ポエムな言の葉パラダイス

少女ジーザスが詩を書いています。少女ジーザスが本を読んでいます。
みなさんに是非伝えたい言葉があります。

主の聖餐。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(新約聖書)

2017年06月16日 00時03分26秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド




   神が造られた物はみな良い物で感謝して受けるとき、
   捨てるべき物は何一つありません。


    (テモテ第一 第4章 4節 )



   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★


 これは特に食べ物について言える。
 みんな良く分かっているつもりでもついつい無駄にしたり、
 食べ過ぎたり、捨ててしまったりするのが食べ物である。
 わたし少女ジーザスは食べ物はすべて「主の聖餐」として
 ありがたくいただくことにしている。
 「主の聖餐」だからゆめゆめ粗末に扱ったりしてはならない。
 それに食べ物はそもそもいろいろなものを犠牲にした「いのち」
 である。まさに「主の聖餐」ではないだろうか。
 みんな食べ物をけっして当たり前に食べられるものと思ってはいけない。
 そして無駄にしたり粗末に扱ったりしないようにしよう。
 主に栄光がありますように。
 主イエス・キリストの御名によって。
 アーメン。




   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★







     ↓:感謝
     にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へにほんブログ村




『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全き神全き人間としての主イ... | トップ | 主なる神に感謝することを忘... »
最近の画像もっと見る

少女ジーザスの言の葉ランド」カテゴリの最新記事