ポエムな言の葉パラダイス

少女ジーザスが詩を書いています。少女ジーザスが本を読んでいます。
みなさんに是非伝えたい言葉があります。

わたしの弱さを誇ろう。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(新約聖書)

2016年11月08日 00時01分53秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド




   また、その啓示があまりにもすばらしいからです。
   そのために私は、高ぶることのないようにと、
   肉体に一つのとげを与えられました。
   それは私が高ぶることのないように、私を打つための、
   サタンの使いです。
   このことについては、これを私から去らせてくださるようにと、
   三度も主に願いました。
   しかし、主は「わたしの恵みはあなたに十分である。というのはわたしの
   力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。
   ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで
   私の弱さを誇りましょう。


    (コリント人への第二の手紙 第12章 7から9節 )



   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★


 上記引用聖句のまさにパウロのようにわたし少女ジーザスにもやっかいな一つの
 とげが与えられている。
 わたしはパウロのように三度どころか家族と共に何千億回もこのとげを取り去ってください
 と祈っている。
 よくなったり悪くなったりを繰り返しているが、わたしもパウロのように、「キリストの
 力がわたしをおおうために、むしろ大いに喜んでわたしの弱さを誇りましょう」。このことを
 忘れないように必死に祈っている。
 主に栄光がありますように。
 主イエス・キリストの御名によって。
 アーメン、



   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★







       ↓:誇る
       にほんブログ村



『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたしと父は一つである。主... | トップ | 主のいのちに生かされて。主... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む