私の歴史シリーズ

北国に生息する
アホ女の波乱万丈なブログです…
(´-ω-`)

私の歴史143

2018-01-11 01:58:23 | 日記
彼氏との日常を日記を見返していた
不意に涙がこみ上げる

懐かしさではない
寂しさでもない
悲しさだった

彼氏がいるから
私が存在すると思っていた
その彼氏からの数々の暴言
それでも耐えていた私…

プライドも何もない
依存したままで
彼について来た…

距離を置いて
自分の時間を過ごす様になって
少しずつ、違和感を感じて
自分を、取り戻した時
彼に対しての感謝を改めて感じた

私は彼氏がいてくれたから
今までの自分が存在していた事
彼氏がいてくれたから
私はセーブが、効いていた

彼氏から離れた時
私は手当たり次第で
自分を見失いそうになっていた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の歴史142

2018-01-11 01:04:15 | 日記
あの人の愛情を受けながら
私は今を生きている

彼氏からの電話…
あの頃の2人にはもう戻れない
素っ気ない自分に気付いていない訳じゃない…

あれだけの愛情を与え
あれだけの寂しさを感じ
あれだけのヤキモチさえ焼いて
9年間側に居て
彼だけを見て来た。

歯車が狂い始めて
私の人格さえ変えた
失ってから気づく事は沢山あったと思う

でも、冷めてしまった気持ちが
元に戻る事はもう無いんだと感じた。

彼から与えられた愛情
それは彼なりの愛情だと思うけど
あの人の気遣いと、愛情にはもう勝てないんじゃないかな…

健康に気を付けて
お仕事頑張ってねって
今の私に言える精一杯のコトバだった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の歴史141

2018-01-06 18:02:50 | 日記
今、あの人の部屋にいる
仕事が、終わるまでのお留守番

初めてのお留守番…
今まで、合鍵を渡されても
ずっと拒んで来た…

あの人の部屋に1人がイヤだったから。

彼氏からの電話…
今の私には苦痛だった。
私と彼氏…
多分もう終わってるんだって気付く

あの人に出会ってから
あの人が、語る仕事に対しての姿勢が私には凄く惹かれるものがあった。

彼氏は愚痴ばかり…
そこに嫌気がさしていた。

もう…終わった関係。
私に出来る事は
彼氏を遠くから支えていく事…
それが唯一、今の私が出来る恩返しだと思う。

そして、私はあの人とも本当は離れなきゃ行けない事も分かってる…

今の私には
自分1人で考える時間が必要だった…

あの人の部屋で
彼の夢を見る…
彼には言われていた
あの人と一定の距離をおいたほうがいいと。

私とあの人との立場の関係
私は既婚…
あの人は独身
あの人の将来を考えると
私は本当は側にいちゃいけない…

それは初めから分かっていた。
彼と会った時、彼はあの人に対して罪悪感が無い訳じゃ無いと言っていた。
それは私も一緒だった


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の歴史140

2018-01-05 03:00:12 | 日記
1月1日彼からメールが来た
憧れのあの人の相方
電話番号を手渡してから
数日が経った時だった。

職場では逢っている彼
でも、プライベートだとまた違う。

秘密が増えていた…
彼氏からの裏切り…
彼氏の怪我
彼氏の部署変更
あの人との再会
あの人との密会
茶髪との出会い
茶髪との密会
彼との出会い
彼との密会…
全ては彼氏とのもつれから始まった。

一台のトラック…
彼のトラックにあの人が乗って
あの人のトラックに私が乗る
彼のトラックに私が乗って
私が乗ったトラックにあの人が乗る。

罪悪感が無い訳じゃ無い…

今の私はまるで彼氏と
彼氏の会社の人と付き合っていた頃と同じ事をしている…

彼氏を責めていたけど
結局、私も私だったんだね…



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の歴史139

2017-12-29 22:29:07 | 日記
ずっと悩んだ…
そして、勇気を振り絞って
電話番号を手渡した…

あの人には内緒にして下さい
そうなの?!
彼はそう言って手紙を胸ポケットにしまう。

コーヒーを手渡し
相談したい事があるんです
私はそう言い残してその場を去る。

夜、電話番号と
ショートメールをくれた。

今はヤッパリLINEなのか…

それ以前に、何してんだろ…私。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加