山の子通信

山の思い出、旅の記憶など綴っていこうと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山狂舎 「那須遊全:沼ッ原湿原」 山の花ウオーク

2014-07-24 | 山旅
平成26年7月5日(土) 山狂舎「那須遊全:沼ッ原湿原」山の花ウオークを開催しました。
前々日から大雨の情報が関東に流れていましたが、当日の朝は曇り。陽射しが見えた一瞬もありました。
ニッコウキスゲの群落に期待して沼ッ原湿原に向かいました。 



昨年は毎月第3週によみカルで沼ッ原湿原に行っていたので、7月のニッコウキスゲは少し遅かったのですが、今年は第1週に山狂舎の山の花ウオークを開催しているので、昨年とはまた違う花の様子を見ることが出来ています。
ニッコウキスゲは咲き始めの花が多く、とても花が美しい状態でした。







そして沼ッ原湿原には霧がたちこめ、幻想的な雰囲気をあじわってきました。
花はもちろんニッコウキスゲだけではなく、白いマユミの花、赤いベニバナニシキウツギ、花びらが可愛いカンボク、高地に咲くコバイケイソウ、小さく可憐なカラマツソウなどなど、色々な花との出会いがありました。







何より、山狂舎のメンバーと一緒にでかけるのは嬉しいです。山はベテランの先輩や、新しく知り合った方たち、季節を変えて沼ッ原湿原に一緒にでかけている人、写真を熱心に撮る人、おしゃべりしながら歩く人、ひっそりと自然を感じている人、花の名前を書き留めている人、皆でいただくお弁当が楽しみな人・・・それぞれに愉しみを見つけています。





山や自然との出会いのあとは、街で「わいわいサロン」を開催しています。行ってきた感想や、まだ見ぬ旅への夢も語りあっています。それぞれの近況報告にも花が咲きます。

一緒に山狂舎のウオークを愉しみませんか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

嗚 呼  「岳 人」

2014-07-20 | 日記
 山岳情報誌「岳人」は東京新聞の発行からモンベルグループに引き継がれるという。
半世紀前から「岳人」に依って登山を学んできた私にとってこの継承は様々な想いが
交錯する。
 特に山狂舎主催の登山講座「ベストハイカー教室」を各カルチャースクールに開催
していた頃、別冊岳人夏山号と秋山号に7回にわたって“展望の美術館”という詩画
シリーズを掲載していただいた。当時の西山編集長との山の思い出は尽きない。
 この「岳人の」エピソードの数々は、山狂舎わいわいサロンで語りついでいこうと思う。

             平成二十六年 七月十五日     山狂舎 横山伊左夫
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山狂舎の新あうと童話 「鶴岡きららと 酒田レトロファンタジー」

2014-05-22 | 山旅
山狂舎 新あうと童話 4月「鶴岡きららと酒田レトロファンタジー」
平成26年 4月26日(土)~27日(日)

“ きらきらと輝く日本海、春うららなメロディをノスタルジックでモダンな城下町鶴岡と、
  北前線の港町酒田にきく・・・。藤沢周平モードもさらに旅情をかきたてる。”




快速リゾート列車 “きらきらうえつ”に乗車し、新潟駅から日本海沿いの街をみながら城下町鶴岡へ・・。
赤いシートが印象的なラウンジでした。


石置き屋根が印象的な、鶴岡市の丙申堂。藤沢周平原作の映画 「蝉しぐれ」での二階から見おろす景色。

ラストシーンの文四郎とふくが再会し、思いを遂げたときのロケシーンを丙申堂の方が教えてくださいました。

藩校致道館では、葉が3つに分かれている金魚椿の花が、初夏を思わせる日差しの中、美しく咲いていました。


旧西田川郡役所前で。

鶴岡公園の桜は見頃を少しすぎていましたが、赤いドーム屋根の大宝館が印象的。

公園内の庄内神社付近で「蝉しぐれ」の文四郎が父の遺骸を車にのせて家路をたどった木立を探しましたが見つかりませんでした。木立のトンネルの向こうに、丸い光が見えた場所・・・。

大督寺の、漆喰に下見板をはった塀を訪ねた後は、
日本海のきらら きらら と輝く海に沈む夕陽を眺めながらドライブです。

宿は夕陽が印象的な湯野浜温泉。日本海の幸と郷土料理、お酒と温泉と友との語らい・・・☆



2日目も快晴。土門拳記念館へ。記念館は、かつての山狂舎の旅で知ったイサム・ノグチや勅使河原宏らが関わって建築されました。
重森三玲の庭の旅も懐かしい。


米どころ庄内のシンボルである山居倉庫にて。倉庫と並ぶケヤキの緑はこれからでした。


酒田市の相馬樓にて。舞娘さんの演舞も鑑賞。


日和山公園の桜が満開! 今年は、さいたま・那須・山形と3か所の桜と出会いました。

公園内の酒田港を見おろす木造六角灯台も訪ねました。3月に行った観音埼ウオークの灯台も思い出されます。

etc...

山狂舎のウオークはこれからも続きます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山狂舎の月例ウオーク 観音埼灯台から青い久里浜の海

2014-03-24 | 旅行
平成26年3月16日(日)
山狂舎:月例ワンディウオーク(秋冬編)3月は、春を感じる海辺のウオークを愉しみに行ってきました!
横須賀の馬堀海岸付近から観音埼灯台、ペリー公園付近の散策です。


青い空と海、遠くに行き交う船を眺めながら、のんびりウオークです。


日本最初の洋式灯台「観音埼灯台」です。灯台の頂上は、強風で怖かったワ(*_*)


明治20年頃は、東京湾防備の要塞地帯となり、その頃の砲台跡が残されています。


ペリー公園にて

1853年ペリー提督が日本に上陸した際、軍楽隊と鼓笛隊が「ヤンキードュードル」を演奏したといいます。
この曲は後に日本で「アルプス一万尺」として歌われているそうです。
ペリーのパイオニア精神と、アルピニズムはどこか共通しているところがあったのでしょうか?
などと思う中、横浜のニューグランドホテルでティータイム等々、ちょっとリッチなウオークでした(#^.^#)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山狂舎 第13回 山の花観察写真展

2014-02-03 | 写真展
2014年2月10日(月)~15日(土)
第13回 山の花観察写真展が開催されます!


今回の作品は「組写真の部」として日本の高山植物や
山野草の、芽から蕾そして花・実と、植物の変化4枚の
写真をA-1のポスター仕上げにした作品10点。

「自由作品の部」として日本の山野で出逢った花の感動を撮影
した作品、そして山の仲間の写真など20点を展示いたします。

山狂舎の活動コーナーもあります。

是非、おでかけください!



● 開催日時・会場
 10日(月)        13時~18時
 11日(火・祝)~14日(金) 10時~18時
 15日(土)        10時~17時

 JR浦和駅東口徒歩1分 コムナーレ9階 市民活動サポートセンター(パルコ上階)
 多目的展示コーナー 
 
 ※入場無料です。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加