関西クラッシク音楽散歩

クラッシク音楽の日記

大阪フィルハーモニー交響楽団、510回定期演奏会、           フェスティバルホール

2017-07-29 17:25:27 | 日記

7/28 大阪フィルハーモニー交響楽団、第510回定期演奏会、指揮:エリアフ・インバル、マーラー:交響曲第6番「悲劇的」。 本日演奏の第6番は、大フィル定期’14年9月、大植英次(フェスティバルホール)でも演奏していますが、インバルはマーラーのスペシャリストで、大フィルと初顔合わせした’16年9月には、交響曲第5番(フェスティバルホール)で大フィルの実力を示して呉れたので期待しました。 大フィルは、インバルの指揮に応え、また指揮者得意の「インバリッシモ」も数多くあり、大満足でした。やはりインバルのマーラーは素晴らしいです。 この曲の第4楽章で、巨大なハンマーを打ち下ろす場面があり、’91年2月、ガリー・ベルティーニ指揮:ケルン放送交響楽団(フェスティバルホール)では1回目の打ち下ろしでハンマーの柄が折れ2回目の打ち下ろしでは、ハンマーの根元を持って打ち付けていたので、ハンマーを見るたびに気になりますが、本日はハンマーを打ち下ろす演奏者が珍しく女性でガンバッテいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌劇「フィガロの結婚」  ... | トップ | オペラ「ミカド」     ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。