ユーロシティのコンパートメントから

欧州旅行がメインですが、最近は日本の旅行が多いです。そして”鉄分”濃くなってきてます・・(笑)

塩尻から寄り道して、「中仙道・奈良井」へ!

2010年07月30日 03時37分41秒 | 2010・2月・リヴェンジ大糸線&More!
2010年2月10日 午後3時ころ
長野県 塩尻駅


塩尻で乗り換えた電車は、、、




JR東海の電車。



そうです、ここから横浜に背を向けて、大胆にも中央西線に乗りました。




数十分かけて行った所はここです。





奈良井。



はい、木曽の山の中にある小さな駅です。



でも、ここが中仙道の古きよき時代の宿場町の面影を残してるところであることでも知られてます。



以前からその雰囲気がすごく気になってて、ちょっと強引なプランだったけど、今回行ってみたいと思い、わざわざ立ち寄ったのでした。







その歴史ある町の玄関口も、なかなか渋い・・・




さあ、これから宿場町、奈良井を歩いてみます・・・
次回はその町並みをご紹介します。
お楽しみに!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”お友達とお食事&おしゃべり” @目黒

2010年07月29日 00時05分48秒 | ⑫食べもの&飲みもの
たまには鉄分抜きのお話でも、、、(笑)



先週、お友達、Mさんと、いっしょに食事に行きました。



場所は目黒。



夜8時に目黒駅で待ち合わせだったけど、仕事が終わってもまだ明るかったんで、、、




目黒川のあたりを歩いて、、、




そしたら、、、





ものすごくきれいな夕空が!




都会のど真ん中でこういう空が見れるのって感動もんですよねっ!^^



夢中になって撮ってると、、、



周りには若い人たちもケータイやカメラで撮ってましたよ!



彼らにもそういう心がある、というのにもちょっと感激・・・



、、、ウチも若いよね?!(笑)





さて、時間が迫ってきたので、、、






権乃助坂を登って、、、



撮り方がlaraさん風ですね・・・(笑)




着きました、目黒駅!




言っときますが、今日のお話は「鉄」ではありませんっ!(苦笑)




どうやら着くのがまだ早かったらしく、「着いたよ!」メールをして、、、




クソ暑い中(失礼!)、待ったこと数十分、、、




「こんにちはぁ~」




そのお友達、Mさん登場。




早速、事前にチェックしてあった場所で食事を。




フクラ家(ここをクリックすると、そのサイトご覧になれます!)





「大戸家を女性向けにした」というのがネットでの評判。
こういうときしか行けないので・・・(苦笑)




ウチは「日替わり定食」の「鶏カツのカレー煮込み」




カツはさくさく。
和風ダシが効いたカレーは、昔のカレーうどんと普通のカレーの中間のような味わい。
ちょっと辛目が食欲をそそります。


ここでは定食はごはんが3種類の中から選べ、しかも「おかわり」できる!
なので、カレーをかけて軽く2杯食べちゃいました!(笑)




Mさんは「フクラ家松華堂膳」

盛り合わせがきれいだし、いろんな食べ物があるし、これにしようか、と迷いました。。。
ご飯は「十穀」を選んでました。
さすが健康オタクのMさん。(笑)



すみません、この食事の書き方、”ザルツブログ”さんを真似てますよね、laraさん、seppさん???(汗)


でも、、、思った以上に難しいです、書き方をマスターするのは。
こんなんでどうでしょうか???





さて、食事前も食事中も、もちろん色々話しをしてました!



仕事のこと。

趣味のこと。

そして英会話のこと。
実は彼女、ウチよりもできるんですよ!(笑)
勉強の仕方とか教えてくれて。。。


で、さらにMさんのお仕事は、、、

ちょっと医療入ってて、ハードなところで大変そうで。。。
いろいろグチ、聞いてあげました。。。




すごくマジメで人柄がいいって感じで、、、

どちらもウチには真似できませんね。。。(苦笑)




食事の後も、カフェへ行って、またいろいろとお話を。


今度は楽しく、旅行話でも!


Mさんはアメリカ、オーストラリア(オーストリアではないっ! 泣)、さらにはアジア方面が好きという、ウチとは正反対の海外旅行がお好みだそう。


で、「ヨーロッパは?」と聞いたら、、、



「イギリス、英語が話せるところじゃないと。。。」と自身なさそう、、、



てか、、、



「suzukkyさん、なんでヨーロッパしか興味ないんですかっ?!」と突っ込まれて・・・









はい、ごもっともです・・・「^^;;






でも、ウチからヨーロッパを取ったら、何も残りません!(爆)





だから、Mさんには、いっぱいヨーロッパのことを”洗脳”してあげました!(笑)




「大学生の時にドイツ語を習ってた」とのことで、思い切り突っ込んであげましたが、、、




「ほとんど忘れちゃって・・・」
「それよりも英語を極めたい!」




、、、、、ホントにマジメな方ですね。。。




でも、ドイツ語に引き寄せてあげようと企みます、これからも。。。(笑)




そんな風に盛り上がってうちに、あっという間に夜11時、、、




ウチは横浜に帰らなければならないので、改札まで一緒に行って、見送りに来てくれてバイバイしました。




おいしいもの食べて、いろいろおしゃべりすると、ほんと時が経つのが早いですね・・・



いつもは英会話カフェで夜遅く東横線に乗るけど、この日は、同じ電車でもなんかちょっと違った感じだったのは気のせいでしょうか???




たまにはこういう夜もあっていいなぁ、、、と思ったのは言うまでもありません。。。^^*
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

松本から「高尾行きの電車」に乗ったけど、、、

2010年07月27日 23時45分27秒 | 2010・2月・リヴェンジ大糸線&More!
2010年2月10日 午後2時過ぎ
松本駅


さて、松本からは高尾行きの電車に乗りました。


これが「この乗り鉄のラストランナー」だと思いますでしょう???











ところがどっこい!(笑)







わずか15分程度で降りました。






こういうところでいったん途中下車して、新たに切符を購入。






その切符で次に乗った列車はこれ。










さあ、私はどこへ行っちゃうんでしょう???(笑)





その答えは、、、、、次回のお楽しみに!^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜行列車・オリエントエクスプレス パリ~ブダペスト 1996夏  Part2!

2010年07月26日 21時05分24秒 | ⑧海外旅行の予復習!
1996年7月下旬 夕方
パリ~ストラスブール

さて、パリを出発した「夜行列車オリエントエクスプレス」、、、、



車窓をご紹介、、、と言いたいのですが、




いかんぜん画像が少ないんで、てか、フランス国内はただ平原を突っ走ってただけなんで、他全然撮る気が湧かなくて、、、



というわけで、お茶を濁すわけじゃないけど、これを使います。。。





じゃ~~~~~~~~~~~~~んっ!






「トーマスクックのヨーロッパ時刻表・1996年夏ダイヤ!」




もちろん中も見せまぅせぇ~~~っ!(笑)




どや、すごいやろ?!




「オリエントエクスプレス」号だけでなく、、、

パリ~ウィーンの「モーツアルト」号

パリ~ミュンヘンの「ラベル」号

さらには、、、

ミュンヘン~ブダペストの「カールマン・イムレ」号も載ってまっせ~っ!!!





エエ時代やったなぁ・・・・・
(しみじみ・・・)




今はTGV、ICE、そしてレイルジェットに変わってもうてるからなぁ。。。
(但し、「カールマン・イムレ」は今も走ってます!)

せやから、当時のスタイルで旅したいなら、パリ~ミュンヘンはシティナイトライン、そしてミュンヘン~ウィーンは快速やユーロシティ、インターシティの乗継せなあかんからなぁ。。。



まあ、日本も同じようなことが起きてるさかい、時代の流れ、感じるんちゃうかな?!





あれっ、いつの間に関西弁?!(笑)




戻します・・・(爆)




もう一度、オリエントエクスプレスの時刻をご覧頂くと、、、



パリからはこの先、フランス国内は”ナンシー、ストラスブールだけ停車”という、特急列車扱いでひたすら東へ向けて疾走します。
特にパリ~ナンシー間は3時間ノンストップ!
当時は、てか最近までこのいわゆる東線はTGVが無かったんで、こういう列車が頻繁にあったんですよ!
ちなみに今はパリ~ストラスブールを約2時間半で結んでます!



さてさて、話をオリエントエクスプレスの旅行に戻します。。。


パリ東駅に到着中、車内は灼熱地獄でしたが、走り出すと風が入るのでだいぶ涼しくなってきました。
ただ、どうやら冷房が無いので(今なら窓側の手すりにありますよね)、ちょっと暑い・・・



先にも書いたけど、単調な景色が続くので、しばらくは駅で買った晩ごはんのパンを食べて、、、


ラジオを聞いてました。


ウォークマンで聞く現地のラジオ、もう興奮ものでしたね!
当時はネットのラジオなんてなかっあし、ましてパソコンもまだまだ世間に普及して無かったですから、現地でこうして聞くラジオがどんなにうれしかったか!!



そうこうはまってるうちに、、、


だんだん外が暗くなってきて、、、


でも、やっと夕方、って感じで、ようやく涼んできたので、窓を開けて外を見るようにしました。。。



あぁ、、、その風景、一枚でもいいから撮っておけばよかった・・・

デジカメじゃなかったからフィルム貴重だったんで、なかなかあれこれ撮ろうとは思えませんでしたもんね。。。



さて、パリから走り続けること約3時間、、、





最初の停車駅、ナンシーに到着。

隣にはローカル線の気動車が停車してました。
パリでは見ることの無い、このディーゼルカー。
これも今は新型に変わってるでしょうね・・・



そして、22時ころストラスブールに到着。

ここで、後方に連結されてた座席車&ビュッフェが切り離されて、、、


さらに機関車もドイツのに替わりました。(、、、のはず)



今なら絶対デジカメ抱えて、機関車交換、客車解結の作業を撮ってるでしょう・・・(笑)
でも当時はおとなしく車内で待ってました。
事情が分からなかったんで・・・
ウチらしくないですね~(苦笑)



そしてストラスブールを出発すると、、、

さらに暗くなり、、、

ライン川を渡り、、、




国境駅「Kehl」に到着。


当時は実際に国境審査があったので、ここでパスポートチェックがありました。
初めての夜行列車での査証審査だったので、やはりドキドキ・・・



でも、しっかりと駅の風景、撮っておきましたよ!



そして出発・・・



外は真っ暗、、、



でも、天気が急に悪くなり、激しい雷雨が!
暗闇の車窓が突然雷で明るくなるのは、なんとも不気味で、かなりドキドキものでしたよ!

でもでも、そんな風景も、今となっては、夜行列車の旅によりインパクトを与えてくれたような気がします。


やがて、、、




夜11時ころ、カールスルーヘ中央駅に到着。
このあたりまで来るともう夜遅くなって、ホームの人も少なく、大きな駅といえどもひっそりしてました。
隣に停まってたIR(地域間急行)の車両の塗装も懐かしいですね・・・


このあたりから「夜行列車」という空気が段々あたりを支配してきましたね・・・
何とも形容しがたい、いい雰囲気でしたよ。。。



この後も頑張って起きてて、、、


真夜中にシュトゥットガルト中央駅を出発してから寝ました。。。
パリから6時間、さすがに長かったですね。
疲れてたけど、ベッドで聞く「ガタンゴトン」の音が、なんとも非日常で興奮したけど(笑)、、、

しばらくしたら夢の中へと。。。




次回はその続きを載せます。
お楽しみに!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

大糸線の旅はこれでお開き!@松本駅

2010年07月25日 23時46分52秒 | 2010・2月・リヴェンジ大糸線&More!
2010年2月10日 お昼ころ
大糸線 南小谷~松本



南小谷からどんどん南下してきた電車は、、、




湖のそばを通り、、、




何度もカーブしてるうちに、、、




段々、ひらけた所にでてきました。。。




線路沿いの雪も少なくなり、、、

山も段々線路から離れてきて、、、



信濃大町駅に到着。


ここまで来るともう雪がほぼないので、「これで見るべきもがない」と決め、「ちゃんとした席」(笑)に移動し、、、






しばらくお昼寝・・・







目覚めたら、、、







終点が近かった!(汗)



そして午後2時過ぎ、、、




終点、松本駅に到着。



新型の電車でも気動車でも、変わらぬ美しい風景を見に、また乗りに行きたい、そんな大糸線の旅がこれで終わりました!^^




さて、ここで高尾行きの電車に乗り換えたんですが、、、




となると、もう終わり???




いやいや、この先、さらにもうひとつ、行きたいところがあったんです!





それはどこか?!




ヒント・・・





「鉄」とは無縁です!(爆)





その場所とは、、、





それは次回のお楽しみに!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついに、あの”伝説のヨーロッパの夜行列車”の乗車体験のお話、始めます!

2010年07月24日 01時32分39秒 | ⑧海外旅行の予復習!
やっと、”あの列車の特集”、載せます!







そうです、以前、ちょろっとお話した、あの”伝説の夜行列車”です!!







昨年12月に消えた、名列車、、、






そう、夜行列車”Orient Express”号。






もちろんあの”豪華列車”とは違います・・・(←ここ大事!)




定期列車(ユーロナイト)として、寝台車、クシェット、そして座席車を連結した、他の夜行列車となんら変わりもしない、”名前だけ”オリエントエクスプレス。。。(苦笑)




ウチが旅行会社で予約しようとしたら、そこの店員さんに”これ、豪華列車のですか???”と言われたほど、その存在を知られてなかった。。。(涙)




でも、ウチらは知ってる!




その”普通の夜行列車”もやはり”すごい列車”だった、ってことを!





その列車の”まだ輝いてた時代”に乗れたことが、今はすごく自慢ですっ!




そんな時代、1996年夏、、、



海外旅行を始めて数年、ちょうどハンガリーに興味が湧いてたので、「ならばぜひこれに乗ってみたい!」と思ったのが、乗れる機会でもあったわけです!




フランスのパリからハンガリーのブダペストまで。
1600キロを16時間。(およそ)
今なら飛行機で数時間で行けちゃう距離だけど、当時はそういう列車が西欧でもかなりありました。




はい、前置きが長すぎましたね・・・(苦笑)



では、その「オリエントエクスプレス(D-Zug時代!) 1996年夏」の画像をご覧いただきたいと思います!
(すみません、当時はデジカメなんぞ持ってなかったんで、コンパクトカメラで撮った、数少ない&画質悪の画像で勘弁してくださいませ・・・)







パリ東駅・午後5時過ぎ

中・長距離列車ホーム(Grandes Lieges)から「17:48」発、ウィーン、ブダペスト行きの夜行列車「#263」の表示が出発ボードに乗ってます。




見づらくて恐縮ですが、途中停車駅の表示が、、、

Strasbourg
Baden-Baden
Pforzheim
Wien

となってました。。。
渋い選択ですね・・・(笑)





乗り場は5番線。
当時はパリでもいろんな行き先の街名がありました。
これも貴重ですね。。。


てか、最近のウチのブログには珍しい「フランスの駅の風景」です・・・(笑)




これが途中のウィーンまで連結される寝台車。
ウチはこれでとりあえずウィーンまで乗りました。




そしてこれがクシェット。(簡易寝台車)
この車両はフランス国鉄のもので、終点ブダペストまで行きました。
当時はハンガリーでもSNCFの車両が見れたんですよ!


ちなみにパリからの編成は、、、(記憶の限りですが・・・)

座席車&クシェット、計5両が終点ブダペスト東駅行き。
寝台車&クシェット、計3両がウィーン西駅行き。
そして、座席車&ビユッフェ車、計5両がストラスブール行き。

計13両編成でパリを出発しました!



暑い夏の日、乗り込んだら、まだ空調が効いてなく車内も通路も暑くて大変でした・・・


でも、「これから”寝台列車”で”ブダペストへ行ける”」と思うと、もうドキドキしてしょうがなかったことを、今でも鮮明に覚えてます!


そんな、夜行列車、オリエントエクスプレス号、、、



17:48、パリ東駅をゆっくりと出発しました。。。




もちろん、次回はその続きを載せます。
お楽しみに!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

暑中お見舞い申し上げます!

2010年07月23日 16時10分41秒 | 2010・2月・リヴェンジ大糸線&More!
・・・暑いですよねぇ~~~~~~


ってわけじゃないですが、未だに終わらぬこの旅行記の画像を”ちゃっかり”利用して、、、



涼める写真なんぞを、、、



あっ、「なんだっ、旅行記の続きじゃんっ!」ってクレームはつけないでくださいね・・・(苦笑)





姫川が段々小川になってきて、、、





登りばかりの線路はここで白馬を過ぎたあたりで、この路線の最高地に。






ここからは再び坂やカーブ、さらにはトンネルで下ります・・・


ここからはビデオの動画からのコマ画像で、、、












こうして段々南下、、、つまり、この旅行の雪景色はあと少しです。。。

今のうちに涼んでくださいませ~^^


画像・2010年 2月10日 お昼ころ
大糸線 南小谷~松本
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オキニの席に座り、南小谷から松本へ!

2010年07月22日 00時42分31秒 | 2010・2月・リヴェンジ大糸線&More!
2010年2月10日 お昼ころ
大糸線 南小谷~松本


キハ52との涙のお別れ(?!)をした後は、、、


さっさと松本行きの電車に乗り込みました。



さほど混んでない2両編成の電車でしたが、、、



ウチは最初からここに陣取ることに決めてました!




ここがウチの指定席!(笑)
(補・各駅停車なんで、”全席自由席”です! 笑)



おめあては、、、



後方展望!!!


ワンマン運転だから、後方の運転台じゃないエリアは入れるんですよ!
やっぱこれしかないでしょう!




南小谷駅を出発して、、、




きついS字カーブを曲がり、、、


姫川に沿ってまた坂を上り、、、




橋を渡り、、、




最初の駅、千国に到着。



このあたりも結構険しいんだけど、さっきの気動車と違い、やはり電車、動きがスムーズだなぁ、、、って感じちゃいました・・・


そんな感じで、昨日とは逆に、これからどんどん南下していきます・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京急小島新田駅近くの貨物駅で・・・・・

2010年07月19日 12時40分45秒 | ⑨国内をあちこち・・・
やはり先月末の京浜急行1000系最終運転日と同じ日に仕込んだネタ、第二弾!(笑)



小島新田駅はずばり京浜工業地帯のど真ん中にありますが、、、




ここにも近い駅でもあります。。。





貨物線の駅。




「川崎貨物ターミナル」又は「塩浜貨物駅」といえば、マニアの人には分かるかな??





地下にもぐる線路は、この先、多摩川、さらには羽田空港の横をトンネルでくぐって、東京貨物ターミナルへと続きます。。。




防護用の網がかけられてたので、うまく画像がとれなかったのですが、広大なヤードを上から眺めるのは気持ちがいいモンですね・・・^^




そんな貨物駅を見てると、遠くから、、、





なんと貨物列車が来ました!




しかも、、、




ディーゼル機関車&タンク車!!!





おお~~~~~~~~~~っ、かっこええわぁ~~~~~~~~~~~~~っ!!!^^





入れ替え中のようで、ゆっくりと、ゆっくりと走り、、、




その堂々とした編成を、じっくり眺める事ができました・・・




こんな都会の、工業地帯のど真ん中なのに、、、




なんかのんびりとした空間でしたね・・・
すっごくよかったです。。。^^




この日は京浜急行を最優先してたんで、10分程度で引き上げましたが、次回はのんびり過ごしてみたいですね、、、せめて1時間くらいは。。。(笑)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨と真夏の境目・・・・・

2010年07月17日 02時17分31秒 | ⑯suzukkyの思うこと・・・
今日の夕方、東横線に乗ってたら、、、


こんな空を見ました・・・




まるで、「梅雨と真夏の境目」を見てるようですね。。。
この日は通り過ぎちゃいましたが、時間があったら多摩川でゆっくり見たかったですね・・・


これから本格的な夏です!
みなさん、体調には充分気をつけましょうね!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨーロッパの列車から、夏の風景を・・・

2010年07月16日 06時42分37秒 | ⑯suzukkyの思うこと・・・
今年もあいにく夏にヨーロッパへは行けませんが、、、(悲)



ウチはこれらの「夏の風景」になぐさめてもらいます・・・




オーストリア、センメリング峠
(真ん中あたりに見える2つのアーチ橋が、ウィーン~グラーツの路線です!)




フランス・マルセイユ サン シャルル駅





オーストリア・ノイジードラー湖



横浜もこのような空が広がってきました。
もうすぐ梅雨明けのようですよっ!!^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この旅行、”定期列車キハ52の”最後の瞬間を・・・

2010年07月14日 22時43分51秒 | 2010・2月・リヴェンジ大糸線&More!
2010年2月10日 午前11時半ころ
大糸線 南小谷駅


南小谷での乗り換えの間に、、、



ついにこの時間が来てしまいました・・・





















キハ52はいつものように糸魚川へ・・・


でも、ウチにとっては”定期運転での最後のキハ52”の雄姿。。。



いつもより大事に、そして魂こめて(笑)ビデオを撮りました。。。
手が震えそうだったけど、ちゃんと撮れててよかった。。。^^




本当にありがとう、キハ52!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

以前話してた「この列車」の画像、見つけましたっ!

2010年07月09日 00時31分25秒 | ⑰Suzukkyは見た!
この前、「TEE(かつての「ヨーロッパ国際特急列車」)」と「その機関車、ドイツ国鉄の103系」のお話をしましたが、、、






なんと、今日、その画像、見つけましたっ!




たまたまブログの画像の整理をしてたところ、、、




以前アップロードしてたこの画像がまだ残ってて!




じゃ~~~~~んっ、これですっ!






どや、すごいやろっ!(爆)
(デジカメじゃないので画質は勘弁してなぁ~ 苦笑)




てか、原色ですよっ!

後ろの客車、1両は塗り替えられてたけど、もう一両はTEEのときのまま。




やっぱり貫禄ありますね、この姿は!!




ちなみにこの画像は、ケルン中央駅で撮影しました。
(確か94年夏)
マインツからケルンまで画像右のスイス国鉄の客車のユーロシティ”レンブラント”号に乗ってたんですが、、、


駅に着いたら、たまたま隣にこれが停まってたんで一枚撮ったんです!
(これはハンブルク行きのICだったかな?!)



そのころは”海外鉄”始めたばかりだし、デジカメじゃなかったんで、今ほど撮らなかったんですが、、、




撮っておいてよかった~っ!!!
貴重な画像ですからねっ!!!




あっ、左側に停まってる列車は、おそらくパリ発モスクワ行きの”Ost-West Express”でしょう。。。
たしかロシア語とか「Moscow」とかを見た記憶があるんで・・・


↑「だったら撮っておけよっ!」って感じですね。。。
これはちょっと後悔してます・・・
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「羽田空港へのアクセス By 京浜急行」も便利になってます!

2010年07月07日 23時29分19秒 | ⑧海外旅行の予復習!
先週の「京浜急行1000系ラストラン」と一緒に仕込んだネタです。。。(笑)




羽田空港第4滑走路の使用開始に合わせて、この秋から羽田発の国際便が大増発されるのは、みなさんもうご存知だと思いますが、、、




その前に、京浜急行が羽田空港へのアクセスをさらに強化しました。
(京浜急行のオフィシャルサイトはこちら!)




その中のひとつがこれ!






エアポート急行」




「新逗子~横浜~羽田空港」を直接結ぶ”急行列車”がデビューしたんです!




もともと品川方面への快速特急と途中川崎まで併結してたのがあったんですが、急行になったんで停車駅が多くなったから、いろんな駅から直接羽田空港へ行けるようになって便利になったんじゃないでしょうか?!



その中に、、、




なんと、「仲木戸駅」もあって、超驚き!!!





・・・・・すみません、超ローカルネタで。。。(汗)




てか、この駅、通学してたときによく使ってた駅で、当時は各駅停車しか停まらない地味な駅だったんです。。。




それが急行電車が停まるようになって、、、





出世したんだね、仲木戸駅は・・・





お、お兄ちゃん、うれしいよ。。。。。(感涙)






それはともかく、、、(笑)




羽田空港のアクセスは、京急蒲田駅の大改造の進捗により、横浜方面だけでなく、品川、都心、さらに成田空港方面への利用も便利になってるようです!



目玉は、、、



「エアポート特快」、なんと羽田空港~品川ノンストップ!



そして、、、



「羽田空港~成田空港」直行電車増発&所要時間短縮!

(成田空港へのアクセス情報はこちらの京成電鉄のサイトも便利です!)



ここに来て、空港アクセスの変化がめまぐるしいですね!
利用者にとって便利であることはいいことなんで、こうした情報は目が離せないです!


てか、羽田空港なら横浜から30分もあれば着くんで超便利。。。
ヨーロッパへはパリ、ロンドンへ夜行便が就航される予定なんで、今からすごく楽しみです!!!^^
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最後の大糸線キハ52乗車!

2010年07月06日 22時11分04秒 | 2010・2月・リヴェンジ大糸線&More!
2010年2月10日 10時半ころ
大糸線 糸魚川駅


いろんな思いを抱きながら、赤いキハ52に乗って糸魚川駅を出発しました。。。



さようなら、青と国鉄色のキハ52。
さようなら、赤レンガ車庫。



窓から小さく手を振って糸魚川駅と別れ、、、



列車は左へカーブして山へ向けて走っていきます。。。



ただ、ここからは、、、一気に南小谷まで載せちゃいます。



もう何度も載せてるし、、、



もう今は7月だし!(汗)




いい加減に先に進めないと!!!
まだまだ感傷にひたりたい気もするけど、心を鬼にして!








でも、沿線の雪景色をいくつか載せますね!
夏に見ると涼しいでしょう~?!(笑)




あと車内も。
まだこのころはのんびりしてました・・・








橋を渡ったりトンネルに入ったり、、、いつ乗っても見ごたえ抜群ですねっ!^^




てか、夏の大糸線の風景も見てみたい気もします。。。
気動車は変わっちゃったけど、景色はそのまま。
緑豊かな沿線の眺めが期待できるんでしょうね~



うなりながら登り続けて約1時間、、、




雪深いところを通りながら、、、




再び架線のある線路に入り、、、






終点南小谷駅に到着、、、



おおおぉ~~~っ、カメラ持ってる人がいっぱいっ!(笑)




こうして”最後の”キハ52の乗車を楽しむことができました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加