もないものね」
げ「敵が月艦隊に意識を向けているのなら、うまくいけば陽動と奇襲になるということですね」
た「そういうことよ」
し「奇襲・・・」
た「厳しい作戦になることは確かよ。でも、やらなければならないわ」

おおっと、ここでタリアさんと子供が写っているカットが!
過去に何があったのか!?誰か説明plz

た「・・・いい?」
げ「はい、分かりました」
し「あ・・・あはい、俺も」
げ「またあれを撃たれるなど、もう絶対あってはならないことですから」
た「たのむわね」
三名「は!」

月面都市コペルニクスなる箇所にて監視つきのミーアたん、水着姿でプールサイド。

宇宙ではビシビシと両軍が戦っております。
防御フィールドを展開してワッカを守る地球軍と破壊を試みるザフト軍。

戦域に突入するナスカ級数隻。確かジュール隊のヘルダーリンとホイジンガーでしたか

イザーク「ええい、まだ取り付けないのか。いくぞ!」
ディアッカ「ああ!」

金銀発進

その2へ続く↓

http://blog.goo.ne.jp/oyadi-88/e/966fe610d84d175b04b1667234189c85

コメント (1)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガンダム種運命#44 その4 | トップ | 【ガンダム種運命#45 そ... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ガンダムトラックバックセンター)
2005-09-01 00:06:28
この度【ガンダムトラックバックセンター】というトラックバックセンターを開設いたしました。

新しい記事を更新されましたら該当カテゴリにトラックバックすることで、より多くの人に見てもらうチャンスが広がり、アクセスアップにつながると思います。

また当センターにリンクを張っていただきますと逆アクセスランキングにも参加できます。

運営を始めたばかりですがどうそよろしくお願いします。

http://gundamblog.blog21.fc2.com

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ガンダムSEEDDESTINY45話「変革の序曲」 (しょうもな~い日記w)
レクイエムの攻撃で、プラントはパニックに陥っていた。第2射が発射される前になんとしてもレクイエムを潰せと言うデュランダル。そして、レクイエムの第一中継地点フォーレに向かった月艦隊にたいし、ミネルバにはレクイエム本体に向かえと命令が下る。ミネルバがとったのは
8/27の種デス 第45話「変革の序曲」 (楽しい楽しいブログ)
アークエンジェルのやつら相変わらず「もどかしいね」とか言いつつ他人事だし。イザークとディアッカコンビネーションよすぎで強すぎ。シンとルナ!抱き合ってる暇があったらさっさと行けー!時間との闘いじゃなかったか?そんなこんなで前半終了。デストロイまだ量産してた
「変革の序曲」45話ガンダムシードデスティニー (ガンダムSEEDディスティニー~初代を語る)
最初に今話の一言感想を。 予想以上に対ロゴス戦短かったですね・・・ シンが「守る」なんて言うから ルナマリアがレクイエムに巻き込まれて逝くのかと 心配しながら見てました(;;; では、話の順番に感想を。 まず、オープニング映像でアカツキとともに 出てくるキャ.
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第45話 「変革の序曲」 (吠刀光 【遊撃】)
 最近は議長の提唱するデスティニープラン の世界も悪くないかも・・・と密かに思ってます。  だって現実は厳しくて辛いことばかりなんですもの。  続き→
アーサー伝説 45 (650の無味乾燥)
アーサー伝説45. 重大局面でもアーサーはアーサー.
PHASE45 変革の序曲 (南の島からガンダムを作れ!)
ハイサイ!(^_^)/さて、今日も感想なんかをドンドン書いていきましょう~・OPアカツキの画面がネオ(ムゥ)に変更されてる!・前フリプラントの避難からスタート~みんな焦ってますな~そりゃそうか(^^;)議長がちょっと切れてますね(演技でしょうが)~あとの対応
ガンダムSEED DESTINY 第45話「変革の序曲」 (けいとこの腹黒日記)
種運命 ガンダムSEED DESTINY  第45話「変革の序曲」 ■前説 混乱のプラント 機動要塞メサイヤのシャア、もといデュランダル議長 『泣き言をいうな!テロリストとどんな交渉ができるというんだね?力に屈伏するというのか』 あくまで徹底交戦 ダイダロスではレクイエ
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-45 「変革の序曲」 (現代人は俺を●●●と呼んでいる)
今回の話はルナマリアが中心の話だったと思います。内容は、月の本部をたたくためにミネルバが行って、ルナマリアがレクイエムを破壊する作戦でした。アークエンジェルは、オーブでマターリしていました。 今回は、戦闘があったけど、覚醒は見ることができませんでした。 .
GUNDAM SEED DESTINY PHASE-45(1) (kasumidokiの日記)
GUNDAM SEED DESTINY PHASE-45(1) ミネルバも宇宙へ到着。 メサイアにて状況を見守るデュランダルの目論見を実現せんがため、レイはルナマリアに作戦を授ける。 着々とレク
ガンダムSEED DESTINY 第45話 「変革の序曲」 (ガンダムSEED DESTINY 覚書)
 プラントのコロニーでは市民がレクイエムの第二射を恐れて避難。かなりの混乱に。  宇宙に上がる準備をしつつ、何も出来ないのがもどかしい、などとキラがアスランと話しているのを見て、メイリンが何故かデュランダル議長を思い出す。またまた波紋を呼びそうな演出で
ガンダムSEED DESTINY PHASE-45「変革の序曲」の感想(その1) (ガンダムSEED DESTINYとテクニカルサポート奮闘記)
本日の種死を見て一言(ぇ メイリンたんの出番少ないぞ(ゴラァ(笑。 さて、思いの丈をぶちまけた所で今週の感想に入っていきたいと思います(ニヤ。 例によって以下はネタバレですのでご注意願います。 今週も内容盛り沢山でどれから語っていいかわからないくらいで
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』 #45 (【T】 Tsukasa♪\'s Blog!)
前回、本物のラクス・クラインが“アイドル復帰宣言”をしたコトで 本人に無断でパクっていたコトが全世界に知れ渡り窮地に陥った、 “崖っぷちモノマネ巨乳アイドル”こと ミーア・キャンベルと プロデューサー兼事務所社長兼最高評議会議長のギル♂氏。 二人の今後の言