乙女高原ファンクラブ活動ブログ

「乙女高原の自然を次の世代に!」を合言葉に2001年から活動を始めた乙女高原ファンクラブの,2011年秋からの活動記録。

草の刈り取り実験 9月18日

2016年09月18日 | モニタリング調査
 草原内で違う時期に刈り取りをし、その影響をモニタリングし、刈り取りに対する草原植物の反応の違いを明らかにします。刈り取り実験区は,ひとつの処理について10m四方の方形区。今年は実験・調査の4年目で、シカ柵設置後初の実験になりますので、「シカの食害が排除された草原で草刈りをしたらどうなるか?」という新しい実験テーマも加わったことになります。このプロジェクトは元麻布大学野生動物学研究室教授・高槻先生の発案によるものです。

実験区は6つ。
① 6月区:6月に区内の全植物を刈り取って効果をみる。
② 9月区:9月に区内の全植物を刈り取って効果をみる。
③11月区:11月に区内の全植物を刈り取る(現行の刈り取りの効果の確認)。
④2度刈り:6月と9月に区内の全植物を刈り取って,2度刈りの効果をみる。
⑤選択刈り:6月に区内のススキのみを刈り取って効果をみる。→今年はなし
⑥刈り取りなし:全く刈り取りをしない区。

今回は雨の中、5名の参加者で行いました。



区画には四隅にポールを立ててあるのですが、実験・作業を行うときにロープを張って、10m四方を「見える化」します。



区画の中心で、折尺を使って植生調査をします。



調査が終わった時点で、草を刈り取り、刈った草を集めて、重さを計り、外に持ち出します。




午後からは、シカ柵の影響を調べる植生調査を行いました。
シカ柵を設置する前の、2015年9月に、草原内に10カ所の調査ポイントを設定し、ポールを立てておきました。ポールの場所にコドラートを置き、植生調査をしました。
今年の同じ時期に植生調査を行い、昨年の調査結果と比較します。

とりあえず9月4日に調査前半を行いました。ナンバー1~5のポイントの植生調査をしたのです。





そして、本日午後、6~10の調査を雨の中で行いました。


このモニタリングも元麻布大学・高槻先生の全面的な協力をいただいています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年度 第4回 乙女高原連... | トップ | 晩秋の乙女高原 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モニタリング調査」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。