空心と恋心~大好きな中国・韓国ドラマについて~

『蘭陵王』を筆頭に、大好きなドラマについて思いつくままに書いてます。
蘭陵王と百里屠蘇に夢中です!

アニキに恋して第4話【恩人からの手紙】

2017年04月08日 | アニキに恋して

みなさま、こんばんは!

去年の夏に手術をしてから早8か月が過ぎ、ひさびさにCTやいろいろな検査を受けてきました(涙)

私、体は大きいのに血管が細くてCTの造影剤を手の甲から注射されましたΣ(゚д゚lll)ガーン

これがまぁ~痛いこと(涙)

体が熱くなる不快感より注射でこの検査が嫌いになりそうです

大きな異常は見られなかったけど、一応5月に胃カメラを予約(胃カメラもそうとう辛い)

貧血も進み、先生から「肉を食べなさい」とのお言葉を旦那に伝えるとその夜は焼肉になりました(笑)

ひさびさの肉にテンションが上がった私は食べ過ぎですべてをリバースΣ(゚д゚lll)ガーン(無駄)

ほどよい食事量がいまだにわかりません

ま、そんな感じでちょっと忙しくて更新が遅れた第4話、一緒にニヤニヤしましょうね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【恩人からの手紙】

このカワ(・∀・)イイ!!二人組は幼い頃の琵亞諾と范小菁

この時、琵亞諾は川でおぼれていた杜子楓を助けていたんだね~ ※普通は男の子が女の子を助けるんだけどね

その時、彼の元に残されていたのはガラスの靴ならぬ、プラスチックの髪飾り(ちょっとカワ(・∀・)イイ!!)

それを大切に持っていたとは案外乙女チックな性格だな( ̄ー ̄)ニヤリ

そしてその恩人を今でも探偵を使ってまで捜してるとは・・・・ちょっとしつこい性格かも(爆)

杜子楓がいまだに自分を捜している事を知った琵亞諾は手紙を書く事に・・・・・

因みにこの髪飾りは従妹の范小菁のもの!つまりカリパクです(爆)ちゃんと返しましょう(笑)

※しかし何度見てもこのパジャマは好きになれない(;´・ω・)

ま、計画は失敗したんだけど自分の為にしてくれた事に喜ぶ杜子楓

おさがりのスーツに着替える琵亞諾を見つめる杜子楓

なんでそんなに近くでみても女だと気づかないのか(まっ、ドラマだからだけどさ)

今までネクタイを締めた事がない琵亞諾に呆れながらも結び方を独特(セクハラ紛い)の方法で教える(笑)

※ここは杜子楓の部屋らしいけど、壁紙が落ち着かない感じだよね????

こんなことろで安眠できるのだろうか???←大きなお世話(;´・ω・)

こんなに顔を近づけてなくてもネクタイは結べるとお姉さんは思います(笑)

だから二人が(キスしているように見えて)驚くのも無理ない事です(大爆笑)

それにしても琵亞諾の首って細いよね~それとも杜子楓の手が大きいのかな???

会社でもイチャイチャのこの二人の関係が次の事件を引き起こす

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【感想】

杜子楓の会社で秘書として働き始めた琵亞諾だけど、ちゃんと仕事できるのかな?

秘書の仕事って本当に大変なんだよ?パソコン操作とかスケジュール管理とか(何を真剣に考えてるのか)

会社が大きくなればなるほど、その役割は複雑かつ重大になってくる

恩人だからって、秘書にした杜子楓は社長としては失格←ドラマだから許すけどさ(しつこい)

ま、一介のホットドック売りから社長秘書へとシンデレラのように王子様(社長)に見初められた琵亞諾に乾杯☆

【おまけ】

自分の秘密の場所へ琵亞諾を連れ出す杜子楓

サプライズの為に目隠しまでさせるとは・・・・・やっぱり凝り性な性格なのだろう・・・・(笑)

そして素直に目隠しをされて腕に捕まって歩く琵亞諾は純情 やっぱりお似合いですよん

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アニキに恋して第3話【危険いっぱいの船旅】

2017年04月03日 | アニキに恋して

みなさん、おはようございます!

そろそろ桜の見ごろになりそうですね~

私の住んでいる場所は桜の名所からはちょっと距離があるけど道路沿いの桜だけで十分綺麗🌸

体力を戻すために散歩するには本当にいい季節です

そんな時に聞く歌は松たか子さんの【あした、晴が来たら】!

この歌大好きです。声も綺麗だし、歌詞も好き 本格的な春の訪れが待ち遠しいです(*'ω'*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【危険がいっぱいの船旅】

7年前行方不明になった義父を忍ぶ船旅

看板に立つ鳳姐を見つめる杜子楓たち

イケメンの衛青陽も新しい出会いが!

この子を見て久々に『古剣奇譚』が見たくなっちゃった(笑)やっぱり可愛いよね~

しかし、なぜだか衛青陽には引かれないんだよね~~~~好きな立ち位置の子なんだけどね???

これは肩を痛めた琵亞諾にシップを貼ってあげる一場面 

無駄に色っぽいよね(*´艸`*)

(・∀・)ニヤニヤ度 60%くらいの接近度

壁ドン&顎クイっは少女漫画では基本ですよね~(・∀・)ニヤニヤ

同じベットに眠る二人だけど・・・・普通男同志でも一緒のベットには寝ないと思うが・・・・

琵亞諾をのぞき見する杜子楓がめっさ気になるぅっっっ

ま、現実はこんなもんです(爆)

あと、琵亞諾のパジャマ・・・・ちょっとダサくない????なぜそんな地味な色のパジャマなんだ・・・

プールに落ちた琵亞諾を助けに飛び込んだ杜子楓だけど・・・・

あの・・・・額、けっこう後退してませんか???

体を温めるためにシャワーを浴びる琵亞諾の背後に怪しい影が!!!!(爆)

びっくりしてバスタオルを体を隠しているけど・・・その行動自体が怪しいよね( ̄ー ̄)ニヤリ

ふふふ。この時女性とバレていたらどんな展開になっていたか(その時点でドラマは終わってるけどさ)

思いを綴った手紙をガラス瓶に詰めて海に流す鳳姐

海の青さが私の故郷の海を思い出させます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【感想】

今回の一押しはやっぱりシップを貼ってあげる場面でしょうか

女性の骨格と男性の骨格の違いも分からない初心な杜子楓に突っ込みまくり

やっぱり肌とか骨の太さとか体臭とか違うと思うんだけどねぇ~

※そんな事を突っ込むのも楽しみの一つですよね(*'ω'*)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アニキに恋して第2話【ラッキーボーイのキス】

2017年04月02日 | アニキに恋して

みなさん、おはようございます!

ちょっと温かくなってきて体調がいい長恭四姉です(*'ω'*)

しかし、体調がいいと食欲がわきついつい食べ過ぎてしまうのでがまん!

夏は島に帰りたいと思ってるので気を付けなければ(笑)

さて、(・∀・)ニヤニヤしのタイトル『ラッキーボーイのキス』!!!!

元気に行ってみよう!!!!(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ラッキーボーイのキス】※なんど言うんだ(笑)

こちらのイケメンは衛青陽!杜子楓の幼馴染・・・・両親は石垣島で行方不明になったらしい・・・

ライフル場にまで呼び出されてのこのこ出て行く琵亞諾

※頬が振れるくらい近づかないと教えられないのか( ̄ー ̄)ニヤリ 後ろの衛青陽の表情が(`・ω・´)b

あ、申し遅れました!こちらの微妙なお坊ちゃまはなんと杜子楓の幼少期

なんでもっとカワ(・∀・)イイ!!(この子には失礼だけど)子がいそうなのに・・・平安の悪夢が蘇るΣ(゚д゚lll)ガーン

こちらの美人は杜子楓のちょっと残念な妹 杜子涵

琵亞諾が女だと知らずに猛アタック中・・・なぜだか嫌いになれないタイプの美女

これからたくさん楽しませてくれますよね~

鳳姉さん(お母さん)の誕生日パーティーに及ばれした琵亞諾と偽恋人役の廖廣超

※この子は従妹で琵亞諾が女性だと知っているだよね~

あと秘書が無駄にナイスバディなのがめっさ気になります

パーティーのイベントでラッキーガールが杜子楓とダンスを踊るらしいけどなぜかその当たりくじが琵亞諾の手に!

※本当は従妹の廖廣超のなんだけどね( ̄ー ̄)ニヤリ

ま、その場の流れで一緒に踊るのだが・・・・ここでお約束(*'ω'*)

琵亞諾が躓いてアクシデントkissをしてしまうのですよ!!!!

大衆の面前でのファーストキスとは・・・・・琵亞諾、ご愁傷さまです(;´・ω・)

ま、私としては大人が二人してブランコに乗ってる方が恥ずかしいけどね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【感想】

二人のいちゃいちゃはまだまだこんなものではございません!

いまの二人の距離がどこまで近づくのか・・・こうご期待なのですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次のドラマは『アニキに恋して』に決まり!&第1話【義兄弟の契り】

2017年04月01日 | アニキに恋して

みなさま、こんにちは!

今日は4月1日、エイプリルフールですよ!

どんな嘘を付きましたか?(笑)

私は休日出勤の旦那に

『晩御飯はオムライスだよ』とLINEしたけど、本当はハヤシライスです

帰って来た時の反応が今から楽しみです(´∀`*)ウフフ

さて、ジローちゃんのドラマを一話だけアップしているにも関わらず、今私が夢中なのは

『アニキに恋して』です

いいよね~このドラマ( ̄ー ̄)ニヤリ

なので、このテンションが落ちない内にブログにアップしたいと思います

宜しければお付き合いくださいね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『あらすじ』

26歳になるまで男として生きなければ早死にする」と占い師に言われた女性 琵亞諾(ピー・ヤーヌオ)。その占いのために幼い頃から25歳の今日まで男装し、男として生きてきた。ある日、ヤクザの御曹司 杜子楓(ドゥー・ズーフォン)(バロン・チェン 陳楚河)を助けたことから、彼と義兄弟の契りを結ぶことに。女であることを必死に隠したり、子楓(ズーフォン)の妹からアプローチされてゲイのふりをしたり、ハラハラドキドキの毎日が始まる。一方、子楓(ズーフォン)は亞諾(ヤーヌオ)への気持ちが男の友情なのか恋なのか思い悩んでしまう。そんな中、亞諾(ヤーヌオ)の26歳の誕生日が近づいてくる…。

※このストーリーを参考にしてくださいね(^^♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第一話 義兄弟の契り】

海で一人佇むこのイケメン(古い)がヤクザの御曹司 杜子楓(ドゥー・ズーフォン)

無駄に清々しくてとてもやヤクザの御曹司とは思えません(爆)ま、養子なんだけどね

こちらが呪われた主人公(ヒロイン?)琵亞諾(ピー・ヤーヌオ)

26歳まで男性として生活する事を強いられたらしいけど、結構中途半な年齢だよね~

しかし、これほどモテモテなら(しかもJKに!)もうそのままでいいじゃんと私は思うけどね(嘘)
 
 
二人の縁(えにし)は杜子楓(ドゥー・ズーフォン)が集団で襲われたのを助けた事!
 
ふふふ。本当は女性に助けられたと知ったら杜子楓(ドゥー・ズーフォン)は頭を抱えて恥ずかしがるかもねっ
 
 
助けて貰っておいて、この威圧顔(爆)まるで脅迫しているようです( ̄ー ̄)ニヤリ
 
そしてこのドラマの醍醐味!この二人無駄に顔が近い!!!!!近い!!!!!近いっ!!!!!
 
(*´Д`)ハァハァ※オタク女子にはたまりませんね
 
 
こちらは遊園地で暴走中の馬(@_@) ※どんなことがあればこんな風になるのか・・・・・台湾あるあるだよねっ
 
この時杜子楓(ドゥー・ズーフォン)の妹を身を挺して庇った事で二人は義兄弟の契りを交わす事に!
 
※そんな簡単な理由で義兄弟の契りを交していたら人類みな義兄弟(爆)だよね( ̄ー ̄)ニヤリ
 
 
簡単に『今日から義兄弟だねっ』で終わると思ってたら・・・こんな場所まで連れて来られるなんて・・・こわっ
 
中央に鎮座しますのはいったい誰????もしかして関羽さまでしょうか・・・・よくわからん
 
そんな偉そうな像の前で二人は義兄弟の契りを交わす
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
感想 男と偽るドラマは何本が見た事があるけど、ここまで突っ込みながら観たドラマはこれが初めて(爆)
 
   昔『花盛りの君たちへ』を見た時、ウーズンが王子様に見えました(笑)
 
   二人がどうやって近づいていくかワクワクして観てました~~~
 
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パラレルワールド『蘭陵王』その二十二

2017年03月26日 | 蘭陵王(妄想中)

みなさま、こんにちは!

ちゃんと元気にドラマ生活を送っている長恭四姉です(笑)

この年になると月日が過ぎ去るのは早いですね~

このままぼーっとしてたらあっという間にお婆ちゃんになってしまいそうΣ(゚д゚lll)ガーン

そんな枯れてきた私に必要なのは潤い!

そう!『蘭陵王』です!

ひさびさのパラレルワールド『蘭陵王』( ̄ー ̄)ニヤリ

お暇な方だけお付き合いくださいね(*'ω'*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パラレルワールド『蘭陵王』その二十二 仔馬陛下Version

 

ずっと昔から耐える事には慣れていた仔馬陛下

兄が宇文護から殺害され、皇帝なのに見下され、それでも時が来るまで耐え忍ぶことの大切さを学んできた

そんな仔馬陛下だがどうしても耐えられない事が出来たのだった

 

「なぜ雪舞は来ないのだ!」

先ほど休戦中の斉国の使いからの文書を受け取ってから仔馬陛下のご機嫌は最悪だった

「陛下、ひとまず落ち着いてください」

臣下の宇文神拳がいくら説得しても部屋中を粗々悪しく歩き回る仔馬陛下を止める事は出来なかった(笑)

「明日には朕の誕生日の祝いに駆け付けると約束していたのに、いきなり来れなくなったと今日になって連絡がくるとは・・・まさか蘭陵王の仕業か⁉」

「さすがに陛下の誕生祝賀会は公式なもの 蘭陵王もこれを私情で取りやめさせたりはしないはずです」

いつもの仔馬陛下であればすぐにでも分かりそうなものなのに、どうしてか蘭陵王の妃、雪舞が係ると尊敬する皇帝陛下は理性と常識を宇宙にまで捨て去ってしまうらしい・・・

「久々に雪舞と会えると楽しみにしていたのに・・・」

最後にあったのは、蘭陵王との婚儀に忍び込んで姿を見た時だった

『きっと無理だとは思うけど・・・・』

そう手紙には書かれていたが雪舞は自分の大切な日に仔馬陛下を招待したかったのだ

周の皇帝としては無理な相談だが宮廷を抜け出し、宇文神拳さんだけを連れて斉にやってきた(仔馬陛下が雪舞の願いをきかない訳がない)

二人を祝福する沢山の人に紛れて花嫁衣裳に身を包んだ雪舞を見た時、このまま奪い去って周へ連れて行こうと真剣に考えたくらいだった

ま、その時も隣に宇文神拳がいて今までにないくらい怖い顔で

『おやめください』と訴えていた(笑)

蘭陵王のそばで幸せそうに微笑む雪舞をみてそっと王府を抜け出そうとした時、愛しい者と視線があった

普段から大きな瞳をもっとまんまるにして自分を見つめる雪舞

びっくりして、それでもうれしくって、花がほころぶ様に微笑み頭を下げた

 

そのお礼として仔馬陛下の誕生日の宴には雪舞が必ず参加すると約束をした

雪舞を忍び込ませる訳にいかないので、事前に斉の皇帝(高緯)と夫である蘭陵王へと親書をだし、宴に正式に招待し参加の返事を貰った

なのに!雪舞は体調不良で王府から出る事も叶わず、代理として延宗さまが出席するために宮殿に到着していた

延宗が持参してきた斉の皇帝からの贈り物や美しい娘たちが虚しく見える

「久々に話せると楽しみにしておったのに」

ようやく腰を下ろし、ため息をつく

そこに皇后が来たことを伝える声が響く

「陛下に拝謁を」

「楽にせよ」

※この一連の流れがたまりませんなぁ~( ̄― ̄)ニヤリ

「陛下、いましがた聞いたのですが蘭陵王妃が来れなくなったのは誠ですか?」

「ああ 朕も今しがた知ったばかりだ」

「貞も王妃に会えるのを楽しみにしていたのに残念です」

「そなたも雪舞の為にいろいろと準備をしてくれていたのに、無駄になってしまったな」

「わたくしはただ陛下に喜んでもらいたくて、その準備をしただけです」

その心遣いが皇后らしく、子馬陛下は癒される

「陛下、誕生日の宴は明日の夕刻から。陛下ならば今すぐ出かければ宴までには戻って来れるのではありませんか?」

いきなりとんでもない事を言い出す皇后

「陛下が不在な事はわたくしが伏せておきますので、気にせずお出かけくださいませ」

まさかの事態に後ろで控えていた宇文神拳さんは大慌て!

「皇后さま!それは無理があるかとっ」

必死に止めようとするが、子馬陛下は既に乗り気だった(笑)

「さすがは朕の皇后!あとの事は任したぞ!」

いきなり元気になった仔馬陛下は必死にまとわりついて止めようとする宇文神拳さんを引きずりながら部屋か出て行く

残された皇后は小さくため息をつく

「陛下の誕生日。わたしくがしてあげられるのはこれくらい」

長年連れ添った夫婦の絆は強いのです(笑)

 

斉の蘭陵王府 床に横にならず座ったままの雪舞は愛する夫を睨み付けていた

「殿下 明日は阿怪の誕生日なのよ なぜ行かせてくれないのっ」

「私も何度も説明したとおり妊娠初期のそなたに旅をさせる訳にはいなかい」

そう、いざ出発の準備を始めたころ雪舞の妊娠が判明したのだ

まだ安定期に入っていない雪舞はいつ流産してもおかしくはない

そう侍医に忠告された殿下は勝手に高緯と延宗に頼んで雪舞の宴参加を取りやめさせた

「ただ阿怪におめでとうって直接伝えたいだけなの 殿下お願い」

いくら雪舞の願いでもこればかりは叶えてやることは出来ない

無言の殿下に雪舞が切れて暴言を吐く

「殿下のバカっ、頭でっかち、横暴っ、」

雪舞の暴言に慣れてきた殿下は見事にスルー(爆)

※昔ならきっと切れて雪舞を部屋から追い出していた筈

そしてすぐに後悔してあやまるんだよね~

「ならば、そんな男は捨てて朕と一緒に周へ行こう」

扉を開きながら、阿怪こと宇文邕がさっそうと登場した

※後ろには疲れはてた宇文神拳さんの姿もある

 すでに蘭陵王府は仔馬陛下にとっては自宅の庭同然となっている(笑)

「阿怪、あなた明日祝賀じゃないの?なんでこんなところにいるの?」

「そなたが来ぬのに何が祝賀だ」

「きっと皇后さまが貴方のためにいろんな準備をされているはずよ

 早く帰って」

到着僅か数分で仔馬陛下を帰らせようとする雪舞

「なんなら私の部下に周まで送らせようか・・・?」

いつになく低い声で殿下が招かれざる客に告げる

しかし殿下の事は見事に無視して雪舞に近寄る仔馬陛下

「雪舞 朕の為に無理をする必要はない 

 今は自分とお腹の子だけを心配するがいい」

「でもずっと約束してたのに・・・」

表情を曇らせる雪舞に仔馬陛下はある袋を差し出した

「これは朕からの贈り物だ」

「・・・贈り物をされるのは阿怪のほうなのに」

そう言いながらも差し出された袋を受け取り、中を確認する

その中には摘んできたばかりの舞草が入っていた

「以前そたなたが倒れた時に探した薬草だ よかったら飲んでくれ」

「阿怪 ありがとう そして、お誕生日おめでとう」

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加