おわんや巧日記

京都で木と漆にこだわったお椀の専門店「おわんや巧」の日々

山本隆博さんの工房を訪ねて

2017-03-01 20:41:08 | 今日のひとりごと
2016年12月、お忙しい中無理をいいまして、
福井県鯖江市河和田の山本隆博さんの工房をお訪ねしました。

2階の上塗り部屋です。
右に見える樽(たる)は中に漆が入っています。


布目八寸板皿の中塗りの様子を見せていただきました。


これは漆を濾す和紙、吉野紙です。


濾した漆を入れる容器を温めます。
(茶碗をやくというそうです)


濾し紙は湿度があると破れやすいので、少し電熱器にあてます。
(紙をやく、というそうです)


漆も電子レンジで1分温め紙の中に
乾きをゆっくりにするため、漆も温めます。


端をくるりとくるんで、


静かに濾していきます。
漆を濾す理由は、ゴミを取る事。
そして、濾せば濾すほどなおり(刷毛目がなく、面がきれい)がよくなるという事です。


さていよいよ塗りの作業ですが、
ここでおこなわれるのが、空バケ(からばけ)
漆を少しだけつけた刷毛で塗る面のほこりをとります。


いよいよ漆を塗ります。
始めはヘラで


その後、刷毛で塗り面をならします。


立ち上がりも


はみだした漆はちいさなヘラですくい取ります。


塗り上がった皿は漆が乾くまで、ゴミが付いたりしない様に、
一定の温度が保たれるように、風呂という所に入れておきます。
八寸の皿ならば、72枚入るそうです。


次は1階の研ぎの部屋で
京都のお寿司屋さんからの注文の小吸い物椀。


研ぐのは炭で。
水を付けて研ぎます。


小さな吸い物椀の底を研ぐのは大変です。



天井も柱も漆塗りのお座敷でお茶を頂戴しました。
床の間のお軸は恒松正敏の絵、寒山拾得。
花入れは信楽の守田蔵
花はわびすけ
テーマは12月14日、「山祭り」


水ようかんをごちそうになりました。
夏のものと思っていましたが、輪島地方でも冬に水ようかんを食べると聞いた事があります。


丁寧にお仕事を見せていただき、ありがとうございました。
いろいろ細かいお話も伺う事ができました。

なにより、無駄の無い手さばきに感心させられました。
数をこなして一人前になる産地ならではの厳しさから
生まれるものなんでしょうね。

それにしても、本当に楽しそうに手を動かす隆博さんの姿が
なにより印象に残りました。
お世話になりました。お忙しいところ、時間を作ってくださって、
ありがとうざいました。
お土産の水ようかんもありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DM発送の準備中です

2017-02-20 11:56:06 | 今日のひとりごと
3月4日(土)からの
「山本隆博  塗り物の器展」のDMを
そろそろ発送しようかと準備中です。

店の山本さんの常設お椀たちも、お待ちかね。
みんなで待ってるよー!!
楽しみですね!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い日のお味噌汁

2017-02-15 16:17:34 | 今日のひとりごと
寒い日が続いておりますが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。

京都市は雪が降る降ると予報され、大雪警報まで出ておりましたが、
日常生活に困るほどの積雪もなく過ごしております。
とは言え、京都の底冷え、寒いです。

そんな寒い日には、暖かなお味噌汁!!


前日のふろふき大根の残りの1切れ、ちくわが1本、
冷蔵庫のお野菜、きのこ、みーんな入れたお味噌汁。


お豆腐とお揚げと九条葱のお味噌汁。


ゴボウ、わかめ、しめじ、糸寒天、九条葱、
の出来上がってみれば食物繊維たっぷりお味噌汁。

具たくさんのお味噌汁には、大振りのお椀がお似合い。
山本英明さん(左)と隆博さん(右)のお椀がぴったりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もよろしくお願いいたします

2017-01-13 14:18:02 | 今日のひとりごと
2017年 今年もよろしくお願いいたします。

昨年は臨時休業をたくさん頂戴し、皆さまには大変ご心配、ご迷惑をおかけいたしました。
昨年は私の母に病気が見つかり、9月に永眠いたしました。
一昨年は主人の母も亡くなり、これで2年続けてお年賀状を失礼した事になります。
そんな年回りなのでしょうね。
これで、嫁も娘も卒業です。

そんなこんなで、店は臨時休業をいただく事しばしば。
本当に申し訳ありませんでした。

さて、2017年は11月に「おわんや巧」開店10年を迎えます。
ますます、皆さまにお椀の良さを知っていただける様に努力します。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福田敏雄さんの重箱

2016-12-22 21:26:07 | 今日のひとりごと
福田敏雄さんの重箱のご紹介です。

六寸重・黒内朱
¥86,400.(税込)

180×180×高105
外は布貼りのテクスチャーが優しい印象


中は朱。
もちろん、福田さんの赤は落ち着いた色で
中のごちそうを引き立てます。


福田さんのフタ付羽反り椀との相性も文句なし。
フタ付羽反り椀1客 ¥21,600.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子のお椀

2016-04-28 18:31:27 | 漆・おわんの情報
中学生になり、今まで使っていた子供椀が少し小さくなったので、
店で好きなお椀を持っていらっしゃいと言うと、
選んできたのが、「福田さんの石目椀・黒」
それ以来ずうっと使い続けています。
そのお椀にかぼちゃのポタージュをよそった時の写真です。



その息子も早いもので、3月に大学卒業。
今年の4月から就職先が東京に決まりました。
コンビニ弁当のニガテな息子は電気釜、電子レンジなど買い揃えて
東京での一人暮らしが始まりました。
引っ越し荷物の食器の段ボール箱に使っていた「福田さんの石目椀」を入れておきました。
昆布、かつおのお出汁は大変かと思い、無添加出汁の素(笑)も一緒に入れておきました

どんな暮らしをしているのか、どんな食事をしているのか、気にはなりますが、
きっとうるさい事を言う人もなく、気ままに楽しんでやっているだろうと
思う事にしています。


石目椀 黒 径12.4cm×高7.5cm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福田さんのおわん・石目椀

2016-04-28 17:36:13 | 漆・おわんの情報
福田敏雄さんの「石目椀」のご紹介です。

外側の部分にだけ、欅(けやき)の木の粉を蒔きつけて塗り重ね
研ぎだして、テクスチャーを変えてあります。





色は黒・赤・べっ甲・黒内朱の4展開です。




大きさは大小様々。
「おわんや巧」で常設しておりますのは、大きめのお椀4,1寸です。


ただ今陳列されている在庫を大きい順にご紹介します。

五寸椀  径15cm×高8.5cm   ¥25,920. 黒・赤
石目丼  径14cm×高8.2cm   ¥23,760.  赤
石目小丼 径13.6cm×高7.8cm ¥21,600.  赤・べっ甲  
石目椀  径12.4cm×高7.5cm  ¥14,040.  黒・赤・べっ甲
石目椀中 径11.4cm×高7cm  ¥11,880.  黒・赤・べっ甲・黒内朱
石目椀小 径10.6cm×高6.3cm ¥10,800.  黒・赤・べっ甲・黒内朱
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福田さんのおわん・平椀

2016-04-28 15:59:12 | 今日のひとりごと
福田さんのおわんの浅い形の店定番は「平椀」
暗い写真になってしまい申し訳ありませんが・・・赤です。

左は多用椀 赤 径15.2cm×高7cm ¥23,760.
右は平椀 赤 径13.4cm×高6.4cm ¥17,280.




色は左より、べっ甲・拭き漆・黒・曙・朱木地呂・赤



こちらは、私使用中の平椀・赤です。
写真は前日残りもののカレーをスープにしていただいた時のもの。
お汁はもちろん、スープやポタージュ、
肉じゃがなどの煮もの、
お浸しやサラダなど、様々にお使いいただける、使って楽しいお椀ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福田さんのおわん・浅い形

2016-04-27 17:32:50 | 今日のひとりごと
福田さんのおわんの中で浅い形のもののご紹介です。



高台椀 赤 径12cm×高6.4cm ¥11,880.
他に曙 ¥11,880.




浅口椀 曙 径12.8cm×高6.4cm ¥12,960.
他に赤¥12,960. 拭漆¥11,880. 白引き漆¥12,960.

  


研ぎ出し椀 赤 径12.8cm×高6.4cm ¥12,960.
他に曙 ¥12,960. 拭き漆¥11,880.

  

研ぎ出し椀(大) 黒・曙・木地呂 径13.4cm×高6.6cm ¥14,040.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福田さんのおわん・飯椀

2016-04-27 16:22:25 | 漆・おわんの情報
今日は、福田さんの飯椀のご紹介です。
飯椀は手に持っていただく器。
持ちやすいのが良いですね。



飯椀 拭漆 径12.4cm×高6cm ¥9.720.
他に木地呂 ¥10,800.



飯椀(丸型)径12.8cm×高7cm ¥12,960.





飯椀 べっ甲 径12.8cm×高6.8cm ¥11,880.
拭漆 ¥10,800.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私のおわん

2016-04-26 19:47:43 | 今日のひとりごと
ちょっと、おまけの写真です。

私が10年ほど愛用している福田さんのおわん。
程よい大きさで持ちやすく、下手な料理も美味しそうに見えます(笑)


飯椀 ラッパ椀・刷毛目・赤
汁椀 黒内朱
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福田さんのおわん・汁椀の形

2016-04-26 18:38:50 | 漆・おわんの情報
福田さんのおわんの中から、
オーソドックスなおわんの形のものをご紹介します。

一番オーソドックスな形と大きさ(容量)のおわん

汁椀 黒/赤/黒内朱 径12cm×高6.5cm ¥11,880.



丼椀 黒内朱 径14cm×高8.4cm ¥21,600.
左は汁椀・黒内朱



小丼 黒 径13.6cm×高7.8cm ¥19,440.
左は汁椀・黒



五三丼 黒/赤 径16cm×高8,6cm ¥25,920.


 
丸丼 黒/赤/べっこう 径16.6cm×高8.4cm ¥27,000.



六寸丼 黒 径18cm×高8.4cm ¥30,240.



小さいものから、
汁椀・小丼・五三丼・六寸丼
いずれも黒です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福田さんのおわん・ラッパ型のおわん

2016-04-26 16:56:43 | 漆・おわんの情報
「福田さんのおわん」から
ラッパ型のおわんを特集してみました。

まずは一番小ぶりのおわんから

ラッパ椀・小 曙/赤 径12cm×高6.8cm  ¥10,800.



ラッパ椀刷毛目 曙/赤 径12cm×高7.6cm ¥12,960.



大椀(ラッパ型) 曙/拭漆 径14cm×高9cm 曙¥21,600. 拭漆¥19,440.
大椀の中の様子
拭漆の大椀は中、縁、高台部分に布着せが見られます。




雑炊椀 黒/赤 径17.6cm×高9.6cm ¥27,000.


ほとんど同じ形ですが大きさと色、塗り方が違います。

左はしが大椀(ラッパ型)、奥が雑炊椀、
手前左がラッパ椀・刷毛目、手前一番右がラッパ椀・小
となります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「福田さんのおわん展」

2016-04-24 12:32:46 | 今日のひとりごと
2016・4・21(木)より開催中の
「福田さんのおわん展」のご紹介です。






大きな作品も何点か出品しております。


工程の見本では、福田さんのおわんの作り方がよくわかります。






丈夫さ使い易さで定評のある福田さんならでは。
汁椀としてはもちろん、飯椀もたくさん並んでいます。


制作過程のおわんの陳列もあります。

この機会にたくさんのおわんを触れて見てください。

2016・5・1(日)まで
会期中無休
11:00-18:00
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桐本泰一さんによるワークショップ2

2014-06-25 14:25:10 | 今日のひとりごと

カンナの筋や角が無いように、ツルツルにきれいに磨かれた木地に
いよいよ、漆をぬりましょう!!



チューブに入った漆の色は3色。
黒、ベンガラ、生漆の中から、それぞれが好きな色を選びます。



漆は刷毛で塗らずに、タンポで塗ります。
まずは桐本さんがお手本を、



漆をタンポを使って刷り込む様に塗っていきます。



塗り終わったら、ウエス(ボロ布)で、拭き取ります。
なので、こういう技法の事を「拭き漆」というのですね。



拭き漆1回が終わったスプーンは、木箱の内側を湿らせて
その中に入れて乾かします。





さーみなさんの思い思いのスプーンが塗りあがりましたよ!



この状態で一日おき、梱包して、輪島にお送りします。
あとは、輪島の桐本さんのところでもう4回、同じように
拭き漆の作業をしていただき、それぞれのお宅に送っていただきます。
口に入れるものなので、出来上がってから、1か月以上は養生して
お送りする事になります。

簡単そうに見える、ペーパー仕上げもやってみると、
意外に時間も手間もかかるものですね。

ご参加のみなさま、お疲れ様でした。
出来上がりを楽しみにおまちくださいね。
ご自分でつくられたスプーンを使って、
美味しくカレーやアイスクリームなど、召し上がってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加