20INCHERS

RIDING LIFE

キャットストーリー

2017-05-19 22:09:58 | Weblog









同じトリックをこなすにしても、乗り手によって印象は違ってくるものであり、それが面白い所でもある。
例えば、名トリックのCircle-K。




Mark EatonとChad Degrootとでは全く別のフォーム。
一般的に多く見る形はChad式だが、Mark Eaton式も個性が全面に押し出されて格好いい。




同じ動きにならない所に楽しさがあるのはわかるが・・




自分の場合その「違い」が奇抜過ぎる気がする。
良く言って個性、と開き直ることはできるが、基礎を学ぶため、理解するため「できる」人のやり方も覚えておきたいのだ。




だが、どうも自分の思い描く一般的肖像を忠実にトレースするのは困難を極めている。
スキルアップを求めて約2年ほど前からとある既存のトリックに取り組んでいたが、どうにもなかなか自分のものにならなかった。




自分ができる筈の動きだ、と思っていただけにもどかしくなることが多くて。
できることは時々ある。が、しばらくするとたちまちコツが変わって?見失って?しまう。













先日の夜、乗りながらまた別の角度からトリックを見つめ直してみた。
考えすぎて、狙いすぎて重いものになってはいないか?勢いで、ノリで入れる動きでやってみたら?と。




すると、苦節数年ようやく気持ちの良い動きに変わった。
癖で何度もやりそうな「アノ」感覚、ライダー諸兄ならおわかりだろう。




ただ、思い描いたイメージとは全くの別物として仕上がったに違いない。
本能の赴くまま我流、自己流、はたまた野良犬拳法か。




つぶらな瞳でこちらを眺める我が家の悪娘を前にすれば野良猫拳法とでも言おうか、結局はなるようにしかならず、
でも自分にとってはそれが一番自然で、楽しい。










ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アディダスファクトリー | トップ | ほろ苦い境遇 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (41才)
2017-05-20 09:34:34
何となく原君の言いたい事、、分かりますね。
同じ動きでも人によって違いがあるから面白いし個性的で面白いから奥が深いんですよね。
同じ絵を描いても人によって描き方が違いように・・

あと、猫可愛いですね◎
猫が大好きなもんで・・苦笑
ネコ好きですか!? (真一郎)
2017-05-21 00:02:34
ライダー意外と多いんですよね。うちも物心ついた頃からずっとネコがいます。
飼ってるというより、一緒に住んでる。家族と同じです。

トリックは、自分としては模範例を覚えたいことも多いんですが、どうしても全くかけ離れたものが生まれます。
出来るだけプラスに自分に言い聞かせてますが 笑
Unknown (41才)
2017-05-21 09:13:35
ライダー猫好き多いんですね~ 私も、幼い頃からずっと猫を飼ってて大好きですね。
実は、3年前に長年一緒に過ごしてた飼い猫が亡くなりました・・ 19年一緒に過ごしましたね。
ただ・・今でも後悔してるのが、亡くなる前日にもう、かなり弱ってたのですが・・私は自分の趣味の練習をしたいが為に・・外出をし、その翌日亡くなってました。
練習はいつでもできるのに・・この子より練習を優先した自分を責めましたね。
それからは、自分なりに出切る償いを野良猫などにしてます。 今の家は動物は飼えないので。
ま、色々ありますね~

原君は原君の動き色があるので悩まず自分の色や表現をして下さいね。何事にもストイックな原君が好きですし年輪を感じますよ。
もう降りたライダーのたわ言ですが、これからは怪我をしない事が一番大切ですからね、
健康が一番の財産ですよ。
健康であれば何でも出来ますからね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。