ヘルンの趣味日記

好きなもののことを書いていきます。

お気に召すことうけあい

2016年11月02日 | SF

アシモフのロボット短編のタイトルです。


前にも書いた、ロボットに恋する女性の話です。
容姿にも性格にも自信のない主婦がかっこいいロボットのおかげでどんどん美しくなって・・・な話です。

これ、アシモフが敬愛するアガサ・クリスティの短編からアイディアをいただいていますね。
パクリとかではなく元ネタわかりますか?
みたいな感じです。
アシモフ本人がクリスティのファンだとあちこちで書いているので。

パーカー・パインというシリーズの中の話にあります。
マイ・フェア・レディみたいな。
中年のぱっとしない主婦が美容院にいって、髪型、メイクを変えて、新しいドレスにしたら、別人のように若く素敵になりま す。

アシモフの短編もそう。
ちょっとロボットがメイクとか髪型を直すとヒロインがびっくりするほど綺麗になる。

この話を発表した後、このロボットについて問い合わせが殺到したそうです。


ラストが苦い。暗い。

ロボットは恋愛はできません。
でも、人間の女性にはできる。どれほど望みのない恋でも。
と、ロボット工学博士がいいます。

ヒロインは美しくなったけれど苦い苦い失恋をします。

クリスティのほうは、失恋ではあるんですが、大切な思い出として、時々思い出して幸せになることができます。夫とも仲良くなることができて。

失恋の扱いが全然違います。


アシモフのロボット物は女性に冷たいんです。

でもこれが男性主人公と美女ロボットなら、あまりダメージを受けないかな、と思います。

ロボットだったけど、いい女だったなー、自分もかっこよくなったし、妻に見直されてラッキーくらいに思うかもしれません。

アシモフもクリスティも短編が軽くて面白くてのんびり読むことができるものが多いです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジェームズ・キャグニー | トップ | アンソロジー »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

SF」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL