じいじのひとりごと

一人暮らし、ラブラドールのラヴが残り人生を伴走してくれます。

男の料理教室

2017年05月17日 | 日々のこと
今日が初日、爺さん25人
献立は「ピースご飯」「アスパラの豚肉巻き」「新じゃがのきんぴら」「アサリの味噌汁」
それに「いちごミルク」です。
最初に一通り調理法の実演のあと、
5人グループで賑やかに、それでも協力して出来上がりました。
女性お二人の先生は本当に懇切丁寧に手取り足取り指導してくれます。

やっぱり美味しいですね。
タクショクと出来合い惣菜で過ごしている私にとっては新鮮でした。
是非今度の週末には復習して作ってみたい。





タイサンボクの花蕾が綿帽子を脱ぐところ



銅山記念館の皐月が咲き始めました。
満開になるとピンク一色になります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節の白い花 続き | トップ | 岡山参り »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はる)
2017-05-18 05:18:28
美味しそうですね。
それにしてもデザートまでとはすごい!
週末ごはんのレパートリーが増えますね。
アスパラの代わりに、ピーマンの細切りや
しし唐なんかを巻くのも美味しいですよ。
アサリの味噌汁は美味しいですね。
なんか食べたくなってきた(笑
ottchさんのほうの味噌はミックスでしたっけ?
赤味噌しか食べないアタクシが見ると、赤以外は白味噌に見えます(笑
いいですね、料理教室 (Hじじ)
2017-05-18 07:31:45
自分だけで作った料理とは違い、先生の指導の下、大勢の仲間との共同作業での料理はたのしいですね。自分たちで作ったものは、多少のことはあっても美味しく食べられます。数年前に市で開催した高齢者料理教室に参加した時を思い出しました。ジャガイモのきんぴらが大きめのもとと小さめの物が混じっているのは微笑ましく感じました。自分だけでもう一回作るということは、料理教室でやったことが身に付くと思います。私はそれが無く進歩がないと反省しています。
私も 良いと思います (ちわ)
2017-05-18 14:17:15
ご訪問ありがとうございました。

料理って義務でやるとホントにつまらないですけど 趣味として作ると楽しいです。(私の場合です^^;)
ネットで料理法を見ては ”へぇ~ こんな食べ方あったんだ”と思ったり。
アサリのお味噌汁 それだけで美味しいお出汁が出るから大好きです。
クロちゃん また会えるといいですね。きっと元気でいてくれそう、そう思います。
Unknown (ジョナサン)
2017-05-18 16:39:24
男の料理の受講 楽しく美味しくで正解でしたね (笑
優しい先生の指導のもと自分で作る料理は格別ですね
今後もレパートリーが増え 皆さんと「食べる」 時間が持てるのもいいですね
今が旬のアサリの味噌汁とピースごはん 美味しかったでしょう 🤤

タイサンボクの綿帽子 ot t c h さんの写真で観察できます ありがとうございます
一面ピンクの皐月が咲くと見事でしょうね
男の料理 (テイタイムryo)
2017-05-18 17:04:10
何処の地でも「男の料理」というのはあるようですね。
我が夫も男の料理教室に月に一回行っています。
もう5~6年になるでしょうか!

料理の味付けは妻より上手いくらいですが
やはりボケないために人との接触がある方がよいと
今年も続けています。

一年に一度教室の人達との親睦旅行があり
それ以外に仲間数人と一泊旅行に出かけたり~
自宅にこもることがボケの早道になると頑張っています。
Unknown (ひろ)
2017-05-18 19:29:01
そうそう。
料理って、前頭葉を使うからか、ボケ防止になるのですって。
だから現役主婦の女性たちは元気なのでしょうねぇ。
そしてottchさんは、現役主夫だから、大丈夫!
食事って大事ですね。
美味しいものを皆で「美味しいね」と食べるとちゃんと栄養になるんですって。
医食同源とはよく言ったものだと感心しました。
私も呆けばあさんにならないよう気をつけましょ♪
Unknown (ottch)
2017-05-18 21:56:20
はるさん、
イチゴは安い時に小粒でいいから買い冷凍しておくのだって、、、
時々くっ付かないようにほぐすとか、色々なコツを教えてくれます。
そうですね、豚バラ巻きは色々応用してみます。
じゃが芋も肉じゃがしか使い道を知らなくてね。
合わせ味噌だと思います。
Unknown (ottch)
2017-05-18 21:57:26
Hじじさん、
新じゃがのきんぴらは、仰るように厚みも幅も不揃いで、茹で加減がどうも・・・
見た目は芋けんぴですね。
でもみんな一様に「美味しい美味しい」といいながら食べました。
本当に美味しかったのですよ。
先ずはアスパラの豚バラ巻きを作ってみたい。
Unknown (ottch)
2017-05-18 21:58:07
ちわさん、
私は今まで味付けは目分量でテキトーでしたが、調味料の混合割合が大事なのですね。
ピースご飯は、昆布、酒、塩など使う事なども知らなかったし(笑

自分の場合はやむなくが半分ですが、趣味として実益に生かしていきたいと思います。
アサリが美味しい季節ですね。日本産を使うようにと教わりました。
クロ、あの時以来姿を見せません。
Unknown (ottch)
2017-05-18 21:58:49
ジョナサンさん、
私の場合は趣味とまではいきませんが、実益が大きいですね。
先生も大変だと思います。
事前の買い出しと、分量分け、簡単な下ごしらえなど・・・
どれもとても美味しかったです。皆さん自画自賛

どちらも咲いたときの写真を逃さないように撮って載せますね。
Unknown (ottch)
2017-05-18 22:00:00
テイタイムryoさん、
旦那さんは もう5~6年も継続して続けられているとは、大したことです。
そうですね、作るだけなら家でも出来る。
仲間づくりとボケ防止と実益、一石何鳥なもなっているのでしょう。
Unknown (ottch)
2017-05-18 22:10:40
ひろさん、
私も、妻がいた頃はたまに凝った料理を作っていました。
ビーフストロガノフとかね、
ところが、週末の自作料理の義務化となると、
時間余裕はあるのに、やっつけの荒っぽい料理になっていることに気づきます。

前頭葉を使うのでボケ防止になる、
「美味しいね」と食べると栄養になる
医食同源、改めて意味を見直しました。
いいことを教えて頂きました、ありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む