乙女高原フィールドノート

山梨県の北部,秩父山塊のふところにある小さな高原「乙女高原」(山梨市)での自然観察記。

今年も、霜柱地下帝国の時代が来た

2017年01月04日 | 水・氷雪・霜

一段目のの霜柱ができ、それが解けないうちに、2段目ができ・・・と成長を続け、巨大になった霜柱です。

25㎝の高さがありました。

時々、遊歩道の中にもこの霜柱ができていることがあり、踏み抜いてしまうことがあります。

ちょうど落とし穴にはまった感じで、足をひねってしまわないか心配です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土の中の氷は力持ち | トップ | 氷の芸術 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

水・氷雪・霜」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL