outdoor holic

バンブーロータスの隠れ家 ~ 自転車・アウトドア・フライフィッシング等のプライベートページ

プランB

2017年08月10日 | 自転車


今日はオヤジ殿にフラれたので、一人で出動です。
レーダーでは雨雲はないものの、湿度が高くていかにも降りそうな天気です。




これが噂の堤防の距離表示ですね。
空からの目印?GPSの時代に何の意味があるのか?です。




天ヶ瀬ダムに到着です。
予想通り、絶賛放水中です。




1年ぶり?に来たら、橋が架け変わっていました。
写真の以前の橋はダムにも水面にも近くて、橋自体が古いので迫力満点だったのですが
新しい橋は水面からの距離が高くなったので、迫力には欠けます。

当初はここから宇治田原に抜けて山に登るつもりだったのですが、天気が良くないので
プランBに変更しました。
地図を見ると、天ヶ瀬ダムの上に喜撰山(きせんやま)ダムというダムがあります。
下からは一切見えない山の上にあるダムで、どんなところか前から気になっていたのです。




結構キツい登りが続きます。
久しぶりのロードなので、足にきます。




湧き水発見。
夏場は助かります。




コンクリートの廃墟と言うか遺構が出てきました。
調べたら、ダムを作る時のゴンドラか何かの施設跡のようです。




明るい場所なので、不気味さはありません。




謎の穴が特徴的です。
ここを越えると勾配が少し楽になりました。




で、喜撰山(きせんやま)ダムに到着。
天ヶ瀬ダムからココに揚水して発電しているそうです。ダムの周りはフェンスで
厳重に囲われていて、ダム本体どころか水面にすら近寄れません。




ここは右の池尾に進みます。なぜかスクールゾーンの看板がありますが
ここは完全な山の中です。
池尾の集落の先はダムの堤体に続いているようですが
厳重な門があって先へは進めません。
ちなみに、門の手前のお地蔵さんのところでも湧き水ありでした。




来た道を戻って、笠取へ下って宇治川ラインへ出ました。
ここからはのんびり天ヶ瀬ダムへ下るだけです。




今日のお昼ご飯。
この頃には天気が良くなってきて、暑さ全開です。

帰ってきてのシロクマ君は暑さでドロドロで写真になりませんでした。
今日は70kmしか走ってませんが、600m登ったので良しとしておこう。
まあ、お手軽コースですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高解像度降水ナウキャスト | トップ | 加茂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL