廃墟再生ぷろじぇくと

田舎に広大な敷地を購入!
敷地内の作業所跡思われる廃墟を、たった一人で再生、家庭菜園とかも作って楽園化して行きます。

簡単な無酸素貯蔵の方法

2017-07-14 10:52:28 | セルフリフォーム
今は自給自足トライアル中で、米やメリケン粉は使ってませんが、実はかなり大量のストックを持っています。

米とかでも長期保存すると品質や味が劣化しますが、ほぼ劣化しない保存方法があります。

それは、無酸素貯蔵と言われるやり方です。

一般的には、完全な密閉容器に脱酸素剤を入れますが、最も安価で簡単なのが、衣類とかの圧縮パックに入れて、そこに使い捨てカイロを入れる方法です。

パックに保存したい食料品を入れてカイロを入れ、出来るだけ空気を抜いてファスナーを閉めるだけです。

使い捨てカイロは発熱する時に酸素を消費します。

使い捨てカイロの中の鉄粉が酸素と触れて錆びる(酸化)ときの酸化熱で暖かいのですが、この時酸素を消費して酸素が無くなります。

なので、パック内の僅かな酸素を消費して発熱は止まります。

僅かな空気中の酸素を消費するだけなので、殆ど発熱もしません。

必要がないあって一部を出しても直ぐ閉めれば、カイロが酸素を消費してくれるので、また無酸素状態に戻ります。

元々、食品が劣化するというのは酸化すると言う事です。

ですから酸素が泣ければ基本、劣化しません。
それが無酸素貯蔵です。

後は冷暗所に置いておけば、小麦粉等は20〜30年も持つそうです。

良く、災害対策への備えとして非常食とか売ってますが、賞味期限が1年年とか良くて数年。

忘れた頃の有事の際には、とっくに賞味期限切れなんて事も。(TдT)

その点、これなら色んな料理が作れますし、量的にも数ヶ月分備蓄可能です。

皆さんも有事に備えて無酸素貯蔵されてはどうでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 完全自給自足トライアル 5... | トップ | ジャガイモ餅 作ってみまし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。