20INCHERS

RIDING LIFE

神々の集いし郷

2017-03-16 22:52:49 | Weblog









3/11,12
バイクス広島




今度の航海はひたすら西へ、西へ。数々の思い出詰まる街、広島。
記憶はいつだって色褪せることなく綺麗なままだが・・




この2日間、それはそれはあたかも思い出の中にいるような贅沢なひと時。




季節外れの暖かさにこの時期にしてまさかの日焼け、ハノーバーには長年ぶれることなく乗り続けているベテラン勢。















広島勢曰くこちらが「本当の大会」と称する前夜祭は、恒例ロボ君のご両親が切り盛りする、酒膳小路 伊志井 にて夜更けまで続く。




前だけを見て乗り続けてはいるが、やはり寄る年波は正直か、昔話には火がつく一方。




田村君、潮君、ポッキー君、ケンシロウ君ネタを一晩でどれだけ暑苦しく語っただろうか・・




去年も今年も、結局田村君に会うことはできなかった。
もう忘れてしまったかな・・




20年近く前に新大阪駅に毎晩籠って乗り込んだ「合宿」の日々を。




俺達はまだまだ無名だけど、絶対にうまくなって世界を認めさせてやろうぜ!




そう同じ志を持つ者が各地から集まり、田村君もその中にいたひとり。
いつかまた一緒に乗りましょう!




また、あるタイミングでは血の気の多いライダー同士、互いに一触即発のひやひやする場面も。




・・でも、それも大事なこと。ぶつかり合うのはそれだけ考えている証拠。
スタンスや距離感は人それぞれ。




原点に則り、純粋に遊び心をキープする。
アスリートとして攻める。




どれにも間違いも正解もない。自由なBMXフリースタイル。
ライダーの宴だ。他愛もない話で冗長な時間を過ごすより、ずっといい。




弾丸スタイルの広島遠征、目が覚めればもう現実逃避にも着々とピリオドが迫って来ている。
そんな大会当日。




田村君の面影は去年に引き続き思いがけない所に表れており、バイクス名物?トロフィー代わりの杓文字に記された達筆、これこそが正に田村君の直筆なのだそうだ。















さあ、今日の運勢は如何に?
旅先でのジンクス、マシントラブルを極力避けるため、ワイヤーは全て交換済み、アクスルのスペアも前後持って来た。




矢継ぎ早にライダー達の出番は過ぎ各々が一喜一憂する中、早くもオープンクラス。
出走順はBグループの3番目、サタスマ君の次だ。




乗り出すなり、
こ、これは・・




広島絶好調神話。
予てより広島でのライディングにおいて、調子が悪かったことがない。




何だろう?様々な要素がある。ひとつはっきりわかるのは、昔ながらのライダーが多く、そんな方々から見守られている。
そんなほっとする雰囲気があり、アウェー感が少ない。




そして・・ある意味ちょっとずるい?いや、これも武器として捉えて良いのかギャラリーやオーディエンスがやけに自分びいきに思える(笑)




それに加え気持ちを更に後押ししてくれるのは、AV君&ユージ君のMC2トップ。




自分の出番がこんなにも気持ちいいのは久しぶりだ。
もうこれ以上考えないで。身体の赴くままにトリックを見せよう。


















決勝は(待望の?)アノ時間。
初メークから丸2年以上経っても、未だに大会では陽の目を見ることのない背面ダブル。




決まらないどころかアプローチまでも届かない、あまつさえ姿勢すら見せられない、それが現実だったこれまで。
土曜日もハノーバーで乗ってはいたものの、一向にケリはつかず終い。




それが、初めて本番のあの場で2回転目のキャッチまで行ったのだ。




メークすることはできなかった。
それでも今回の「最低2回転は絶対に回る」ノルマは達成。




決勝バトルは一回戦目でサタスマ君に敗退。
1トリックに絞り、メークしていないので当然の結果だが、個人的には御の字だ。




この至福な場所に居られる時間もあと僅か。
残された刹那のひと時は、手応えと余韻に浸りつつじっくり観戦を楽しみ、心の底から応援する。

















大会は終わった。
まだ陽は高いが、誰しもが帰路にそそくさと就いて行き、あっと言う間にハノーバーも閑散の様相を呈し始める。




ほんの少し前と今との対比がどこか切なく物悲しい。
それでも去って行く全国各地のライダーの背中が、また次への戦いを誓っているように映った。




帰り道はいつでも淋しいが、記憶はしっかりと刻み込んだ。
もっともっと上手くなって必ずまた来よう。




広島ローカル戦士のみなさん、お会いしたみなさん、ありがとうございました。
















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目がハート | トップ | 北米よりの使者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。