outdoor holic

バンブーロータスの隠れ家 ~ 自転車・アウトドア・フライフィッシング等のプライベートページ

南へ

2017年06月15日 | 自転車
先週は微妙な天気だったので走らなかったのですが、今日はいい天気。
暑いのですが湿度が低いので、ダラダラ汗をかく天気ではありません。
今日はオヤジ殿と初めてサイクリングロード(CR)を南下しました。




自分はCRを大阪方面に走りません。理由は車止めのポールが邪魔だからです。
自転車ってリズムで走るので、ポールのたびに止まるとリズムが狂うので
行きたくない、走りたくない。

御幸橋からCRを大阪方面に走る人を見るたびに、言っちゃ悪いけど
「何しに行くの?走って楽しいの?」って思います。
自分的には枚方大橋までが我慢の限界ですが、今日は目的があるので
初めて南へ走ります。




梅田のビル群が見えてきました。
天気は快晴、ポールは面倒だけど初めて見る景色は悪くありません。




毛馬の閘門に着きました。
ここからはCRを降りて、下道を走ります。




淀川の左岸を走って走って湾岸線が見えてきたら大阪湾です。




ドン突きまで行ったら、有名なゴミ焼却場を見ながら一度舞洲に渡って




ここをクルクル下ると




USJ に着きました。
と言ってもここは資材搬入用の裏門です。




USJの裏門のすぐ裏から、天保山へ渡し船が出ています。
この辺りは川を船が遡上するので橋がかけれないので、橋の代わりに大阪市が
渡船を運行しています。運賃は無料で、8カ所で渡船を運行しているそうです。




こんな小さなフェリーに乗って対岸の天保山に渡ります。
対岸に見えるのは天保山の観覧車です。
乗客は地元民に少しの観光客、USJに通勤する人って感じです。
自転車はバラさず、そのまま押してて乗り込みます。




あっという間に天保山に到着、これはレゴで作ったキリンです。
さすがにここは観光客が多いので、さっさと離れます。




くねくねと住宅街を走って、次に着いたのが甚兵衛渡船場です。
対岸まで泳いで渡れそうな距離ですが、こんな貨物船が通るので橋がかけれないのです。
ここの渡船の乗客は100%地元民で、バスに乗るように船に乗っていきます。
コストを考えたら間違いなく赤字でしょうが、地元の人は結構利用しているようです。




東へ東へ走って、次に着いたのが落合上渡船場。




こんなバスぐらいの大きさの船で対岸に渡ります。
遠くにぼんやり見えるのはあべのハルカスです。ここまで船を3隻乗り継いできましたが
今日のゴールはちょっと意外な天王寺です。

ハルカスを目指して交通量の少ない裏道を走ったら、普通の人は立ち入ってはいけない
ディープなエリアに入り込んでしまいましたが、無事に天王寺に到着。
ささっと買い物を済ませて家路につきます。

天王寺から大阪市内を北上するのですが、ちょっと西に戻ってなにわ筋を北上しました。
少し遠回りになりますが、なにわ筋は交通量が少なくて走りやすいのです。




なにわ筋を北上して、中之島からは大川沿いに毛馬を目指します。




毛馬の閘門に帰ってきました。
ここからはゆるい追い風に乗ってCRを走って帰宅。




帰ってきたらシロクマ君、今年もこの季節がやってきました。
いい感じに足が焼けてきましたが、汚れもあるので洗ったら少し色は落ちるはずです。
走行距離は95kmでした。




なんで天王寺まで行ったかというと、こんなプラバックルが欲しかったから。
製品に付いてても、単品ではなかなか手に入らないのですよ。
電車賃や送料がもったいないので、渡船巡りを兼ねて走ってきました。

大阪湾の渡船って観光としても珍しくて面白いと思うのですが、あまり知られていない
というかほとんど誰も知らないのでは?話のネタに走ってみてはどうでしょうか?
個人的にはCRのポールを考えると何度も行きたくないような、でも1カ所行けなかった
場所があるのでいつかリベンジしたいと思います。

しばらくロードが続いたので、来週天気が良かったらマウンテンで山に行きますよ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北へ | トップ | 聖地巡礼 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL