ポエムな言の葉パラダイス

少女ジーザスが詩を書いています。少女ジーザスが本を読んでいます。
みなさんに是非伝えたい言葉があります。

聖書を読むこととお祈りをすることを使命としよう。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(旧約聖書)

2017年07月15日 00時07分15秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド




   「イスラエルの神、主は、こう仰せられる。
    『わたしはあなたに油をそそいで、主の民イスラエル
     の王とする。
     あなたは、主君アハブの家の者を打ち殺さなければ
     ならない。
     こうしてわたしは、わたしのしもべである預言者たち
     の血、イゼベルによって流された主のすべてのしもべたちの  
     血の復讐をする。
     それでアハブの家はことごとく滅びうせる。



     (列王記第二第9章 6・7節 )


   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★


 わたしはこの場合はエフーだが、誰かが油を注がれてイスラエルの王と
 なり使命を主なる神にたくされるたびに全身がひきしまる思いがする。
 これは現代のクリスチャンひとりひとりに使命が与えられ主なる神の
 しもべである預言者たちのあとをひきついだからだ。
 わたしたち一人一人が任職の油注ぎを受けたのだ。
 この時代、遠い昔のこの時代の預言者たちの使命を引き受けなければならないと
 主なる神が叫んでおられるのが痛いほどわからせていただける。
 感謝である。
 毎日宣教のため(使命のため)地道に聖書を読み、地道にお祈りをしなければならない。
 そして聖書とお祈りを命としなければならない。
 主イエス・キリストの御名によって。
 アーメン。




   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★








      ↓:油注ぎ
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へにほんブログ村





『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリシャの奇跡。主イエス・... | トップ | 姦淫の現場をとりおさえられ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む