空心と恋心~大好きな中国・韓国ドラマについて~

『蘭陵王』を筆頭に、大好きなドラマについて思いつくままに書いてます。
蘭陵王と百里屠蘇に夢中です!

琅琊榜第34話【正しき選択】

2016年10月18日 | 琅琊榜(ろうやぼう)

琅琊榜第34話【正しき選択】

とうとう無能な皇太子が廃されました(=_=)※遅いくらいです!

皇帝になぜ奴を皇太子に封じたのか、一度ゆっくり教えて欲しい

越貴妃の寵愛だけで皇太子に封じるほど、ゆるい人じゃない事は十分に分かったしね

でも皇太子本人にとってはこれで良かったのもかしれない 田舎でゆっくり養生してね!(他人事)

いままでお疲れ様でした←ちょっとした嫌味(爆)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不吉な星が輝く これは悪い予兆だと察した皇帝は新年になる前にある決意をした

皇太子を排し、都から追放(だよね)する

※不吉な星と聞いて、蘭陵王ファンなら赤い星を思い出す~祖艇、赦すまじ(爆)

 どんなドラマを観ていても蘭陵王が頭の隅にあるんだよね(;´・ω・)

そして靖王は七珠親王となり誉王と対等な立場になった

※その割には笑顔はないけどね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の選択は正しかったのか・・・

いまだに悩んでいる梅ちゃんに飛流が言葉を掛けた

「必要ない」一見意味が分からなかった私はしょせん凡人

梅ちゃんはその一言で

「是か非かは心が決める 正しいと思った事をやればいいのだな」と真意を受け取る

「うん そうだよ」と笑顔で頷く飛流カワ(・∀・)イイ!!×カワ(・∀・)イイ!!

そして点心を梅ちゃんに差し出す(飛流が食べ物を分けるのはきっと梅ちゃんだけだろう)

点心を食べまくる飛流に食べ過ぎるなと注意する梅ちゃん

※『まだまだ食べれるよ』みたないこの表情はカワ(・∀・)イイ!!よね

「大晦日だから今夜は餃子だぞ」とお父さんみたいな事を言う(爆)

今夜は年越しの餃子がある その事を思い出した飛流は急いで点心を食べるのを辞める

梅ちゃんに渡した点心までも箱に戻す(爆)どれだけ餃子が好きなんだか

慌てて吉さんの元へ走る飛流~きっと沢山餃子を作ってとお願いに行ったんだ(笑)

この前は一瞬で餃子が消えたもんね(爆)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静妃の付き人 小新は般弱達の仲間だったΣ(゚д゚lll)ガーン

四姐は幼い小新にこれ以上危険な目にあって欲しくないと気を配る

※それよりも四姐、童路は大丈夫なの⁉ちゃんと手当してあげた???

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大晦日の花火(爆竹じゃないもんね)を楽しそうに付ける飛流~

それを見つめる梅ちゃんに報告が入る

「準備ができました」

「穏やかな年越しとはいかぬな」風の音を聞きながら

「初めてもいいぞ」梅ちゃんはある命令を下す

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宝光閣などから珍宝が盗まれた(これは梅ちゃんが命令した)

その犯人を捕まえるために巡坊営の責任者である靖王は盗賊を捕まえる為に皇帝から全権を委ねられる

これ見よがしに懸鏡司の前を固める巡坊営の方々(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※静妃、めっさ色っぽい~小新に注意を怠らないとは・・・恐ろしいまでの推理力

宮女たちを下がらせ、ひっとりと亡き人達の位牌に線香をあげる

隠されていた位牌に記されている名前は

『故宸妃 林氏楽瑶の霊位』と記されていた これは見つかるとめっさやばいΣ(゚д゚lll)ガーン

静妃が宮を出たすきに部屋を漁る小新はその霊位を見つけ、誉王の元へ駆けつける

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと画像を取り忘れてたけど、夏冬が帰京し牢屋にいる 衛崢と面会する

お正月の料理を持って現れた夏冬は「夫人」と声を掛けられた姿が印象的でした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それと、衛崢の奪還を手伝って貰うために言侯に会いに言った梅ちゃん

そのあと、親子二人で語り合っている場面があって言侯は林殊を惜しんでいたけど

梅ちゃんの事は好きじゃないって言ってた(笑)

同じ人物だけど、やっぱり受け止め方は違うんだね~ま、梅ちゃんは策士だしね(;´・ω・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に大きな声で一言

皇太子!もう戻って来るんじゃないぞ!!!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琅琊榜第33話【雪中の訴え】 | トップ | 『逃げるは恥だが役に立つ』... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戦英 (mako)
2016-10-18 21:10:38
四姉さま、こんばんは(*'‐'*)♪

ペンペンさま、漢字ありがとうございます♪
そしてピクルスさま、意見が一致して嬉しいですO(≧∇≦)o
戦英君良いですよね~♪
彼の困った顔も好きです
これからの人生どこかの宇分神挙さんみたいになりそうで
可哀相ですが・・・・・・
でもそれが彼の幸せかしらね^^

まさかの小新・・・間者でしたね!
静妃は違和感を覚えている
ただ者ではないですね
小新はこの段階で成功したと思っているところが
手下としてはまだまだ
夏江の部下も駒が小粒過ぎますね
二人の中を確かめる術を持っていなかったのが
負ける要因ですね~笑
自信過剰気味かな~
靖王が動き出したと感じたときに
????を持つべきですね
明日は言親子の活躍かな~
列戦英=宇文神拳 (長恭四姉)
2016-10-18 21:20:50
makoさん、こんばんは!

確かに列戦英さんの運命は彼と同じなりそうですね!
仔馬陛下と靖王・・・どっちの主がいいのか・・・
私には決めかねます(爆)

小新を使わなければならい程の人手不足がずでに敗因ですよね~
やっぱり人材は勝敗を左右するんです←上から目線

言親子、めっさお気に入りです=
言侯、(。・ω・。)ノ♡
明日の活躍を楽しみにしてます
実は (ばーばら)
2016-10-18 21:36:27
ハンドルネームを2つ持っているんです
すいません・・・・先ほどのmakoは
私です
ひょっとしてわかりました・・・・・笑
gooブログです
言パパ VS 夏江 (ペンペン)
2016-10-18 21:55:33
すーさん、皆さん、今晩は。

明日は、
否、明日も、
台詞の応酬が、
超~凄い筈です。
酔いましょう、
味のある役者さん達に。


あ、判断基準が、どこかの神挙さんポジションってのが、
こちらでのやり取りならではって感じで、素晴らしい!!!
(;´・ω・) (長恭四姉)
2016-10-18 22:46:59
ばーばさん、こんばんは!

こちらこそすみません(;´・ω・)
たまにあちらのブログも覗いてます
素敵な庭にお花、うらやましいです(*‘ω‘ *)
舌戦 (長恭四姉)
2016-10-18 22:50:02
ペンペンさん、こんばんは!

夏江と言侯との戦い、今から楽しみです(笑)
早く続きが見たいなぁ~
国を治めるなら仔馬陛下でしょうか? (kyon)
2016-10-19 00:24:19
劣勢が続く梅ちゃんサイド泣
静妃も危機をどう乗り越えるのかしら?
童路が忘れられているのも。。。気になるし
誰か助けてはくれないのかしらん?
ハラハラドキドキが続きますね〜

靖王の真っ直ぐで融通のきかない性格は
嫌いではありませんが
ダダをこねる子供のような時があって
君主としては少し心配でしょうか?
もちろん、ボンクラ皇太子や
利害に敏感で功名心が強い誉王よりは
明らかにいい君主になりますが
正義や自分の主義を声高に叫ぶだけでは
下の者は大変です
今回も、自分の言動で、たくさんの臣下が
巻き込まれ、命を落とすことになるのは
なんともないのかしら?泣

清廉潔白な君主は稀で
尊いことですが
やはり、争いも絶えないこの時代
どちらかと言えば、仔馬陛下の方が
皇帝には向いているかと。
策士が別にいても
皇帝自身が決断したり
人を見抜く力や、先を見通す力がないと
国の舵取りは難しいかなぁと。
いい人なのは、靖王の方かもしれませんが。

で、魅力的なのは
やっぱり仔馬陛下❤️
って、誰も聞いていませんね笑
あ、私も赤い星が不吉。。。のくだり
蘭陵王を思い出しました!
片隅、というより、私の場合は
いつも中心かもしれませんね笑
仔馬陛下でしょう! (長恭四姉)
2016-10-19 21:45:03
kyonさん、こんばんは!

梅ちゃんの体調が心配な長恭です
※九爺の時も心配してました(爆)

靖王、いい人だけど上に立つには私情を挟み過ぎですよね?
仔馬陛下が『ウッチケイ』(漢字忘れた)を心で泣きながら切り捨てた事の真逆をしてますよね(;´・ω・)
これは仔馬陛下の皇帝としての適性を示してます
さすが仔馬陛下💛
殿下には絶対無理ですもん(;´・ω・)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL