北海道おといねっぷ美術工芸高等学校(おと高)ブログ

北海道唯一の工芸科の高校「おと高」の ブログです。

2017.06.16 工業技術基礎の様子

2017-06-16 11:50:09 | 1学年

本日の1、2校時に1年生の工基の授業がありましたのでご紹介します。

4月からのマツ材を使った鋸で「蛇腹」を制作してきました。寸法通りの墨付けをする技術、墨付け通りに鋸で切る技術を学びました。

全員の生徒が課題の蛇腹制作を終え、次は工具の手入れをしています。本校は工芸の授業で工具や機械を使います。正しい使い方や手順ももちろんですが、自分の工具箱の工具の手入れも学びます。今回は、鉋の手入れ(研ぎ)です。

砥石の役割や使い方、手入れ、鉋の仕組みから手入れまで、しっかり理解し自分で手入れができるようになってほしいと思います。

  

  

  

  

  

鉋の刃先が丸まっていないか、角度は30度になっているか、砥石は常に平滑になっているか等たくさん確認することがあります。

鉋の刃も持ち方や力加減で研ぎに影響してきます。自分がしっかり研ぐことができる持ち方を見つけてほしいと思います。

  

  

4月からできるようになったことたくさん増えてきています。授業だけではなく、生活面でもおと高生として少しずつ成長しています。

これからも1年生の成長する姿楽しみにしています。頑張れ1年生!!!!!

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.06.15 木工制作Ⅰ | トップ | 2017.6.16 寮の夕食の様子 »
最近の画像もっと見る