廃墟再生ぷろじぇくと

田舎に広大な敷地を購入!
敷地内の作業所跡思われる廃墟を、たった一人で再生、家庭菜園とかも作って楽園化して行きます。

焚き付けゲットと薪小屋作成準備

2017-05-18 15:33:39 | セルフリフォーム
こんばんは。

午前中の畑仕事のあと、ここよりズ〜〜と山奥の製材所に行って焚き付け用の杉の廃材を買って来ました。

ネットで1束210円を交渉で180円にして貰って落札。
単価180円で30束作って貰って、数日完成を待って取りに行って来ました。


メインで燃やす薪は敷地内の間伐材とかで作りますが、いくら良く乾燥させても太い薪に直接は火が着かないので、太い薪に着火する為に焚き付けが要るのです。

杉の端材なので、直ぐに火がついてよく燃えると思いますが、直ぐに燃え尽きると思います。

あくまで焚き付け要員です。(笑)

先日作った薪置き棚は、普通の棚に比べて倍の収納力が有ります。
これが普通の棚の置き方です。
これで16束ですが残った、これ

を前に置くと、この様になります。

これが薪なら約1ヶ月分の量です。

棚全体がこんな感じ

ですので、この棚だけで、ひと冬分を余裕でストック出来ます。

でも、最低、ふた冬分以上はストックして、1年以上乾燥させた物から順番に使いながら補充してゆくと言う感じにしたいのです。

ですので、明日は倒壊した小屋の廃材


を使って屋外にも薪置き場を作る予定です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春菊の花が綺麗 | トップ | 薪置き場建設を着々と »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。