ヘルンの趣味日記

好きなもののことを書いていきます。

インターナショナル

2017年07月06日 | 日記



かなり前のことだけれど、音楽番組でインターナショナルという労働歌をとりあげていました。

そして、解説の人が歌詞はきらいだけどメロディが美しいと褒めていました。

本当になかなか美しいです。
ちょっと抒情的です。
ドクトルジバゴの中にも出てきます。
登場人物に調子はずれの変な歌だとけなされていましたが、綺麗です。

インターネットで検索してみました。

たくさん、各国語であります。

ジャズバージョンまで。色々面白いものがあります。

歌詞に「インターナショナルパーティ ユナイツ ヒューマンレイス」というのがあります。

「インターナショナル組織は民族を統一する」

EUの理想も似ています。キリスト教もそうかな。

それがよかったのか、悪かったのか。難しいです。

色々な違いをのりこえて、一つの目標で団結するというのは、最初は意外に簡単で、継続が難しいように思えます。

どこかであきらめないと、妥協しないと。

でもそれをすると初期の美しい夢は崩れてしまいます。

この曲はイデオロギーというより一つの夢を歌ったのかもしれません。

奇妙な美しさとか奇妙な儚さがあるような気がします。

ニコラス・ローグの「地球に落ちて来た男」をみたときもそんな感じがしました。

主演のデヴィッドボウイがオリエンタリズムを幻想だといったことがあります。

この歌ももしかしたら一つの幻想を歌ったのかなと思います 。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブレードランナー | トップ | 神保町散歩2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL