低山徘徊の記 プラス 日常ブログ

日常生活、九州のお山の散歩や芋焼酎・・・そんな自分の好きな事だけ書き散らす。どうでも良いよな、ブログですね。

浅葱斑

2016-10-10 18:59:22 | 日常日記

8日に泉第五トンネルから九連子までの縦走を予定したが、、、天候は下り。あっさり中止、、下関市も午後から滝雨。まっ、、やめて良かったか。10日体育の日、、馬鹿ッ晴れ、、九州脊梁歩きは今日にしておけば良かったなぁ~。

10時前に我が家を出発。近くの四王司山391.8m山頂へ一汗かいた。新しい山靴スポルティバの慣らし運転です。すごい密着感、、靴の中で足の甲は全くブレません、、今までの靴とはまったく違った感覚、、7時間とか8時間とか長歩きをした時にこの密着感がかえって裏目に出ないかなぁ? 

さすが里山。天候にも恵まれ結構たくさんの人が歩いています。山頂には一団が休憩中、、権現山まで行ってみようか??、、南側の展望台で休もうか、、途中で道を変えた私に、、追い抜いたばかりの、おじいちゃん・若いお母さんに連れられた5歳くらいの女の子に、、「ああぁ~!!おじちゃん、道間違ごうたぁよぉ~!!」と指摘され周り大爆笑。人の多い南側展望台からもサッさと引き返し静かな岩山展望地350mへ。いやぁ、ここは静かだ。ホトトギス満開!

小一時間独り展望を楽しみ、、さ~て、勝山まで行ってみようか。勝山登りに取付く前に、、ここらに水の溜まりがあったよなぁ?と久々に覗いてみると、、おおっ!?小池の周りだけフジバカマが咲いてるじゃん!近づくと、、一斉にフワフワと何かが飛び出した!?へぇ~!アサギマダラの乱舞です。

1日に200km近くも移動し、南西諸島とか台湾辺りまでも飛んでいく渡りの大型蝶です。

一度にこんなにたくさんフワフワしているのには初めて出会いました。調べてみるとアサギマダラの幼虫の食草となるガガイモ科植物はどれも毒性の強いアルカロイドを含む。成虫のオスがよく集まるヒヨドリバナやフジバカマ、スナビキソウなどには、ピロリジジンアルカロイド(PA)が含まれ、オスは性フェロモン分泌のためにピロリジジンアルカロイドの摂取が必要と考えられている、、らしい、、フジバカマの群落にたくさん集まってた訳だ!すげぇ~な近所にもこんなの居るんだ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山靴 | トップ | 九重 大船山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。