ポエムな言の葉パラダイス

少女ジーザスが詩を書いています。少女ジーザスが本を読んでいます。
みなさんに是非伝えたい言葉があります。

教会の手足になるために。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(新約聖書)

2017年06月14日 00時00分14秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド




   婦人執事も、威厳があり、悪口を言わず、自分を制し、
   すべてに忠実な人でなければなりません。
   執事は、ひとりの妻の夫であって、子どもと家庭をよく
   治める人でなければなりません。


    (テモテ第一 第3章 11・12節 )



   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★


 この時代は女性は執事止まりであった。
 執事とは助司祭のような役職である。 
 預言者とちがって、司祭のようによく教え教会を治める人で
 なければならない。
 道徳的に厳しいものが求められた。
 要するにキリスト・イエスの手足であることが第一に執事に
 なる人に求められることである。
 主は教会のかしらである。その手足とならなければならない。
 わたし少女ジーザスは執事ではないが、まず第一に主イエス・キリストの教えを
 よく学び(聖書をよく学ぶ)、主イエス・キリストとはいったいどのような御方なのか。
 こんな時主イエス・キリストだったらどのようにするか。
 こんな時主イエス・キリストだったらどのようにお考えになるかをいつも一分一秒間断なく
 考えていられるようでなければならないと思っている。
 主に栄光がありますように。
 主イエス・キリストの御名によって。
 アーメン。





 
   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★







     ↓:執事
     にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へにほんブログ村




『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 復活のいのちとこしえのいの... | トップ | 全き神全き人間としての主イ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む