欧場のひとりごと。
ヘタレゲーマー欧場 豪(おうば ごう)による音楽、パソコン、ゲーム、マンガなどなどの気ままな話題のブログ。
 



どーも、欧場です。
先日、某ロフトで話題の「ほぼ日手帳2008」をゲットしました。
元々あまり手帳をつける癖はなかったのですが、ふとテレビを見ていたら紹介されていたので「これはよさげだな」というインスピレーションを元に入手してみたわけですが…。
さて。

 
カバー(別売)の色は、ツートンカバーの「キャラメル&カスタード」。(透明カバーはさらに別売オプションです)
まるでリ○ックマのような色合いですが、狙っているのかどうかは不明。



ほぼ日手帳とは、「言いまつがい」や任天堂ゲームソフト「MOTHER」シリーズなどでも知られるコピーライター糸井重里氏が主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が制作している手帳で、開発コンセプトは「生活をたのしむ道具」
主な特徴は、
・大きすぎず、小さすぎずな文庫サイズ
・4cm方眼、TO DO リストなどが印刷された、1日1ページ丸々使える記入スペース
・「ダーリンコラム」「いいまつがい」などの名(迷)言集「毎日の言葉」
・書き心地にこだわったトモエリバーの紙を使用
・手で押さえなくても180度開きっぱなしにできる“糸かがり製本”
・カバーのカラーバリエーションが豊富(別売)
・手帳本体は1月始まりと4月始まりの2種類のラインナップ
・付箋や一筆箋といったオプションは必要に応じてチョイス(別売)
などなど。
(詳細な仕様についてはこちらでどうぞ)



この手帳はまさに Do it yourself で、ネットでユーザーの方々の利用方法を拝見しても実に様々なようです。
私は手始めにバスカードを入れたり通勤の友として使っていますが、自宅にいる時でも何気なくテレビを見ていて目にとまった情報や、ふと頭をよぎったワード(割とどうでもいいものが多い)について調べたくなった時に書き留めておいたりもしています。
というか、メモしてる最中に漢字のド忘れに気付くことも多くて、余計に「何だっけメモ」が増えてしまうこともしばしばだったり…。(苦笑)



 
カバーの見返しに別売オプションの付箋(画像左)と首都圏路線図(画像右)を差し込んだ状態。
路線図は東京・札幌・福岡・大阪・名古屋が載っています。


まあ、せっかくのほぼ日手帳ですから、あまり気負いせず利用していこうと思います。
何かを書き留めておくことで、充実した日々を送れるようになれたらいいなあ。



12月用のページが空白だったので、バスの中にいたお姉さんをスケッチして暇つぶし。
手帳を片手にスケッチしていようとは、お釈迦様でも気がつくめえ。



【関連ブログ】
らくがき。:はじまり - livedoor Blog(ブログ)

爽やかな日々(多分) 到着。

Spring Contrail ~まり嬢の日々~:日常のコレクション - livedoor Blog(ブログ)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« ゆく年、くる年。 プラチナゲー... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
到着。 (爽やかな日々(多分))
ほぼ日手帳が届きました。 キウイ色を買いました。 通りすがったあるblogで ガチャピンカラー とご紹介されて軽くショックでしたが、...