ASA100 感ずるままに

写真付きで日記を・・・
標準感度で飾らず自由なブログマネージメントを・・・
・・・otibou

熊野本宮大社界隈

2016-10-08 22:03:08 | 神社・寺院

世界遺産・熊野古道シリーズの最終記事・・・・

巡礼道の終着・・・熊野本宮大社です(本宮内は撮影禁止で枚数なし)

 

八咫烏・・・熊野権現に仕えるカラスとして信仰されている・・・

熊野の神様が遣わせて神武天皇を案内させたという伝説のカラスです・・・

現在サッカー協会のシンボルマークで日本代表ユニホームのエンブレムに描かれている

境内に八咫ポストなるものが設置されてあったのでちょっとスナップ

 

水田の中に大きな鳥居・・・熊野本宮大社の大斎原

明治23年まではこちらに熊野本宮があったが水害により流されて・・・その後現在の地に遷座したと・・・

 

湯の峰温泉つぼ湯・・・・これって世界遺産に登録されているんです・・・

 

最後は・・・中辺路の伏拝王子にあった和泉式部の供養塔

「晴れやらぬ 身の浮雲のたなびきて 月の障りとなるぞかなしき」和泉式部の歌が添えられていた・・・

『和歌山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熊野本宮への道(瀞ホテル) | トップ | モネの池 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神社・寺院」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。