ポエムな言の葉パラダイス

少女ジーザスが詩を書いています。少女ジーザスが本を読んでいます。
みなさんに是非伝えたい言葉があります。

言の葉(加藤常昭):主の愛。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。

2017年08月13日 00時00分13秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド




   天、それはどこか。
   皆さんはどういうふうにお答えになるでしょう。
   ひとつの答えはこうです。
   天、それを私どもが仰ぐことはできないかもしれないが、
   主イエスは、そこから来て、私どもと同じ人間になって
   くださった。
   私どものこの地上の労苦を知り、大工の子として育ち、
   働き、肉体の飢えと渇きをお知りになった。



    (加藤常昭説教全集2 マタイによろ福音書2 教文館 )



   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★

 主はわたしたちのことを「友」と言ってくださった。
 それもご自分は十字架にかかってわたしたちの罪の罰の身代わりに
 なって死ななければならないことを知っていながら。
 わたしたちはそんな御方に何をどのように言ってあげたらよいのか。
 わたし少女ジーザスは洗礼を受けてから何年もたつのにまだわからない。
 わたしたち主にある小さな3人の家族をこの御方はこんなにも愛していらっしゃる。
 この愛に対してわたしたちはどのようにこの御方に言ってあげたらいいのか
 わからない。
 ただひとつだけ言えることは、いつも一分一秒間断なくわたしたちの
 内に住んでくださり助けてくださっていますことを感謝しますと、これだけである。
 主に栄光がありますように。
 主イエス・キリストの御名によって。
 アーメン。




   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★








      ↓:栄光 
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へにほんブログ村





『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 主の創造。主イエス・キリス... | トップ | ザアカイ。主イエス・キリス... »
最近の画像もっと見る

少女ジーザスの言の葉ランド」カテゴリの最新記事