じいじのひとりごと

一人暮らし、ラブラドールのラヴが残り人生を伴走してくれます。

自然の猛威

2017年07月06日 | 日々のこと
夜間にかけての豪雨災害、恐らく酷いことになっているのだろう・・・
朝を迎えその惨状を目にして驚愕した。
地震も怖いが、ジワジワと、というよりも一気に押し寄せる水攻めに
一夜を過ごした人たちはどんなにか不安な夜であったろうは想像に難くない。
二階に避難できたはまだ良かったが、平屋の人もいただろうに・・・


それにしても目にするのは磨き丸太のような膨大な木材の凄さである。
まるで上流に木材置き場か製材所でもあるかのように・・・

災害の少ないことが自慢?の当地ですが、
思えば平成16年には相次ぐ台風に見舞われて、死者数人を出す大雨被害に見舞われた。
あの時も数十年に一度、、前の川が濁流で溢れ、大木が盛り上がる様に流れていた。
自宅は無キズでしたが、溢流した濁水で広い範囲が床上浸水した。
水が引いた後の川底に1,2mの大石や 大木がゴロゴロ、
ダム湖や海面が膨大な木材で覆われていたのに驚いたものでした。

土砂崩れと言うより、山林崩落ですね。
植林された美林が各所で雪崩のように滑り落ちていて、大量の土砂とともに
流れ下る、、、その間に枝も表皮もきれいに剥離されて、白い磨き丸太になる。

「記録的な豪雨」と言われるけれど、それは気象観測し始めてからの事、
峡谷、河岸段丘、扇状地、何十年、何百年、幾度となく豪雨に見舞われてきた。
先日聴講した縄文時代の話、彼らは必ず水害のない高台に住んでいた。
自然林は今のような柔な植林土壌ではなくて、保水力も十分あったのだろう。
現代は治水工事、人工で固められた谷沿いに住むようになった。
如何に安全と思われても、自然の猛威にはひとたまりもないことを見せつけられる。

朝倉市は少し馴染のある町、以前は町でしたね。
私の生まれ故郷は同名の朝倉という地名でしたから、
博多への行き帰りによく立ち寄ったところです。
三連水車や秋月城跡は無事だったでしょうか・・・・・

盛りの合歓の花


普段は静かな川ですが


毎朝立ち寄る氏神様


ラヴ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天災とはいえ | トップ | 免許更新 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はる)
2017-07-07 05:18:23
まだ雨が降り続いているし、全容が分からないって聞きました。
毎年、各地で豪雨による被害が出ていますね。
アタクシも東海豪雨は経験しましたが、まず土砂崩れがないのです。
それだけでも全然違いますね。
ottchさんのところも、あの静かな川が溢れてしまったことがあるのですか・・・。
でもこればっかりは、防ぎようがないのが・・・
余計怖い(苦笑
Unknown (ジョナサン)
2017-07-07 09:35:59
朝倉の豪雨は想像を遥かに超えた事態でした…
時々買い物に出かけた街は様子が一変しています
果物が豊富で美味しいところですがこれだけの被害では再建にも長い時がかかるでしょう
突然 家族を失った喪失感や家を失い途方にくれる人たちの思いは計り知れません…
1日も早い復旧を祈りたいです
雨はまだ降り続いています 今朝は北九州で川の氾濫により避難も…
県内の殆どが大雨洪水注意報が発令されている状況です
早く雨が止んでほしいです
Unknown (sachi)
2017-07-07 11:11:04
朝倉市と大分市に姪がいるので、テレビと
グーグルマップで確認しながら
心配してましたが、幸いに大きな被害は
無かったようでした。
朝倉市の姪は連れ合いが消防団員でかり出され
不安だったろうと…

自然災害は怖いです。
自然の恵みが無いと生きてはいけないのだけど。 (Hじじ)
2017-07-07 16:59:39
福岡・大分の水害は凄まじいです。被害を受けた方々には言葉のかけようもありません。
文字では書き表せないほどの出来事です。津波の被害もひどかった。自然災害の恐ろしさをまざまざと教えてくれました。が、どうすれば被害を最小限にできるのだろうか。
Unknown (ottch)
2017-07-07 21:44:55
はるさん、
九州は地震に豪雨、色々と続いて大変ですね。
恐らくは、地震や火災よりも、
豪雨、洪水の片付の方が大変だと思いますね。

そちらでは木曽三川の洪水の教訓から、治水対策が万全なのでしょう。
洪水が造りだした濃尾平野のど真ん中ですね。
Unknown (ottch)
2017-07-07 21:45:54
ジョナサンさん、
ニュース映像では被害の酷い地区だけが流されるのですが、
今回はそれが実際に広範囲に及んでいるようですね。
あれだけの豪雨になれば、逃れようがありません。
お住まいの地域が被害の無かったことが何よりでした。
三連水車も水没したらしいですね。
Unknown (ottch)
2017-07-07 21:47:48
sachiさん、
よく勘違いするのですが、
甚大な部分だけが繰り返し放映されているので、
市内全域が水没したように見えますが、
実際は被害の無い地域が大部分なのだと思います。
それでも多くの人達が永年積み上げてきたものを根底から失った・・・・
いつ何時、自分に降りかかるか知れない恐ろしさですね。
災害大国日本・・・
Unknown (ottch)
2017-07-07 21:52:53
Hじじさん、
命は助かっても被害を被ったあの惨状をみると、
復旧には気が遠くなることでしょう。
恐らくは地震や火災よりも、、、大変なこと、
土砂、廃棄物の処理をはじめ、元に戻すには何年もかかるのでしょう。
人が営々と築いてきたインフラも自然の猛威にはひとたまりもないですね。

コメントを投稿

日々のこと」カテゴリの最新記事