広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

授業のスピード

2017-05-20 08:17:53 | 学研教室

学校の授業について

子ども達が毎日習っている

学校の授業。

内容量が増えたために、どんどん進む傾向にあります。

授業中に理解できることがとても大切。

そして復習して定着を図ることが一番ですが、

なかなか定着まで届かず、苦手意識が生じているように感じます。

「わかった!」と感じる時間的な余裕が内容に思います。

5年生のお子様が

「体積が今一つわからない」

6年生「文字式が今一つつかめない」

なんとなくわかるけど、わかならいと漠然と感ているよう・・・

そこで学研の教材で、問題を解いていきました。

最初に出た言葉は

「体積って簡単だね!」

子どもたちは、本当に難しいと思い込んでいたようです。

一方文字式がわからないといっていたお子様も

文字式の計算、特に文章問題に力を入れて取り組みました。

ひとつひとつ解いていくので、

しっかりとなぜその式になるのか理解でき、今ではすらすら問題を

解いています。

ささいなことかもしれませんが、意識です。

この「わからない」「難しい」という思いが

学習の大きな壁となっていきます。

わからないところがない!

高学年の鉄則です!

学研のこどもたち毎日がんばっています

お子様のサインしっかり見逃さないようにしてくださいね!

お子様の学習でお悩みの方は

お気軽にご相談ください。

5月は無料体験実施中です

↓クリック♪

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日 | トップ | 中学受験 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学研教室」カテゴリの最新記事