フクロウのメモ帳

夜中に起きだしては「ホゥ、ホ〜ゥ」と感心しきりに大衆音楽を拝聴したり、ネットからネタを仕入れる中年フクロウの備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

腕時計第51号 OBRIS MORGAN

2009年11月07日 19時34分02秒 | 腕時計
データ
 出身国  : ドイツ(談)
 メーカー  : OBRIS MORGAN TIMEPIECES
 名前など : BRIGITTA
 製造時期 : 200X年
 駆動方式 : 機械式自動巻き
 サイズ   : ケース幅42mm、厚さ17.5mm
 装着日  : 2009年10月19日



 48〜49号と、たて続けにオリスのポインターデイトを求め、見事スッカラカンに逆もどりだ。
 こうなると、頭の中に細々と備蓄してきた理性のほうもスッカラカンになる。(そもそも理性なんてあったのかな?)

 ゴヤの絵画ではないが、まさに「理性が眠ればデーモンが目ざめる」といった状態になるのだ。
 取り残されたのは欲望だけ。これが身体を夜泣きさせる。

 こんな状況に至ると、ネットの世界にしか存在しないと思われるあやしいブランドの時計が、にわかに素敵に見え始める。
 俗に「eBay-Brand」と呼ばれている一派や、それに類似したブランドだ。(eBayとは、世界最大規模のネットオークションである)
 時計のデザインやスタイルには、ある種そそるモノがあるのだが、機能のみならず、時計を工業製品と位置づけた場合のいわゆる加工精度にも問題が多いと聞く。

 今回、私が手に入れた「OBRIS MORGAN」はドイツのブランドだそうだ。そうすると、日本語の発音は「オブリス・モルガン」か?
 ネットを徘徊してみると、第二次大戦でドイツ空軍に採用された実績があるとのことだが、それと同時にとんでもない珍品をも目にした。
 なんと、文字盤上にしつらえられた「年」のカレンダーが2012年までしかないってヤツ。これはスゴイ!この年で世界が終わることを予言している。ちまたのうわさを製品化した超一流のジョークか?
 また、このブランドのホームページらしきものもあることはあるのだが、すべて英語だけの表記である。ウ〜ム、ゲルマン魂とは商魂なり?
 いずれにせよキケンな臭いがプンプンである。


 
 それでも、パッと見のデザインと価格の安さは今の私にとって、すべてに優先するのだ。
 なんてったって、パソコンのディスプレイの向こうでは、新品のゴッツい自動巻きが5千円そこそこでお待ちかねなんですもの。
 やっちまえ〜っ!て感じでクリック!!



 そして届きましたよ・・・なぜか、はるばる香港から。オレもずいぶん国際的な貧乏人になったものだ。

 ズシリと重いこのお品、一見クロノグラフ(乱暴に言うとストップウォッチ付きの時計)かと思わせるが、マルチカレンダータイプである。



 3ケある小窓のうち、左上が「曜日」、右上が「月」、下は24時間に置き換えた時間を教えてくれる。「日付」はポインターデイトと同じく、文字盤の外周に記された1〜31日までを、専用の針が指し示す。
 そして右上のオレンジのボタンは月の早送り、右下の黒いボタンは日付のそれだ。

 そこそこ正確に動いてくれるものだから、お里の怪しさも忘れて気に入っちゃうあたり、オレって弱いなあ。
 まあ、よくよく難を言えば、針の色が全部同色なために役割を区別しづらい点と、文字盤に記された文字が小さすぎて読み取りできないってことぐらいか?
 おっと!後者の難はオレの老眼スタートのせいでした、人のせいにしてゴメン。

 ちなみに取扱説明書は、ドイツ語、英語、日本語の表記でした。
 本国ドイツでは企画・デザインのみを行ない、どこぞの低コスト国で製造したのだと思われる。



(2010年1月19日 追記)
 本日、けんさんとおっしゃる方から貴重なコメントを頂戴いたしました。
 コメントにございますとおり、手にしたこのブランドの時計が不良品だったそうです。
 一方、私のこの投稿を読み返しますと「近寄らない前提でいた怪しいブランドの時計に、つい魔がさして購入したら、案外調子が良くて気に入った」との内容に読み取れます。
 つまり、この投稿にそそのかされて購入の意欲を持たれる方がいらっしゃるかも知れないということで、この点は改めるべきと考えました。
 本文中でもふれましたが、妙なカレンダーの品があったり、おそらくは、けんさんの時計のような粗悪品に出くわす確率も高いといえそうです。
 基本は、「手を出さない」でしょう。
 このことは、あらためて投稿記事にする所存です。

ジャンル:
コレクション
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 腕時計第50号 TISSOT | トップ | Karasuさんありがとう »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤフオクと映画と相棒と・・・ジャンク品の日々 (ばたやん)
2009-12-10 22:34:06
ワタクシもついこないだ購入しましたよ^^
入手するまでは結構スリリングでしたけど、
実物を手にすると結構いい感じですよね!?
無理やり大きくしている感は否めませんが・・・

ただ、結構な精度な点は評価できますよね^^
駄目! (けん)
2010-01-19 15:44:10
自分も先日ヤフオクで落札、昨日到着、今朝止まってました。購入したのはクロノグラフですが、よくよく見ると時間を示す短針とクロノグラフの短針がぶつかっていて、クロノグラフの短針が曲がってしまいました。デザイン良いのですが、いかんせん中華の粗悪品ですね。
これから購入予定の方は、十分気をつけて下さい。
レベル (BOLT)
2010-05-23 16:51:54
私は試しに1本購入して タイヘン気に入りました。それから何本か落札してます。2千円から6千円ぐらいで。ナカナカノ精度ですよ。〔中華偽ユニタス〕。
妙なカレンダーも御愛嬌で笑えます。この価格帯でこのデザイン精度なら十分ですよ。耐久性はまだ分かりませんが。一本不良品がありましたがメールで知らせてすぐ交換もしてくれました。全然問題ないのでは
ウ〜ム・・・ (フクロウ)
2010-05-23 19:17:48
 BOLTさま、コメントありがとうございます。
 価格よし、お品の調子よし、購入時のアフターフォローよし、となれば、おのずと満足度、好感度アップですよね。

 ただ、このテの時計を手を出す場合は、「善意の消費者」の立場を通すには、なんだか前提に欠けているような気がします。
 魑魅魍魎がうごめくネット・オークションの世界ですからね。
 やはり、「リスク承知のゲーム感覚」で求める物なのでしょう。

 その結果、BOLTさんや私のような幸せ者もいるわけで・・・。
 
 なお、このブログではまだ紹介しておりませんが、似たような系統の時計で先日失敗しました。
 いずれ「89号」にて登場する予定ですので、お時間がございましたら、お付き合いくださいませ。
 アラームという意味では、即座にアップすべきなのでしょうが・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL