20INCHERS

RIDING LIFE

心にもブレーキを

2017-12-26 22:32:04 | Weblog










こちらの方々は少なからず一度は問題と向き合ったことがあるだろう、ナープスの需要。




バー及びステムのポジション如何により、市販のアッパーケーブルでは長さもいくつか選択肢はあるのだが、それでもどうもしっくり納まらない場合が多い。




問題は1本から2本に変換される間接部分をいかにスマートに納めるか?が鍵となり、間接部分がクロスバーに当たるのは嫌だ、バーを真上から見下ろした時に限りなくバーに平行に近い向きで納めたい、そんなイメージを追求した結果、ローワーをアッパーに転用したり様々な試行錯誤を繰り返してきた。




そこで必要になるのがナープスだったわけだが、当時ありとあらゆる方面からいろんなアイデアを盛り込み、商品のラインナップ的にも非常に多岐に渡っていた。




手前味噌だがスマートさで言えばRHODESが一番。
まずクロームメッキ加工が施されている、これは基本中の基本。こちらはリヤのブレーキアーチ側で使用。




機能面で言えば昔駒沢で関君に売ってもらったコーフーさんのナープス。
レバーから外に突起しているのが気になるというのは否めないが、8mmのスパナで固定しながら締め付けられるのが、20年以上使っている理由でもある。















ある意味これは究極のナープス像ではないかと思う。
一般的なナープスのいもねじは、2mmのアーレンキーで締める時のトルクがかけにくく、ねじ山は問題なくともアーレンキーがめげる場合も。




メーカー様もなかなか隅には置けず、ナープスいらずのワイヤー固定ボルト付きのレバーなどもリリースされたが・・




個人的には理想像、と崇めるもそれらの機能美が日の目を見ることなく時代はノーブレーキスタイルに淘汰されていった。




揚げ句の果ては鉛を溶かしナープスを自作しようか?
なんて会話にまでもつれ込んだ先日の横須賀。




信頼し続け早20余年。
需要はなくとも、時代を超え良い物はいつまで経っても良い。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野火赤く 人渾身の 悩みあり | トップ | 夢はあせらず »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (okuda)
2017-12-28 17:33:18
AD996FIESTA WIRE NUT というのが432円で市販されてまして、いい感じです。
穴を拡張して2本通せるようにして、イモネジで直に当てるとスベるので無酸素銅の座金をカマして固定力を向上させてみたりしてます。
イモネジも少し太くて、工具も3ミリくらいにサイズアップしてるのでけっこうトルク出ます。
本体をスパナで受けれるのもいいですよね。
okudaさん (真一郎)
2017-12-29 08:09:46
おお!鋭いご意見ありがとうございます。
参考になります。

太郎君がやはりワイヤー通す穴を拡張して、割ピンいれて1本のワイヤーを折り返して2本引きにしていたのを見たこともあって、穴の拡張は考えていました。

シフトワイヤーを使おうかとも思っていましたね。
シフトワイヤー (okuda)
2018-01-02 18:23:06
シフトワイヤーは2本なら強度的には問題ないんですが、1個外れた場合の安全面とかフィーリングとかで断念しました。
今回貼ったURLはローターのKNARPを使うタイプです。
ただ、ワイヤーのネジレに対応できないのでアストログライドや COLONY DUAL UPPER の構造が必要です。
ナープス (真一郎)
2018-01-04 19:51:40
圧着端子みたいなアイデアですね。
参考になります。デュアルアッパーの構造は、いろいろアイデアを出す上でどうしても必要になりますよね。
yes (okuda)
2018-01-05 06:08:46
圧着端子です。B-2というサイズです。
ワイヤーカッターで半分にカットして、プライヤーでつぶして、ハンマーで叩いて薄くしてます。
無酸素銅?とかいう材質で柔らかめで、少しならやり直しできるんで扱いやすいです。安いし。
やはり (真一郎)
2018-01-05 09:47:21
そうでしたか。
以前に防災機器製造のバイトをしていたことがあり、見覚えがあったんです。
ホームセンター等で、電気工事関連のエリアに専用の圧着工具も売ってますよね。
サンプル (okuda)
2018-01-16 22:56:50
記事に書いてみました。
たしか KNARP 機能付きのローターでしたよね?
パーツは出来上がってますので、よかったら使ってみます?
少しだけローターのタブを削ったほうがいいかもですが。
ローター側 (真一郎)
2018-01-17 07:34:38
どうもタイコなしでローター側を使うのに不安があって、外れ止めに押さえる程度にしか締めてませんね。

ローター側のいもねじを本締めで、タイコなりナープスなしでは一度も使ったことがありません。

ホワイトのアウターがだいぶ変色してしまっているのでそろそろオーバーホールは検討していますが。。
ローター側 (okuda)
2018-01-19 22:30:02
また記事にしてみました。
でもこういう時に大事なのはフィーリングですから、他の方法を模索しないとですね。
ブログ楽しみにしています。またよろしくお願いします。
カスタム魂 (真一郎)
2018-01-20 12:29:47
細部へのこだわり方、凄まじいですね。
痒い所に手が届くパーツがほしい、なければ自作。

気持ちはよくわかります。
これからも拝見させていただきますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事