廃墟再生ぷろじぇくと

田舎に広大な敷地を購入!
敷地内の作業所跡思われる廃墟を、たった一人で再生、家庭菜園とかも作って楽園化して行きます。

苗木と野菜の移植

2017-03-06 18:28:15 | セルフリフォーム
こんばんは。

今日は苗木と野菜の移植をしました。

旧畑より、地面を丸く切り取るようにスコップを入れて苗木を掘り出しました。

掘り出した苗木はトラックに積んで

移動して新畑に2メートル間隔位で植え付けました。

移植したのは、

巨峰ぶどう、幸水・豊水梨、ナポレオン・佐藤錦さくらんぼ、白鴎桃、宮川早生ミカン2本、室内で飼育していたジャポチカバ
です。

なぜ、梨やさくらんぼが2本ずつかと言いますと、自家受粉しないので、相性の良い二種類の同族を植えると良いと読んだからです。

移植した苗木の根元と上には横の林から落ち葉を持って来て入れ、
上から保湿と保温でもみ殻を被せました。


次に、室内で育てていた芽キャベツとほうれん草と旧畑で鹿に食べられた、菊菜とほうれん草、セロリ、パセリ、九条ねぎですが、たいした生命力で新芽が出て来ていました



ので、これらも移植しました。


これからの野菜の種の植え付け予定は

3月中旬にトマト
3月下旬にキュウリ
4月初旬にトウモロコシとほうれん草
5月初旬に落花生
5月中旬に枝豆
を予定しています。(^・^)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全身筋肉痛 | トップ | 畑の石取りできるやん。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

セルフリフォーム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。