じいじのひとりごと

一人暮らし、ラブラドールのラヴが残り人生を伴走してくれます。

マチュピチュ ?

2017年05月03日 | 
今日もダラダラしていましたが、
行ってみたいと言うので、午後から東平(とうなる)へ行きました。
“東洋のマチュピチュ”のキャッチコピーが効を奏して、人気が高まっています。

行き帰りの山道は離合も難しい曲がりくねったスリルある道路です。
シーズン真っ盛りとあって、マイントピアとの間をシャトルバスが3,4台も連なって
ひっきりなしに上り下り、離合場所に警備員が立ち、無線で交通整理する始末でした。





何度も行っているが、こんな人に出会ったのは初めてでしたね。
そうは言ってもちょっと細道に入ると自然が満喫できました。
800mの高地なので、桜の花がまだ残り、シャクナゲ、ツツジが満開、
青葉若葉が爽やかでした。








夜の小倉行フェリー便で帰って行きました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五月 | トップ | 二日疲れ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はる)
2017-05-04 05:01:30
ほぉ~~
いつブームになるか分かりませんね。
今は特に、SNSなどで【良い】と発信されると
ドバーッと増えますね。
3号ちゃんは体操でしたか!納得。
あれはポッチャリじゃなく、筋肉かぁ~すごい。
うちの義母、体操のコーチを未だやっていましてね、
旦那も義兄も小さいころから体操をやっていたようです。
でも、内村選手のようにはなれなかった(爆
お疲れ様でした (Hじじ)
2017-05-04 08:00:31
誰が名付けたのでしょうか、“東洋のマチュピチュ”とは言いえて妙ですね。歴史を感じる鉱山施設の跡地で、最盛期の賑わいはすごかったでしょうね。
お孫さんとのポケGOは、楽しいひと時で。老いては(子を飛び越して)孫に教えられで、脳の活性化が出来たようですね。
Unknown (ジョナサン)
2017-05-04 16:21:06
東平はかつて別子銅山の採掘で全盛期の面影を今に残す貴重な遺産だと思います
長崎の軍艦島同様 世界遺産として登録されてもいいと思うのですが…
あの細い道は離合も大変ですよね
お孫さんたちもottchさんと東平へ出かけ元気いっぱいで嬉しそうですね
もちろんラブちゃんも楽しかったでしょうね (笑
時々会うお孫さんの成長にottchさんもビックリされたでしょう
次に会うのがまた楽しみですね
Unknown (ottch)
2017-05-04 22:56:31
はるさん、
東洋のマチュピチュとはいささか誇大で気が引けますが、
明治期からの産業遺産は人々に郷愁を呼び覚ますのでしょうか、訪れる人は多いです。

へーっ、お義母さんはコーチで旦那ちゃんも体操選手だったのですか、
今でも強い選手は大抵が親子がその道を極めようとしていますね。
高校に体操部活があったのでしょうか、体育系繋がりだったのですね。
Unknown (ottch)
2017-05-04 22:58:16
Hじじさん、
どこかの新聞社かミニコミ誌で呼ばれたのを頂いたのが始まりとか聞きました。
チョットその差は大きいのですけどね。
最盛期には3000~4000人が暮らしていて、下界よりも栄えていたようです。
ポケGOも孫と一緒にやると何倍も面白いですね。
Unknown (ottch)
2017-05-04 22:58:53
ジョナサンさん、
東平に限らず、今の時期は気候も自然も行楽に最適ですね。
渋滞しても混雑してもわんさかと出かけるはずです。
軍艦島は鉄筋コンクリートの廃墟が残っていますが、こちらは木造建物は完全に撤去されて石垣と煉瓦積みだけが残っています。
そのほとんどが植林され森になっていますね。

今日はすっかり疲れて、動けませんでした。
やはり2,3日が限度ですね。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事