大人の生酵素と酵母

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

機関である金融再生

2017-06-14 17:02:49 | 日記
原則「銀行の運営なんてものは銀行自身に信頼があって順調に進む、もしくは融資するほど値打ちがあるとは言えない銀行だという見方をされて失敗する、このどちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から
必ず知っておくべきこととして、株式について。出資証券(有価証券)なので、その株の企業は株式を手に入れた者に対する返済しなければならないという義務は発生しないのです。そのうえ、株式は売却によって換金する。
【解説】株式についての基礎。出資証券(有価証券)であって、発行元には出資した者への返済しなければならないという義務は発生しないとされています。もうひとつ、株式は売却によって換金する。
西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を移管させて金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)に再組織した。そして平成13年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となったのです。
普段使っているバンクはもともとイタリア語のbancoという単語(机、ベンチという意味)が起源である。ヨーロッパでは最古の銀行には驚かされる。西暦1400年頃にジェノヴァ(現在のイタリア北部)で生まれ、領土の統治にも関与していたサン・ジョルジョ銀行といわれている。
この「銀行の運営というものは銀行に信用があって成功する、もしくはそこに融資する価値がない銀行だと見込まれてうまくいかなくなる、二つのうち一つである」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)
いわゆる外貨両替とは何か?海外への旅行、他には手元に外貨が必要な際に利用する。近頃は円に対して不安を感じているのか、外貨を現金で保有する場合も増えている。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
15年近く昔の西暦1998年12月、総理府(当時)の外局として委員長は国務大臣とされた機関である金融再生委員会が設置され、民間金融機関等の検査・監督を所管する金融監督庁は2001年の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に約2年7か月組み入れられたのだ。
いわゆる「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」、この3つの機能をいわゆる銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資」「為替」といった業務、そして銀行そのものの信用力によってはじめて実現されているのだ。
金融商品の仕組み。株式とは、社債などと異なり、出資証券(有価証券)であり、株式に記載されている企業には出資した(株式を購入した)株主に対しても出資金等の返済に関する義務は負わないとされているのだ。加えて、株式の換金方法は売却である。
日本を代表する金融街である兜町
結論、「重大な違反」、またはそうではないのかは、監督官庁である金融庁が判定する。一般的なケースでは、ちんけな違反が多数あり、その作用で、「重大な違反」判断をされてしまう。
一般的に上場している企業であれば、企業運営のための資金調達の手段として、株式に加えて合わせて社債も発行することが多い。株式と社債の違いとは?⇒、返済する義務があるかないかであるから注意が必要。
実は我が国の金融市場の競争力を高める為に進められた規制緩和だけではなく、金融規制のますますの質的な向上の実現を目指す試みを積極的に実施する等、市場だけではなく規制環境の整備がすでに進められているのだ。
すでに日本国内で活動中の金融機関は、強い関心を持って国際的な市場や取引など金融規制等の強化もしっかりと視野に入れ、財務力のの強化、あるいは合併・統合等を含む組織の再編成などに精力的に取り組んできています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 次の記事へ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。