廃墟再生ぷろじぇくと

田舎に広大な敷地を購入!
敷地内の作業所跡思われる廃墟を、たった一人で再生、家庭菜園とかも作って楽園化して行きます。

薪置き場建設を着々と

2017-05-19 19:08:26 | セルフリフォーム
こんばんは。

倒壊小屋の廃材を使って薪置き場を作っています。

先ずする事は、廃材で釘が剥き出しで危ないので、ハンマーで叩き込む事からです。


こんなのが結構な数ありました。

全て叩き込んで、ここから建設スタートです。

設計図はありません。
ざっとした頭の中の設計図でだいたいの感じで作ってゆきます。(笑)

でいつもの様に、反対側を持って貰うという相方の仕事は紐で済ませて

どんどんと組んで行きました。

廃材は太さや長さもバラバラですので、ここにコレ使えるかな〜とか考えながら、寸法を測って切り揃えて使って行きました。

今日1日で、ほぼ骨格は出来上がりました。


およそ8畳位の広さです。

薪を置くだけなら、ここまで広い必要は無いのですが、どうせなら中で薪割りの作業とかも出来るくらいにしようと思い、この広さにしました。

明日は、トタン波板を載せるための骨組みを追加したり、腐ったトタンの使える部分を切り揃えたりする予定です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焚き付けゲットと薪小屋作成準備 | トップ | トタン波板再生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。