チャーリーの青空トーク

50を過ぎた不良オヤジが、ライフワークの「姓名判断」の話を中心に徒然語らせていただきます。

ガキ大将が町長をやっている楢葉町

2017-03-07 21:06:03 | 脱原発・反原発・非原発
河北新報の記事からです。

原発事故が収束されず人類がこれまでに経験したことのない
過酷事故が現在進行形の福島県楢葉町の町長の発言だそうで
す。

このような不見識な程度の低い者が事故現場の町長をやって
いれば人は死ぬでしょう。そもそもこの町長のオツムの中に
は人権と言う言葉は無いのでしょうね。

町民が被災し役場の職員も被災者という事が解っていません。
その職員たちにはそれぞれ守るべき家族があるのです。
それはまだ生まれたばかりの赤ちゃんかもしれません。また
恒例の父・母もいるでしょう。

なんて心無い酷い言い方なのでしょうか?

放射線から自らを守り、家族を守るのは当然のことです。
そしてその家族との生活を守る事は至極基本的な、真っ当な
事なんです。。

それがこの町長には理解できていない。

まぁ、この程度の者なら放射線の恐ろしさなんて理解する
のは不可能でしょう。 ムラの住人として、天から金が
降ってくるのを待つだけの無能な者のようです。



元京大の小出裕章助教が仰っていました。
「核や原子力発電は人権を踏みにじり、差別を生み出す。」

町長のこの発言はまさにその事を物語っています。

苦しい時や辛い時に出る振る舞いや言動でその人が解ります。

このような人の痛みが理解出来ない者を町長に選んだ町民に
責任があり、その不徳が町民に帰するのは致し方ないところ
ですが、このまま町長を続けていたらさらに不幸な町民が増
えるだけですネ。

楢葉町のみなさんこの町長の人と成りが見えましたね。
それでも町長は偉いと思う人は応援してあげてください。


お仲間・支援者は少ないでしょうから・・・






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 問題の根源は「アメリカの中... | トップ | おかしな記者がおかしな記事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

脱原発・反原発・非原発」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL