チビのおしゃべり日記

文鳥チビの目線で、日々の出来事を面白おかしく綴ってます。

集中治療室(突然の体の異変)

2017年07月01日 | 日記



このコの為にも元気でいなければ・・・頑張ろう!

     ***********************

それは集中治療室に入ってから2日目に突然起きました。

苦しい、息が出来ない・・・。

『どんぐりさん、シッカリしてッ、目を開けて下さいッ!
私の手を握って下さいッ!!』

看護師さん達の呼びかけにも、手に力が入らず、
目も開ける事も出来ません。
酸素マスクも付けていましたが、思うように息も出来ません。

頭を締め付けられるような強い痛みと息苦しさ、そして吐き気・・・。
言葉を発することも出来ません。

『意識低下、レベル1・・・2・・・。誰か至急、先生に連絡して下さいッ!』
看護師さん達の慌ただしい動きと、女医さんの指示する声が聞こえてきました。

(お願い、先生には連絡しないで・・・大丈夫ですから・・・先生には知らせないで・・・)
必死に訴えようとしましたが言葉が出ません。

手術が無事終わった時の、主治医の嬉しそうな顔を思い出すと、
心配をかけたくない気持ちが強く有りました。

助けて戴いた命。私たち患者も回復して良くなった所を見せたいものなのです。

意識が遠のく中、看護師さん達の励ます声は聞こえていました。
(この様な時、声をかけ続ける事が大事なようです)

その後の事は、全く分かりません。どのぐらい時間が経ったのでしょう。
気が付いた時には、心配そうに私の顔を覗き込む主治医の顔が有りました。

『どんぐりさん、大丈夫ですか?気が付いて良かった。心配しましたよ』
わたしの手を握れますか? 力を入れて握って見て下さい』

仮眠室でシャワーを浴びてる最中に呼び出されたのでしょう。
主治医の髪の毛からはシャンプーの香りがしてました。

(ご心配おかけしてすみません。もう大丈夫です楽になりました)

私が手を握り返すと『どんぐりさんが元気になってくれて嬉しいです』
満面の笑みがこぼれてました。

前日の長時間の手術で疲れているはずです。
出来れば心配をかけたくなかった・・・そう思うと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

発作の原因は、2日目になってやっと水分も取れるようになり、誤嚥を防ぐ為、
リクライニングベッドの上半身を起こした事によるものでした。
(このような症状が起こるとは、医師も看護師さん達も予測できなかったようです)

ベットを起こした事で、脳の血流と律神経が上手く働かなかったようです。
(病名を聞かされましたが難しくて忘れました)

集中治療室には、担当医師に代わって女医さんと数名の看護師がいて
異変を直ぐにキャッチできるよう、私たち患者に付き添ってくれてます。

ベットの脇にはモニター画面もあり、幾つもの数字が点滅してるのが見えました。

    **********************
4日目には症状も落ち着き一般病棟へ移る事になりました。
ベットも病棟用に代わります。

『どんぐりさん、こちらのベットへ移動します。
僕の肩にシッカリつかまって下さいね』

若い男性の看護師さんは、そう言うと私の背中半分に
何か薄いアクリル板のようなものを差し入れました。
(ベットへ移動する際、身体を滑りやすくる為のようです)

こんなに優しそうなイケメンの肩に抱き着くなんて
最初で最後かもしれません
胸がどきどき・・・。

若い時の父ちゃんにだって、こんなに胸がときめく事は無かったと思う・・・たぶん。
少しだけ、ときめいたかもしれないけど・・・昔の事は忘れた。
(この言葉・・・前にも書いた気がするけど・・・まッ、いいか

うふッ!またとないチャンスですもの。冥途の土産にしよう。

思いっきり抱きつこうとしましたが、わたしの身体には、
心電図を図る線が何本もの貼り付けられてます。

両方の腕には点滴の針が差し込んであり、長いチューブが邪魔をして
首に巻きつきそうになってます

その時、女性の看護師さんが『私も手伝います』
といってかけよってきました。

もうッ、せっかくいい所なのに・・・邪魔しないでほしい
声には出しませんでしたが、多分顔には出していたと思います。

どんぐり母ちゃん、この歳になっても、まだ少しは乙女心が残ってます。

そしていよいよ一般病棟へ。

続く。


『鳥』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元号と西暦、両方あるからや... | トップ | リハビリのための一枚。大き... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事