otohのチャリンコ日記(第二章)

現役生活を終え新たな世界に
実活動年齢は70歳までと定める
あと10年如何に生きるかそれが私の第二章

国分町ブランド?

2016年10月19日 | 
銘柄:大吟醸 虎哉
生産地:宮城県黒川郡富谷町
酒造先:内ヶ崎酒造
飲酒メモ:
その名は伊達政宗の学問の師 虎哉禅師に由来する
以前、「国分町でしか飲めない」とクラブのおねちゃんに云われていたが
仙台駅の新しい駅ビルで゛仙台限定゛で販売していた♪
販売店が゛カネサ藤原屋゛と知り、納得
藤原屋さんが国分町プライベートブランド酒として開発・発売したと
東北の国分的存在?
スッキリとした飲み心地
芳醇な薫り♪
ちょつぴり甘めのお酒
国分町のポン酒はこれ!?
蒼い灯、赤い灯が恋しくなる!?
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神田藪そば | トップ | 山陰道サイクリングPart2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。