徒然雑感 by おとぼけの父上

R中学のソフトテニスコーチ、エスパルスの応援。タツタや娘のツインたち、その他何でも、日々の雑感を記録していきます。

ちょっとJ2のお話

2017-03-12 23:16:33 | サッカー(その他)
本日の試合で、
ベルマーレがツェーゲンと引き分け、
第3節にして全勝チームが無くなった。
この混戦がどのチームに有利なのかは、まだ不明。
ただ、現状のトップが、ジェフユナイテッドとベルマーレ。
3位が横浜FC。
4位ヴェルディ
5位ヴォルティスとトリニータ。
グランパスは12位。
山雅が13位。
ファジアーノ19位。
サンガ15位。


もちろんまだたったの3試合。
このままの順位で行くはずもないし、
昨年だって、出だしは好調だった、
ロアッソやゼルビアは、最終的には
ロアッソ16位。
ゼルビア7位に終わった。

ただ、3試合終わった時点とはいえ、
昨年の順位とは大きく異なる順位表を見るにつけ、
J2の厳しさを感じずにはいられない。
よくぞ1年で復帰できたなあと、
素直に感動している。
さらに言えば、
まだ「今のところ」という言葉を付けざるを得ないが、
エスパルスも昇格後も好調で、
今6位にいる。
このままいくはずもないけれど、
スタートダッシュはやはり大切で、
これで、選手の自信がつけば、
目標の9位は十分狙える?
楽しみである。



J2 開幕3戦で早くも全勝チーム消滅 千葉&湘南が首位 3位に横浜FC

明治安田生命J2リーグは12日、各地で第3節最終日の9試合が行われ、湘南が0―0で金沢と引き分け、千葉と勝ち点7のタイながら首位をキープした。

 横浜FCはJ2最年長ゴールを50歳14日に更新するカズの決勝ゴールで群馬に1―0で勝ち、勝ち点7で千葉、湘南の2チームに並んだが得失点差で1下回って3位となった。

 松本は1―0で岐阜に勝ち、今季初勝利。徳島は退場者2人を出した長崎に3―1で勝った。J3から昇格した大分は2―0で山口に勝利。福岡は2―1で京都を下した。熊本と山形は1―1で、町田と岡山は1―1で、讃岐と愛媛は2―2で引き分けている。

 J2は開幕から第3節を終え、早くも全勝チームが消滅。首位タイの千葉、湘南に続いて3位に横浜FC、4位に東京V、5位タイに徳島と大分となっている。
[ 2017年3月12日 17:46 ]Sponichi Annex
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エスパルス 対アルビレックス戦 | トップ | 叔父様のご冥福をお祈りいた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サッカー(その他)」カテゴリの最新記事