チャーリーの青空トーク

50を過ぎた不良オヤジが、ライフワークの「姓名判断」の話を中心に徒然語らせていただきます。

戦う相手はガッチガチの「邪鬼」共

2016-10-13 22:10:20 | 護憲・反戦・非暴力
静かな戦いの開始です。戦うべき相手、倒さなくてはならない
相手はCFR(ロックフェラー財閥配下にある外交問題評議会)
に代表される「ユダヤ金融資本」だという事が解ってきました。 
当然ロスチャイル財閥も同格。イルミナティ-とか様々な呼び方
がありますが解り易く「ユダヤ金融資本」とします。

チャーリーは自分も含め人の幸せを願っています。その幸せの
妨げになるモノに対し手は毅然とした態度で対峙します。
それだけです。 相手の大きさ、自分の小ささは関係ありませ
ん。 

幸せの妨げとは? 

彼らは彼らの新しい秩序 New World Order
を構築するために、一般市民の人命をゴミのように扱い殺し排除
しています。 一握りの「ユダヤ金融資本」に関わるモノ達が
生きるために、戦争をする理由をでっち上げ、罠にかけ、陥れ
仕掛け戦争を始めるのです。 なぜか?基本的には彼らの配下に
ある軍需産業を通して税金を吸い上げるため。またある時は
金融の不正取引の証拠を消しさるため。 又はドラッグ・麻薬の
市場を占有するため。 アリとあらゆる悪事を繰り広げその
中で死んで行く人々には見向きもしません。

彼らは本当に「邪鬼」です。

宗教? 政治理念? 意見の違い? 関係ありません。

以前からチャーリーが言っているように、どのような戦争でも
やって良い理由はこの世に無いのです。 自国を守る為の戦争
も行ってはいけません。 なぜならば戦争では問題は解決しな
いからです。 その事は先人たちが残した多くの経験で解って
います。 

それでも戦争が世の中から無くならないのは、戦争を演出し
操っている力があるからです。 その戦争の演出・脚本・監督
が「ユダヤ金融資本」なのです。

我々の戦い方は、武器を取らない事はもちろん。賢くなる事。
事実を知る事です。 そしてその輪を広げていく事です。

幼稚園レベルの話ですが、貯蓄や金融に精をだして日々投機
博打に走っている人は幸せはありません。 なぜなら、既に
巨大人殺し組織「ユダヤ金融資本」のシナリオに乗っている
からです。 そんな中で暮らしていて幸せになれるハズあり
ません。 あなたのやっていることが、戦場で赤ちゃんや
子供たちの命を奪っている人殺しの片棒を担がされているの
です。 利用されているに事に気付きましょうよ。

ネットの力は絶大です。世界の人々が瞬時に情報で結ばれま
す。 世界に張り巡らされた情報網の中で反ユダヤ金融資本
の輪を広げて行くしか無いのです。

第一歩として、既存のTV・ラジオ・新聞は戦時中の大本営
発表と同じ。という事に気付いてください。 

9・11のテロは「ヤラセ」ですが、日テレ・フジTV・TBS
その他のメディアはその背景を報道しません。なぜか?
ユダヤ金融資本から広告料をいただいているからです。
彼らの悪事のネタをばらす様な事は出来ないっすよネ。

真実を報道しないマスコミは用済みです。存在価値がありま
せん。 事実を報道しないだけなら無視してれば済みますが
タチが悪いのは「ユダヤ金融資本」のプロパガンダを流す
ので単に無視しているだけでは済まなくなっています。
ニュースを鵜呑みにしたら騙されるよ。アブナイヨ。と、
注意を促さなくてはなりません。

ンじゃどうやって情報を得ればいいの?という質問には、
自分で探して内容を知らべて、咀嚼し反芻し事実かウソか
は自分で判断するしかありません。 でも、その過程が
あるから人は情報に対して賢くなり、知識も得られるのです。

ポテチの袋を抱えて、TVの前でバラエティー番組を見て
よだれを垂らして笑っている自分に違和感を覚えない人は
そうしていればいいのです。 誰も止めません。 サルよ
りはましだよと自分の事を思いたい人はTVをヤフオクに
出し一切TVから情報を得ないようにするでしょうね。

チャーリーはどうかって? ケーブルTVの利用料金を払え
ないので、既に6年前からTVは観てません。(笑

と、オチが付いたところで今日はこれまでです。






 



 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静かな戦いを始めます。 | トップ | 実はアメリカがガチのテロ国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL