ポエムな言の葉パラダイス

少女ジーザスが詩を書いています。少女ジーザスが本を読んでいます。
みなさんに是非伝えたい言葉があります。

鹿が谷川の流れを慕いあえぐように。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(旧約聖書)

2017年04月19日 00時01分22秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド




   鹿が谷川の流れを慕いあえぐように、
   神よ。私のたましいはあなたを慕いあえぎます。


    (詩編 第42編 1節 )



   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★


 なんというすばらしい表現だろうか。
 のどが渇いている鹿が谷川の水を求めているのである。
 これ以上に生命体(人間も含む)が神を求める姿を表現した聖句はない。
 このような鹿が水を一口飲んだ時、もう全身が安心安全安定するのでは
 ないだろうか。
 これと同じように神を求めて出会った時、わたしは安心安全安定の状態に
 心も魂もからだもなる。
 それがわかっているからいつもいつも一分一秒間断なく神を求めている 
 のである。
 普通の日常生活の中で神と出会った時、まるで谷川の流れに出会った鹿の
 ようになる。それでごくんと水を飲むのである。
 この時の気持ちの良さ。これは一度でも体験したらすばらしいことである。
 一分一秒間断なく神を求めるようになる。
 そうすれば何も全くわからないことはなくなる。
 創造主がそばにいて教えてくれるからである。
 主に栄光がありますように。
 主イエス・キリストの御名によって。
 アーメン。
 



    ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★






      ↓:体験
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へにほんブログ村



『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言の葉(少女ジーザス):主... | トップ | 天国。主イエス・キリストの... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む