The day of MuNEHIKO

ザ デイ オブ ムネヒコ

SATORI

2017-06-22 | 練習/サイクリング
平日休み、
毎週木曜は追い込みの日。

限界を超える負荷を与える日と書くとなんとも苦しそうだが
今やるべき練習はそういうもの。
高強度の練習にはだいぶ慣れて来たしモチベーションも悪く無い。


名郷まで3倍でウォームアップ。
山伏峠を4回登った。

1回目は全力、
調子を戻しているので当たり前だが今年のベストタイム、13'58 319w 4.5wkg。
頭はクラクラ、激しい睡魔、とても眠い。この感覚は久しぶりだ。
辛くてこのまま帰りたい。


下に降りて一呼吸ついて2回目。
遠くに見える登ってる人を目標に走り出す。
全然力は入らないが材木屋あたりでだんだん力が戻ってくる。
限界を一度出し切った後の回復力はそれほど悪くないようだが
1本目から1分半遅れて 15'20 281w 4wkg。


もう疲れた。
帰ろ。

「強くなりたいんだろ?」

・・・・。



呼吸が落ち着く前に3回目、踏み出す。
気持ちも身体も疲れてからがやっと練習の始まりだ。と言い聞かす。

はーーなんて辛い練習だ。
 いや練習は基本的に苦行なんだ。そうでなければ強くなれん!


辛さ、苦しさと向き合いどう耐える、凌ぐ、立ち向かうのか。
それが練習とレースの課題、幾多の修行をくぐり抜けて悟りを目指す。
自転車は仏教なのか?
と妄想しながら力を振り絞る。

3回目 15'35 274w 3.9wkg、2回目から15秒遅れ。
垂れた感じはしないがもう4倍が出ない。
それが垂れなんだが。



小学校の午後の授業参観に間に合わせる為に4回目でお終いにしよう。
4回目、タイム度外視でSFR。
50回転以下、これはなかなか難しいような。
踏みつけるようではふくらはぎに筋肉がついちまいそうだ。

筋肉ってのは縮んだ状態から伸ばす時にチカラを発揮するんだから
太腿を遠くへ遠くへ送るようにまわしてやる。
うむ、しっくりくる。
たぶんこれか。
でもこの回す感じは坂登る時いつもやってるやつだな。

180min
77km
TSS179


授業参観が終わって学校の前にある図書館に立ち寄る。



何かが見えるかもしれない・・・


-Fin-
ジャンル:
自転車
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筋力が足りない | TOP |   
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。