Ouest France便り

フランス北西部在住一邦人の日記・雑記・映画日誌です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画祭り2006

2006年06月29日 | 映画日誌
先週の日・月・火は毎年恒例の映画祭り(Fete de cinema)だったのでたくさん映画を見ました。なおFete de cinemaというのは通常の入場料金で1本映画を見ると、その後の映画祭り期間中は一本あたり2EURで映画が見られる、というとても太っ腹の企画です。フランス偉い!

今回見た映画のメモを書いておきます。

#1 Petites confidences (a ma psy) (原題 Prime)
0. 2006年6月25日 (TNB Rennes VO オリジナル字幕版)
1. Petites confidences (a ma psy) (原題 Prime)
2. ★★1/2
3. USA/2005年
4. Ben Younger
5. 爽やかでクセのない恋愛コメディ。軽~く自然に楽しめました。ユマ・サーマンを見るとついKill Billを思い出してしまいますが。

#2 Paris Je t'aime (邦題不明)
0. 2006年6月25日 (Arvor VF)
1. Paris Je t'aime (邦題不明)
2. ★★1/2
3. France/2005年
4. 監督18人による短編映画集
5. パリと愛をテーマにした短編映画集。パリの情景もストーリーも多彩で楽しめましたが(悲しいストーリーもあります)18本はさすがに多すぎるかも…途中でストーリーを見失いかけました。実際にパリに住んでいる人はどういう感想を持つのか興味があります。

#3 VOLVER (邦題不明)
0. 2006年6月25日 (Arvor VO オリジナル字幕版)
1. VOLVER (邦題不明)
2. ★★★
3. スペイン/2005年
4. Pedro Almodovar
5. 今まで見たAlmodovar監督作品では一番好きです。いやー、スペインは熱くていい国ですね。ペネロペ・クルスみたいなすごい美人の掃除のおばさんなんて見たことない、とか、3世代の親子が全く似てないとかは些細なことに思えてきます。

#4 MarieAntoinette (邦題マリーアントワネット(?))
0. 2006年6月25日 (Gaumont VO オリジナル字幕版)
1. MarieAntoinette
2. ★★
3. USA/2005年
4. Sofia Coppola
5. ベルサイユ宮殿と衣装が見たくて見に行ったのですが、意外に楽しめました。何回も見たい映画ではないけど、良い娯楽作かと。。。しかしみんな登場人物が英語っていうのがとても不思議。

#5 下妻物語 (仏題 Kamikaze Girls(!!))
0. 2006年6月26日 (Paris UGC Orient Expresse VO オリジナル字幕版)
1. 下妻物語 (仏題 Kamikaze Girls(!!))
2. ★★★
3. 日本/2004年
4. 中島哲也
5. 土屋アンナ最高~!! このおもしろさ、フランス人にわかってもらえるのか?そしてなぜフランスでのタイトルはカミカゼ・ガールズなのか?

#おまけ 映画祭り料金試算表
結論:4本以上見れば会社の組合割引料金で見るよりお得になる。頑張って10本とか見てもそれ以降は一本あたりの単価はあまり変わらないので、疲れを考えると45本見られたらいいところか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加