じいじのひとりごと

一人暮らし、ラブラドールのラヴが残り人生を伴走してくれます。

エピソード-1

2017年11月14日 | 旅行記

日曜日、昼前に羽田空港に着いたら、到着ロビーに娘婿とyuuが迎えに来てくれていた。

yuuをハグして、3FLのテラスカフェで昼食にフォーを食べる。

お喋りしながら、30分もたったでしょうか、支払いをする段になってショルダーバックが無いことに気が付く。

財布をはじめ、クレジットカードなどカード類、帰りの航空チケット、ホテル予約チケット、免許証や車や玄関キーなど、命の次に大事な物を一切合切入れていた。

 

その時点まで全く気が付かなかったのですね、

どこかへ忘れてきていたことを・・・・・・

 

ANAのサービスカウンターへ駆け込み、娘婿がテキパキと説明してくれた。

機内ではないはず。私はしどろもどろ・・・しばらく思い出せないでいた。

 

そういえば、飛行機から降りて最初のトイレに入った。

混んでいたので個室トイレに入ったね・・・・座った背中側の棚に置いたと思う。

あそこしかない。

何番駐機場だったかも忘れたが一番端っこの70番台だったと思う。

松山からの到着便と説明して、担当のANA女性職員が各所に電話を入れてくれていた。

でもそうこうしているうちにかれこれ1時間近くも経っている。

これには焦りましたね、顔青ざめていたかも。

 

9割かた諦めていました。

それからも待つこと10-20分・・・・

一旦は「お時間を戴き、後ほど出てくればご連絡をいたしましょう」とまで。

 

そこへ連絡が入った。SILVER LAKE CLUBのバックですね、、、

置き忘れたトイレにそのままあったそうだ。

若い男性職員が駆けて持ってきてくれましたよ。

一応内容物を告げて確認した後バックは無事帰ってきました。

心底ホッとしました。

さすがに日本・・・天の助け、神様仏様ANA様ありがとうございます。

 

思うに街中のベンチなどであればこうはいかなかったでしょうね。

空港の降機連絡通路であったことが幸いしたのですね。

利用者が限られているし、良心ある人なら、もしも見かけたとしても届けるとか、

もちろん持ち去ることなど気が咎めるだろ。、

もしも見かけても触らない、関わりたくないと思うのでしょうね。

何にしろめでたい。

 

いやー、それ以外は楽しい充実した3日間でしたよ、疲れたけど・・・

後ほどぼちぼちと・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お休みします | トップ | 駆け足で・・ »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひろ)
2017-11-14 22:05:44
わお!
それはそれは、ショッキングでしたね。
日本だからこその、治安の良さですね。
てか、日本人の理性でしょうか。

私はエジプト旅行でやられました!
ピラミッドの見学などで、荷物検査があるのですが
人と手荷物が別々にチェックさせるのですね。
バッグが少し開いてると気になったのですが
エジプト紙幣が全部抜き取られていました。
日本円にして2万円くらいでしたが、現地の人にとっては
ものすごい金額だったと思います。

何事もなく戻ってきて本当に良かったですね♪
ottchさんだからこそ、神様が味方してくださったのでしょう。
って、私は無宗教ですが(爆

よかった、ヨカッタ (Hじじ)
2017-11-15 06:33:13
ポッと思い出した重大な忘れ物、慌てますね。本当に頭が真っ白というか、空っぽというか、思考力がゼロになるのでは。気付いた時のその驚愕度合いは容易に想像できます。でも、その時に冷静に判断できる人が傍に居たのはよかったです。一人で対処しようとすると支離滅裂になる可能性がありますから。
いずれにしても、無事見つかり戻ってきてよかったです。幸か不幸か、一生の思い出話ができました。それにしても、ANAの対応には感謝感激ですが、置き忘れた場所が出発地でなくよかったです。
忘れ物 (さすらいの、、、)
2017-11-15 08:29:40
加齢は有無を言わせず進んでいるのが侘しい。メガネをかけているのにメガネを探してトイレの中から冷蔵庫の中まで。
娘さん家族との逢瀬、傍目にも羨ましい。ご健康だからこそ出来ること、日頃の生活管理が行き届いていることが裏づけられます。楽しい日々だったこととうかがえられます。
Unknown (はる)
2017-11-15 09:08:39
ひゃーよかったですね!
うっかり置き忘れることなんか、よくあることです。
でも、心臓にかなりの負荷をかけたでしょう?
大丈夫ですか?(笑
Unknown (さゆうさん)
2017-11-15 09:33:46
おはようございます。
良かったですねー。一時は諦めましたか・・
私にも経験があります。
千歳の交際便でです。
その時の心境が解るだけに、良かったですねーと心から言いたかったです。
私の場合はすぐに解りました。
Unknown (ジョナサン)
2017-11-15 09:38:37
うわぁ〜 大変でしたね… そんな時は慌てて頭もパニクってて冷静な判断ができませんよね
ご家族がおられたのも良かった 一人では心もとなかったでしょう…
バッグがでてくるまでの時間のo t t c h さんの気持ち… 計り知れません
でもバッグが手元に戻ってきて本当に良かったです 数年後には笑い話になるでしょう
先日 孫も電車の中にカバンを忘れる事件? が カバンだけが終点まで行って折り返して見つかりました (笑

その後の数日間は楽しい時を過ごされたのでしょう🎵
報告ブログ楽しみにしてます
Unknown (sugi)
2017-11-15 14:10:48
ottchさん、日本で良かった!
慌てたなんて、一言では済まないですよね。
心臓が口から出そうな気持ちになりますよね。
とにかく、良かったです。
普段の行いが、良かったかな!?
忘れ物 (とーちゃん)
2017-11-15 14:21:15
一瞬、ヒヤッとしますよね
私も過去に何度もありまして、
今まではすべて出てきたのですが、
これからもずーっと出てくる保証も
ないし、いつか紛失すると思い、
ショルダーバッグからボデイバッグ
に変えました、これなら体にかけたまま後ろにも前にも移動できて、安心
しています。
Unknown (みぽりん)
2017-11-15 14:32:37
ottchさぁ~ん大変ですよそれは!!
でも、無事戻ってきて楽しい3日間過ごせたことが何よりの思い出でしたね。。
ottchさんのエピソード読んで、次から次へと失敗談が思い出されて血圧上昇気味(笑)
命の次の旅行中の全財産バックごと忘れたのはさすがに2回。。九州のホテルの駐車場と雪の大谷の室堂のバスの中。2回とも親切な人のお蔭で返ってきました。日本ならでは、ありがたいことです。
空港のトイレの背中の棚は鬼門です。
外に出ようと棚の荷物を取ろうとしたとき、デジカメがするりと落ちてトイレの水の中へ。
これから北海道の写真をいっぱいとるぞと意気込んでいたのに。。。
私と一緒に旅行する人は、私が忘れ物しないか常に気を配ってくれてくれましたが、ほとほと骨身にしみたのか、この5年程不思議に忘れ物しなくなって不思議です。
ottchさんもこれから暫くは大丈夫。
大いに旅行を楽しんでください。
Unknown (ottch)
2017-11-15 20:40:32
ひろさん、
どなたも一度や二度は似たような肝を冷やす経験がお有りのようですね。
これが外国なら戻っては来なかったことでしょう。
荷物検査で抜き取られる、治安の悪い国ではそこまで気配りが居るのですね。
無宗教でもこんな時だけは神様のご加護と感謝しますね。

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事