楽しい日々

ホームページを作ることが 与えてくれた楽しみや 主婦の日々の思わぬ出来事を 聞いて聞いて!  

お弁当

2016-10-15 23:13:54 | 調理
お弁当と味噌汁が日課のこの頃
要領よくできないものかと 模索中です。

ます ちいさな鍋で湯を沸かし 一方にじゃがいも 人参を1㎝角切りをいれ
一方に 洗ったホウレン草を入れそれぞれで茹でます。
ホウレン草の茹で汁は 雑巾ブキのため掃除用にバケツに入れます。
ジャガイモと人参は とりだして 茹で汁は いんげんを茹でるのに使います。

さらに いんげんを取り出して 残りの茹で汁に水を差し 出汁をとります。
その出汁の少量は 別鍋で袋を開いた揚げを煮 みりんと醤油で味付けします。
この味付きの揚げで ホウレン草を巻き楊子でとめて 再度汁に浸します。
残りは 味噌 とうふ 刻みネギを入れ 味噌汁にします。

その間に さわらをグリルで 梅醤油焼きにします。
取り出したジャガイモを ホウレン草を茹でた鍋が熱いうちに コフキ状態にします。
胡瓜を刻んで塩もみし ドレッシングをまぜあわせてサラダにします。
サトイモは 皮をむき ホウレン草を味付けした煮汁を さらに濃い味にして
で煮ます。煮きるまで煮て 夜の食卓にも使います。
いんげんは胡麻和えに
あとは なめたけ人参空心菜をいためて少量のみりん醤油で味付けしました。

なかなか30分がきれません。
でも 鍋を洗う時間が減り 洗いものが減ってきました。
味噌汁も 茹で汁使いで おいしさアップです。
ただし あわなくて失敗することもあるんですがね。

できた料理のお弁当に入らない分を 古いアルミの弁当箱に入れることにしました。
早く冷めるので 出発前に冷めた状態で冷蔵庫に入れることができます。

家事もこうして書いてみると 段取りが改善できたり
 作業の効率をあげる順序を思いついたりとか 役立ちそうです。

『お弁当』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あきの夕暮れ | トップ | 二匹のいたち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。