私の歴史シリーズ

北国に生息する
アホ女の波乱万丈なブログです…
(´-ω-`)

私の歴史57

2017-05-10 04:26:49 | 日記
本当に愛されているのか…

今朝、彼氏に聞いた…
他に女が、いるの?
…ずっとずっと不安だった。

あの街とか…
あの街に…
連絡くれないし…
電話しても出ない…。

すると彼氏は言った…
あの街にいる訳ないべや
何であの街なのよ?

通り道だから…
普通に返す。

いつも◯◯と電話してるんだ
あの人と話してると長くて。
電話して見ろ?長いから(笑)
話してる内に、圏外になるんだよ。

明るく話す彼がいる。
それを聞いて、少し安心した。

彼は今の仕事に対して不満だらけ…
やりたくないんだから、仕方ないべや。
まるで子供の様にもみえる。

転職すら本気で考えているようだ。
バイトしに行かなきゃな
そんな言葉も口にした。

素の彼だった…
何でそんなにアッサリしてるんだろう。
下請けの運送屋から声が掛かっているとも言う。

月にこれくらいの給料貰ってるみたいだよ…と。

でも、そこの運送屋…
私が以前、友達から聞いた話だと
知り合いが働いていて
給料が遅れたりもしていると聞いていた。
それどころか、賃金関係にも少し難がある会社と聞いている。

ねぇ…そこ…
あんまりいい話聞かないよ?
給料遅れたりしてるとかって聞いた事があるんだけど…

またぁ〜
俺、それは聞いた事が無いなぁ。
かなり儲かってるって話だし
仕事もあるっていうんだよな。
やってみないか?って言われてるんだよ。

もう彼の耳には私の声は届いていないみたいで…楽しそうに話す彼の言葉にただうなづくだけだった。

そして、私は知り合いに確認すると
オススメは絶対しないと言われ…
仕事の内容も、賃金関係もいい話は一切聞かないと言われ、そんなに稼げる会社でも無いと言われた。

目を覚ますんだぁ!彼氏…



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の歴史56 | トップ | 私の歴史58 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。