「ゆわさる別室 」の別室

日々BGMな音楽付き見聞録(現在たれぱんだとキイロイトリ暴走中)~sulphurous monkeys~

20170505つづき

2017-05-05 | 矮小布団圧縮袋

〇というわけで5月5日はKinKi Kidsの中の人anniversaryで祝着なtweet群を見る。イベント予定は横浜スタジアムですか。まさに大雷雨のリベンジを思い出す凄さ。10年前の一日だけのが超カオスだったし、今回もVolumeといいレベルといい格的に同時ライビュもお願いしたい心地である。
 明日からもう仕事なので(今年は連休が短い気がする)、今日は夕方買物をする以外は、家で少し休む。今報ステの國分功一郎先生から草間彌生先生を見ていた。

 再び昨日の、鞆の浦のお散歩ロケにて、キイロイトリがお送りします。
 港の船着き場の階段みたいなところは雁木(がんぎ)と言う。(新潟の方で雁木というと、アーケードみたいな雪よけの屋根の、雁木造の方が一般的なイメージだったから、こういうのは初めて見て、勉強になる)

      
 確かにロケーションはあちこちかっこいい。
 万葉集にも出てくる古い歴史的な町並みが残っていて、かつ自然の地形も風光明媚な景勝で、宮崎監督の「崖の上のポニョ」の舞台のモデルだとか、ドラマ「流星ワゴン」とか、映画の「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」「ウルヴァリン SAMURAI」のロケ地だとかで、またもや香川さんやら玉木さんやらヒュージャックマンさんやらの看板が所々にあったりするのも不思議だ。(このあたりはあまり詳しくないので後で探して見よう)
 自分が覚えているのは最近だと「軍師官兵衛」の足利義昭公(吹越満さん)の登場時に、港みたいなのが映ってたのが、ここなんだろうな。どういう場所なのか一度来て見たかったのである。(※転職で九州というか西日本に移住してから初めて知った地名の一つだし、もし東日本にずっと住んでいたら、絶対知らない地名だったんじゃないかとすら思う。すなわち、ここもまた「紛れもなく日本」であって、「自分が生まれてから今まで一度も知らなかった、日本」の一つなのだ)

   
 …何か毎年、連休の中日に一日だけぽっと日帰りで脱出するとこの手のレトロなところ、かつ(知ってる人は知ってるが)人出はほどほどな場所に、ひょっこり行ってるような気がする。臼杵しかり八女福島しかり。
 
   
 いろは丸事件の「龍馬談判跡」旧魚屋萬蔵宅(お舟宿いろは)が混んでたので、向かいのあずみ野さんでコーヒー休憩にする。「オヒルヲ タベワスレテタノデ オヤツヲ」  

 BGM:Follow Me / MUSE (「The 2nd Law」)
 朝の「昆虫すごいぜ!」のモンシロチョウの顕微鏡拡大写真のBGM。音楽がいちいち遊んでるw(20170505)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20170505 | トップ | 20170506 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。